西鉄9000形 2017年3月デビューへ

・車両概要


(上の2枚の画像は平成29年3月 天神大牟田線に新型車両「9000形」導入します!(PDF)からの引用です。)


名称…

西鉄9000形


扉数…

片側3扉


座席形式…

ロングシート


定員…

先頭車 124名/編成
中間車 137名/編成


投入時期…

平成28年度:
3両固定編成 2編成(6両)
2両固定編成 2編成(4両)

平成29年3月:
運用開始

平成29年度:
3両固定編成 2編成(6両)
2両固定編成 1編成(2両)


新製両数…

2両×3編成+3両×4編成 計18両


導入区間…

西鉄天神大牟田線全線


Nゲージ A6652 西鉄5000形 旧社紋 4両セット

新品価格
¥17,928から
(2015/5/5 20:30時点)




3000形をベースに製作された車両のため、3000形と同じくステンレス車体となり、今までのミントグリーンの色から一新され、ステンレス地に2000形、5000形、8000形と使われてきた赤帯をロイヤルレッドで配置し、グレーの帯も入れることによって落ち着いたデザインになっています。グレーがなかったら何処と無く京葉線に…

先頭部は貫通扉を中心にして、縦のロイヤルレッドとグレーのラインにより、前に進む力と次世代車両としての新しさが表現されています。

5000形の代替車両のため、5000形と同じく3扉のロングシートとなっており、白を基調とした車内は、LEDの照明やUVカットガラス、スタンションポールの2本増設、大型袖しきりなど過ごしやすくなっています。

さらに各ドアの上部には、車内案内表示機が2画面設置されており、4か国語(日 米 中 韓)による多彩な案内や広告が表示されます。


(上の2枚の画像は平成29年3月 天神大牟田線に新型車両「9000形」導入します!(PDF)からの引用です。)
筑肥線と地下鉄空港線を走行している305系のドア上部の画面と同じ感じになり、ドア開閉時にはドア下のランプが光って注意を促すようになっています。

3000形では導入されていませんでしたが、今回の9000形より先頭部と側面にフルカラーLEDの行き先表示機が導入され、ホームから行き先などの情報を見やすくなっております。

このように徹底した安全性やサービスの向上、そして省エネルギー化を図ったため、5000形と比べて約50パーセントの省エネルギー化が可能になっています。






◆ニュース
この計画に関する最新のニュースを紹介します。
記事は一番下が古く一番上が最新です。


・9000形の詳細が発表されました!

平成29年3月 天神大牟田線に新型車両「9000形」導入します!(PDF)

5000形の代替は9000形という名前になりました!この流れで8000形の代替として10000形という特急車両をつくってもらいたいですけどね…無理ですね。

やはり省エネ化などの観点からステンレス車体のデザインになっていました…
ミントグリーンの色はどこにも継承されませんでしたね…
ただ、伝統の赤帯が採用されていて尚且つデザインが割りとかっこいいので良かったです!
何というか今まで阪急ぽかった西鉄が一気に東京の私鉄っぽくなった気がします。
最近の車両によくついてる液晶画面が、何と各ドア上に二個ついていて、1両あたり12画面もついています!
これで、寝ててふと今どこにいるのかわからない何てことも起こらなくなりますね。
それにしても、見た目のかっこよさと中身の最新設備と何だか西鉄っぽくないです。

2016年2月9日





・ 西鉄 5000形の後続車両を2017年に導入へ

(画像はWikipediaからの引用です。)

西日本鉄道(福岡市)が、天神大牟田線の新型車両の開発に乗り出すことが24日、分かった。現在の主力車両「5000形」が導入開始から40年を迎えており、省エネ・軽量化を進めた新型車両を次世代の主力として置き換えていく方針。2017年春の運行開始を目指す。

中略

今夏にも製造会社と具体的な協議を始める方針。ステンレス製の車体の採用や、電気制御装置の改善などで消費電力を5000形の半分程度に抑えたい考え。座席は横長のロングシートを採用。バリアフリー対応の改善も図る。安全面では滑走防止装置を設けてもブレーキ性能を向上されるという。
17年春から年平均7~8両を投入する計画で、西鉄幹部は「デザインなどの詳細を今後具体化させる」としている。

西日本新聞2015年4月25日朝刊からの一部引用です。



新型車両ですか!
何形になるんでしょうね?

この前の8000形の廃車のニュースに続き何だか寂しいですね。
今の西鉄のイメージになっている車両がどんどんいなくなって、新しい車両に置き換わるってのは

確かに5000形は1975年から1991年まで製造されて、天神大牟田線で一番古い車両も含まれていますので、整備コストや運用コストを考えたら新型車両をつくるのが良いんですけどね!

ただ5000形は天神大牟田線で40編成136両と断トツの車両数ですので、それの置き換え車両となると実質的に西鉄の顔になるわけですし、デザインがどうなるのかとても気になります。

現在の5000形と同じように3ドアのロングシート車両を3両と4両の編成で導入するんでしょうけど、記事によるとステンレスの車体を検討しているようですね。

そう!ステンレスの車体です!

軽量化を目指しているから必然的にそうなるんでしょうけども、ステンレスですか……………………


(画像はWikipediaからの引用です。)
ステンレスの車体と言えば現在の3000形の車体です……………
乗り心地はとても良いんですけど見た目が西鉄っぽくないですよね。

ステンレスの車体が採用されれば現在のアイスグリーンの塗装ではなくなりますからね。
勿論ステンレスでも塗装が絶対にないわけではありません。
JR九州のソニックはステンレスですが全部青色の塗装になっています。

だが西鉄が通勤型の量産型列車にわざわざコストかかる塗装をするとは思えませんのでね………………


(画像は阪急電鉄公式HPからの引用です。)
阪急電鉄のように見た目は今まで同じなのに、中身は省エネで大型ディスプレイ設置などハイテク的な感じになってくれたら嬉しいんですけどね!

Nゲージ A6650 西鉄5000形 第2編成・登場時 (黄帯) 3両セット

新品価格
¥11,300から
(2015/5/5 20:31時点)




あと車内に大型ディスプレイを設置してもらいたいです。JR九州の305系のような感じのを!
ロングシートなので3000形とは違って車両側面のドアの上に設置で!

いっそ山手線の新型車両のように吊り広告を廃止して全て液晶広告設置で!(笑)



それにしても5000形は全て廃車になるんでしょうかね?それとも台車を交換して貝塚線に一部転籍になるのか。
8000形は2ドアなので貝塚線に転籍はないようですが、5000形は転籍の可能性もありますね!
貝塚線に8000形も5000形も転籍したら面白いんですけどね!西鉄の車両博物館みたいになって。

西鉄の先頭車両だけでも保存するような博物館が欲しいですね。
香椎花園に併設するか筑紫車両基地の近くにつくるかして。
跡形もなく消えてしまうのはなんだか勿体無いというか辛いですし。

2015年5月5日





追記…

2016年2月9日:記事の大幅なリニューアル。

西日本鉄道完全データDVDBOOK (メディアックスMOOK)

新品価格
¥1,944から
(2015/5/5 20:33時点)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

新たな西鉄の顔

とうとう新型車両の導入ですか!

西鉄と競合関係にあるJR九州は、JR各社の中でも個性的なデザインが多いと思うので、西鉄にも個性的で「新たな西鉄の顔」となる車両を作って欲しいですね❗️

それと阪急電車はよく使いますが、塗装も内装も全部同じなので、どの車両が新しいとかいまいちわからないんですよね(笑)。
阪急というブランドだからこそ可能なのかもしれません。

No title

西鉄にも新型車両ですか~
4000や9000などは不吉な数字なのでないでしょうから1000形もしくは10000形などになるのかもですね。もしかしたら、3000形ベースで3ドアロングシートで3050形なんてのになるかもしれません。あのアイスグリーンが消えるのは悲しいですが、新しい西鉄の顔も楽しみです。305系のようにLCDディスプレイの搭載はほぼ確実でしょうね~
しかし、2017年導入とは結構話が進んでいるようですね!

Re: 新たな西鉄の顔

コメントありがとうございます。

JR九州の車両は独特なデザインで楽しいのですが、西鉄が3000形の方向性でいくと特徴があまりない感じになりそうなのでちょっと不安です。
それなら阪急のように自社のイメージデザインを固定させて、ブランド化したほうが良いように感じます。

いっそ西鉄もJR九州のように思いきったことをしてくれたらいいのですがね…

Re: No title

コメントありがとうございます。

1000形は過去の特急車に使用されていますよ!
3000形とは運用や形式が大きく変わるので恐らく10000形の可能性が高いでしょうね!
ステンレス化の時代の流れだから、車体のステンレス化は普通なんでしょうけど、馴染みのあるあのアイスグリーンが消えていくのはなかなか悲しいです。

個人的には内部は最新型で、外見はアイスグリーン、顔は最新のカッコいいデザイン的なのが良いんですけどね~

ステンレス車体だとしても何処かにアイスグリーンの名残を残してほしいものです!

5000形は案内の声を聞いてないと夜とか何処にいるか解らなくて大変だったので、最新型のシステムを搭載した車両に変わることはとても嬉しいニュースだと思います。

No title

西鉄はステンレス車両にいこうということなので、ランニングコストを考えるとこれは仕方ないでしょう。JR九州もステンレスカーに移行していますしね。南海電鉄は昭和37年(1962)製造のステンレス車両が今も現役です。日によっては難波・橋本間を8両の急行列車として運行しているときもあるのですよ。

Re: No title

コメントありがとうございます!

ステンレス化は避けられない時代の流れなんですね…

ステンレス化は避けられないので、塗装に関しては、仕方ないかも知れませんね。
実際首都圏などの列車はつまんないですもん。

阪急と西鉄では規模も乗客数も違いすぎますし。
阪急梅田駅56万人、西鉄福岡(天神)13万人。
収益違いすぎますし。

鉄道の塗装は錆止めの意味でもありますが、最近のステンレス車体は頑丈で錆びにも強いので経費削減の為に無塗装が多いですよね。

Re:

コメントありがとうございます。

避けられないなら、かっこいい車両を期待するしかないですね…

Re:

コメントありがとうございます。

たかが通勤型の量産車両にそんな手間かけませんよね…
ならば思いっきり手の込んだ特急型車両をつくってほしかったんですね。

9000系

今日、テレビで来年から5000系の置き換えで9000系を導入とのニュースがありました。ステンレス車体にLED表示、現在の3000系より10パーセント省エネ化、車体は無塗装に赤のラインが入ってました。

Re: 9000系

コメントありがとうございます!

いつの間にか詳細が出ていたんですね!ありがとうございます。
西鉄の記事を更新しようと思います!

ついに西鉄にもLED行先表示器の車両を導入ですか!
車内の液晶モニターの表示もホーム案内など関東地方とかでみられるスタンダードな感じですね!
カッコいいっ!!

Re:

コメントありがとうございます!

最近の西鉄は鉄道事業に積極的に投資してくれるのでありがたいですね‼
新しい観光列車などに期待したいです。
プロフィール

I Love地元

Author:I Love地元
福岡(福岡都市圏)の再開発や交通について書きます。
まだ学生なので更新が気まぐれですが、一週間以上は空けないようにします!
画像をしようする際は、引用元を明記してください。
当ブログのリンクはフリーです。
同分野の相互リンクは大歓迎です!コメント欄の管理人のみ閲覧の設定にして連絡下さい。

最新記事一覧
国内線ターミナル再編事業:工事状況part5 Apr 27, 2017
西新エルモールプラリバ再開発事業 Mar 31, 2017
マリンワールド海の中道リニューアル事業 Mar 07, 2017
香椎浜プロジェクト Mar 01, 2017
九大六本松キャンパス跡地「青陵の街」 再開発事業 Feb 25, 2017
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
九州・沖縄地方
5位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Amazon

地域批評シリーズ9 これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥853から
(2017/1/7 13:05時点)

これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:06時点)

Nゲージ A7992 福岡市地下鉄1000系・ワンマン改造 6両セット

新品価格
¥28,480から
(2017/1/7 13:08時点)

Nゲージ A7995 福岡市地下鉄1000N系・後期更新車 6両セット

中古価格
¥22,800から
(2017/1/7 13:09時点)

徹底解析!!JR九州 (洋泉社MOOK)

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:11時点)

JR九州のひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:11時点)

Nゲージ 10-813 813系200番台 3両セット

新品価格
¥9,026から
(2017/1/7 13:12時点)

Nゲージ 30518 JR九州817系2000番台増結2両編成セット (動力無し)

新品価格
¥10,498から
(2017/1/7 13:13時点)

西鉄電車・バスのひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:14時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 3両セット

新品価格
¥4,000から
(2017/1/7 13:15時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 2両セット

新品価格
¥2,700から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ 西日本鉄道1300形 新塗装 アイスグリーン ディズプレイモデル

新品価格
¥6,000から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ A6650 西鉄5000形 第2編成・登場時 (黄帯) 3両セット

新品価格
¥14,500から
(2017/1/7 13:17時点)

Nゲージ A6652 西鉄5000形 旧社紋 4両セット

新品価格
¥27,240から
(2017/1/7 13:18時点)

Nゲージ 西鉄600形 宮地岳線 3両セット 黄色 赤帯 ディズプレイモデル

新品価格
¥4,500から
(2017/1/7 13:19時点)

トミーテック 全国バスコレクション JB004 西日本鉄道

新品価格
¥761から
(2017/1/7 13:19時点)

九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,057から
(2017/1/7 13:21時点)

テクノブレイン ぼくは航空管制官4福岡

新品価格
¥8,423から
(2017/1/7 13:21時点)

るるぶ福岡 博多 天神'17 (国内シリーズ)

新品価格
¥907から
(2017/1/7 13:23時点)

広告