ホークスタウンモール跡地複合再開発計画

◆計画概要


(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画 商業施設棟 着工 ~商業施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定~ (PDF 942KB) からの引用です。)

2015年1月にホークスタウンモールの土地と建物の信託受益権を取得した三菱地所が、大型商業施設のホークスタウンモールを解体し、商業施設と共同住宅に再開発する計画です。
再開発に伴いホークスタウンモールは2016年の3月いっぱいで閉店し、モールの建物は解体されました。


商業施設は静岡とみなとみらいに続く3施設目となる三菱地所の旗艦商業施設ブランド「MARK IS(マークイズ)」であり、上質な日常を実現するモノやサービスに加え、「Zepp福岡」と「ユナイテッド・シネマ福岡」などのエンターテイメント機能を盛り込んだ「MARK IS 福岡ももち」になります。
延べ床面積は12万5千㎡と天神以西で最大規模の商業施設となり、マリノアシティ福岡等にとってはかなりの驚異になりそうです。

「MARK IS 福岡ももち」の入る商業施設本棟、ホークスタウンモール時代の2倍近い約1300台の収容力を誇る立体駐車場の商業施設アネックス棟、高さ約106㍍を誇るファミリー向けの分譲マンション棟が2棟の計4棟からなる大規模な再開発計画であり、「MARK IS」が「Mark is here.」長く深く愛され続ける街と人のランドマークになっていきたいという願いを込めて誕生したブランドであることから、福岡のランドマーク的な存在になっていくものと思われます。



(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画 商業施設棟 着工 ~商業施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定~ (PDF 942KB) からの引用です。)

また、敷地内にペデストリアンデッキを整備することで、自動車動線と歩行者動線を完全に分離して歩行者の安全を確保し、バス乗り場の整備や駐車料金設定の工夫、周辺道路の交差点改良によって渋滞対策を行うとのことであり、「MARK IS(マークイズ)」オープン時やドームイベント開催時などの渋滞緩和に期待できそうです。

特に計画地は地下鉄唐人町駅から徒歩10分程の距離にあり、公共交通機関としてのバスの利用や自家用車の利用が多いものと思われるので、抜け目なくしっかり対策して欲しいですね。



●ホークスタウンモール跡地複合再開発計画(全体)

(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画 商業施設棟 着工 ~商業施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定~ (PDF 942KB) からの引用です。)

所在地:福岡市中央区地行浜2丁目2番1
敷地面積:約54,400㎡
延べ床面積:約197,300㎡
建築面積:?㎡
建築主:三菱地所株式会社、三菱地所レジデンス株式会社
総店舗数:約150~200店舗
総戸数: 578戸
総事業費:?億円
高さ制限:約139m
公式サイト:



●「MARK IS 福岡ももち」(商業施設棟)

(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画 商業施設棟 着工 ~商業施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定~ (PDF 942KB) からの引用です。)

階数:地上4階 塔屋1階建て(本体棟)、地上8階建て(アネックス棟)
用途:店舗、駐車場
店舗数:約150~200店舗
駐車場:約1,300台(アネックス棟)
敷地面積:約42,300㎡
延べ床面積:約125,000㎡
建築面積:?㎡
賃貸面積:約48,000㎡
建築主:三菱地所株式会社
着工:平成29年(2017年)6月1日
竣工:平成30年(2018年)?
開業:平成30年(2018年)秋(予定)
公式サイト:?


●共同住宅Ⅰ期棟

(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画 商業施設棟 着工 ~商業施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定~ (PDF 942KB) からの引用です。)

階数:地上28階 地下1階 塔屋2階建て
高さ:約106m
戸数:289戸
用途:住居、駐車場
駐車場:?台
敷地面積:約12,100㎡(2棟合計)
延べ床面積:約72,300㎡(2棟+駐車場棟合計)
建築面積:?㎡
建築主:三菱地所レジデンス株式会社
着工:平成29年度(2017年度)下期(予定)
竣工:平成31年度(2019年度)下期(予定)
入居:未定
公式サイト:?


●共同住宅Ⅱ期棟
(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画 商業施設棟 着工 ~商業施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定~ (PDF 942KB) からの引用です。)

階数:地上28階 地下1階 塔屋2階建て
高さ:約106m
戸数:289戸
用途:住居、駐車場
駐車場:?台
敷地面積:約12,100㎡(2棟合計)
延べ床面積:約72,300㎡(2棟+駐車場棟合計)
建築面積:?㎡
建築主:三菱地所レジデンス株式会社
着工:平成30年度(2018年度)下期(予定)
竣工:平成32年度(2020年度)下期(予定)
入居:未定
公式サイト:?




◆「MARK IS 福岡ももち」詳細

(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画 商業施設棟 着工 ~商業施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定~ (PDF 942KB) からの引用です。)

福岡の街とともに成長し、長く愛され続ける、地域のランドマークでありたいという願いを込めて、三菱地所の基幹商業施設ブランド「MARK IS」を冠した「MARK IS 福岡ももち」に決まりました。

「モモチゴコチ ~まいにちも、とっておきも~ 」

を開発コンセプトとし「シーサイドももち」という立地を生かして、周辺エリアと一体となった魅力的な街並みの形成と海辺の心地良い空気を感じられる内装計画になっています。

「ももち」という地名を全面に押し出す戦略になっていますね!みなとみらい地区と同じ様にシーサイドももち地区にもブランド価値があるということです!


また、歩行者ネットワークの充実も図られており、よかトピア通りを跨ぐ既存の歩道橋から直接2階に入店できるようになる他、ヤフオク!ドームに直結するペデストリアンデッキも整備されます。

なお、計画地内はペデストリアンデッキによって完全に歩行者と車が分けられるようになっています。


●施設構成

(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画 商業施設棟 着工 ~商業施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定~ (PDF 942KB) からの引用です。)

店舗構成では、ファッション・飲食・雑貨をはじめ、ホークスタウン時代に出店していたシネマコンプレックスの「ユナイテッド・シネマ福岡」やライブホールの「Zepp Fukuoka」等の多彩なテナントが約150~200店舗集結します。

ファミリー層を中心に、ヤング・シニア層まで幅広いお客様の上質な日常を実現する居心地の良い商業施設を目指します。


イオンモールと同じ様に集客力のある映画館は一番上に配置され、短時間で多くの人が出入りするZepp福岡は混乱を避けるために、ペデストリアンデッキのある2階に配置した感じですね。
ただ、まだまだ4階のエンターテイメント性・目的性は足りないと思うので、もっと魅力的なテナントを誘致して欲しいですね。このままではテナント的にホークスタウンモールの頃から一新されたイメージにはならないので…

フードコートはとても良いですね!多くの人数を捌けるのでドームやZepp福岡のイベント時に活躍しそうです。



(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画 商業施設棟 着工 ~商業施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定~ (PDF 942KB) からの引用です。)
1階から4階にかけての吹き抜け空間と大階段が印象的です!木と白を基調にしている優しい空間になっていますね。

今後テナントがどんどん明らかになっていくものと思われますが、周辺に無いものを考えると大型書店やアミューズメント施設は外せないと思います。

君の名は。

新品価格
¥500から
(2017/7/30 12:43時点)





◆旧ホークスタウンモール1、2(解体済)

・モール1

(画像はストリートビューからの引用です)

・モール2

(画像はストリートビューからの引用です)

階数:地上4階建て
用途:店舗、駐車場
店舗数:約?店舗
駐車場:約700台
敷地面積:約42,300㎡
延べ床面積:約74,000㎡
建築面積:?㎡
賃貸面積:約?㎡
建築主:株式会社ホークスタウン(モール1建設時は株式会社福岡ドーム)
着工:?
竣工:?
開業:平成12年(2000年)4月26日(モール1)、平成17年(2005年)11月16日(モール2)
公式サイト:ホークスタウンモール(閉鎖済)


バブル期にダイエーが、開閉式のドーム球場、高層ホテル、アミューズメントドームの3つを整備する予定でしたが、バブルが崩壊しダイエーの経営の先行きも怪しくなってきたことから、開閉式のドーム球場と高層ホテルのみが実現しませんでした。これが今のヤフオクドームとヒルトン福岡シーホークホテルです。
その後、アミューズメントドームを建設予定だった土地に建設されたのが、今のホークスタウンモールです。

モール1とモール2が完成し、当初は賑わっていましたが、郊外へのイオンモールをはじめとする大型商業施設の進出、都心部の商業施設のリニューアルなどが続き、軌道系のアクセスがなく駐車場代も高いホークスタウンモールは次第に寂れていきました。
ドームでイベントがある時にしか人が集まらないため、最近は空きテナントだらけのゴーストタウンのようになっていました。

ちなみに閉店直前のメインテナントはZepp福岡、ユナイテッドシネマ福岡、HKT48劇場、ハードロックカフェ福岡、レッドキャベツホークスタウン店等がありましたが、最盛期にはトイザらスやナムコ、多くの専門店街の他にスーパー銭湯や屋内フットサル場などがあったため、かなり寂れていたことがわかります。

別冊新建築1992 日本現代建築家シリーズ15 三菱地所

中古価格
¥1,399から
(2017/7/30 12:49時点)




◆工事状況
ターミナル再編事業の工事状況を紹介します。
記事は一番下が古く一番上が最新です。

ホークスタウンモール跡地複合再開発事業:工事状況part1

ホークスタウンモール跡地複合再開発事業:工事状況part2





◆再開発ニュース
この再開発計画に関する最新のニュースを紹介します。
記事は一番下が古く一番上が最新です。


・Zeppや映画館の復活する商業モールはマークイズに!タワマン2棟も併設する大型再開発始動!

10月28日金曜日ついにホークスタウンモール再開発の続報がきました!

ホークスタウンモール跡地複合再開発計画について (PDF 533KB)


(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画について (PDF 533KB) からの引用です。)

商業施設は三菱地所の旗艦ブランドであるマークイズになり、高さ106㍍のタワーマンション2棟も建設され、マンションの総戸数は578戸という大規模な計画です!

イメージ図は前回とほぼ変わっていないように見えますが、後ろにちゃんとタワーマンションが2棟見えますね!まだデザインは決まっていないようですが、三菱地所ですし期待してもよさそうですね‼

他にもイメージ図にはマークイズのロゴが描かれている他、既存のペデストリアンデッキとの接続も描かれています。
右奥に描かれているのがアネックス棟で、恐らく低層階が商業施設で高層階が立体駐車場というふうになっていると思われます。ちなみにアネックスとは分館、別館という意味です。

テナントはホークスタウンモール時代にあったZepp福岡とユナイテッドシネマ福岡の復活が正式に決まったようですね!
Zeppの復活によって、市内のライブホール不足問題は緩和に向かうかと思われます。規模が前回とほぼ同じなのか、更に大規模になるのか気になります!
映画館も恐らく4DXやIMAX等の最新設備を完備した施設になるものと思われますので、一定の集客力は確保できそうですね!

ただ、これだけだとホークスタウンモール時代と変化があまりないので、もっとインパクトのある娯楽施設を入れてほしいですね…
ミニ水族館や美術館、キッザニア、ジョイポリスのような体験型施設やクライミングウォールなど施設全体が娯楽となるようなものを設置することによって、ただショッピングする場所ではなく、次も来たくなるような魅力的な施設にしてもらいたいです。


(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画について (PDF 533KB) からの引用です。)

1番の問題であった渋滞緩和策や駐車場についても触れられていました。
まず駐車場に関してはアネックス棟の立体駐車場が約1300台であり、ホークスタウンモール時代の約700台からほぼ2倍近い規模になっています!
また、駐車場料金設定の工夫にも言及していることから、ドームイベント開催時の値段やモールでの買い物金額に応じて時間無料等様々な料金プランが設定されそうです。

モールを使わないイベント客に対しては高く、買い物をしたお客様には二時間無料のように、しっかり分けて混雑を緩和してほしいですね。

バス乗り場の整備についても言及していますが、今バス停が整備されている場所に完成イメージ図ではバス停が見当たらないことから、もしかしたら商業施設棟とアネックス棟の間か、共同住宅棟の間にバス停が整備されるかもしれません。そうすれば、大部混雑の緩和になりそうです。

各棟の間を通る道が公共交通と住民専用道路なのか、駐車場利用者も含め皆通れるのか色々と気になります。ある程度分離されていないと、ドーム渋滞やモール駐車場渋滞に住民が常に巻き込まれることになりますし…
市と協力して周辺の道路の交差点の改良も行うようなので詳細が気になります。

自動車動線と歩行者動線を分離することも書いてあるので、既存のよかトピア通りを跨ぐ2つのペデストリアンデッキの他に、各棟間やドームとの間にも整備されるものと思われます。


テナントの詳細やマンションのデザイン、渋滞対策など色々気になることがあるので今後の続報に期待します!


2016年10月30日



・計画の概要とイメージ図が発表されました!


(画像はホークスタウンモール再開発計画について (PDF 300KB) からの引用です。)
詳細は出ていませんが、大まかな情報は発表されました!
イメージ図は正直がっかりしました…
交通の便もよくなくドーム利用客に左右されやすい土地なので、キャナルシティのようにもっとインパクトのある計画を期待していましたが、普通の大型商業施設っぽい感じになりましたね。
エキスポシティのように観覧車や水族館など娯楽施設を充実させた体験型の施設の方が集客できると思うんですがね…

延べ床面積は三菱地所として最大の商業施設になるようですが、中身に特色がないと数年後にはホークスタウンモールのようになってそうで心配です。
ユナイテッドシネマ福岡とZepp福岡とは再出店に向けて交渉中のようですが、HKT劇場は天神に移転することが決まったので、恐らく再出店はないものと思われますし、どのような魅力のあるテナントが入るのか気になりますね。
何はともあれZepp福岡との交渉が行われているということは、Zepp福岡の完全撤退は避けられそうなので良かったです‼

イメージ図を見る限り、奥に大型の立体駐車場のようなものが見えますので、新たな交通機関は整備せず、駐車場の大型化によって郊外型店舗に対抗していくものと思われます。

また、一部報道ではマンションも建設するとされていましたが、イメージ図には描かれていないため、どうなるかは不明です。個人的にはタワーマンションを建てて欲しいですけどね。


2016年4月19日



・ホークスタウンモール再開発へ 2018年に開業!

前略

新商業施設の具体的な計画は未定だが、施設名には三菱地所の商業施設の旗艦ブランド「MARK IS(マークイズ) 」 を採用する案が有力。順調に進めば、18年にも開業する見込みだ。服飾雑貨や飲食など多彩なテナントを入れ、市内外からの買い物客の取り込みに加え、急増するアジアなどからの訪日観光客の需要にも対応する。

中略

マンション建設については、三菱地所側が計画の可否について行政当局と協議しているもよう。地場大手を含む他社との共同開発も選択肢で、数百戸規模となる可能性もあるという。

後略

西日本新聞12月23日水曜日朝刊からの一部引用です。




やはり予想があたっていましたね!
とりあえず、今のホークスタウンモールとは3月でお別れとなります…
築年数が浅いため、大規模なリニューアルかと思っていましたが、建て替えのようなので良かったです!流石は天下の三菱地所です。

どんな施設になるのか詳細は一切出ていませんが、MARK ISになる可能性が高いようですね。プレミアムアウトレットは鳥栖にあるため無理ですし…

テナントは現在の映画館やZepp福岡、HKT48劇場などの娯楽施設を再び入れてもらいたいところですが、ホークスタウンモール閉店後にZepp福岡とHKT48劇場は場所は決まっていませんが、他の場所に移転するようなので、その移転が恒久的な移転なのか、一時的な移転なのかにもよりますね。

報道で触れられていないので、無いのでしょうが、オフィスフロアや不足しているホテルなどを併設して貰いたいものです。

ただの商業施設にしてもホークスタウンモールの二の舞になると思うので、ジョイポリスやキッザニアのように遊べる屋内の施設を期待したいところです。
いっそ水族館や遊園地とか

マンションの建設についても触れてありますね!
低層階は商業施設で高層階は住居という形なのか、別棟なのかわかりませんが、タワーマンションを期待したいですね。
高さ制限は約130㍍ですし!

ただ、ドームに近いので騒音とか、イベント時の渋滞など様々な問題を抱える立地になるので、問題点は山積みです。

何よりもホークスタウンモールが寂れた理由である、駐車場の問題とアクセスの問題が大きいかと…
三菱地所はそこに関してどのように考えているんでしょうかね…

現状はバスが便利なので、市と協力してバス専用レーンを設置するのか、何らかの新しいアクセスを整備するのか、地下鉄の駅まで動く歩道的なのを整備するのか。
考え始めたらきりがありませんが、これに関しては三菱地所単独ではなく、市などの協力がないと何もできない気がします。

地下鉄やモノレールを整備するのは非現実的ですし、単に駐車場を安くしても周辺の渋滞が悪化しますし…

個人的には都市高速経由のバスが、一般道に降りずに直接ドーム付近に来れるバス専用道を整備するのが良いかと。
これも非現実的ですけどね…


いったいどんな施設になるのか、アクセスは何らかの形で改良されるのか、今後の発表を待つのみですね!



2016年1月20日






・ Zepp福岡閉鎖へ ホークスタウンモール再開発か?

福岡市中央区地行浜のホークスタウンモールにある大型ライブハウス「Zep Fukuoka」(ゼップフクオカ)が2016年5月8日で営業を終了することが10日、分かった。
運営するソニー・ミュージックエンタテイメイント子会社の関係者は「運営に問題はなかったが、モールが改装するため」と説明している。

中略

モールの土地と建物は今年1月、三菱地所が信託受益権を取得。現在は映画館や飲食店などが入っているが、半分程度が空きテナントになっている。三菱地所は「当面は現状のまま営業する。改装は検討中」としている。

西日本新聞2015年4月11日朝刊からの一部引用です。




ニュースやネットでは話題になっていたのですが、なかなか新聞で報道されず本当なのか?なんて思っていましたが、本当でした!

Zepp福岡が来年閉鎖されるそうです!

移転構想のあるサンパレス、建て替えられる福岡市民会館と同時期に福岡市からライブ会場が消えることになりそうです😵

最新設備があるZepp福岡、移転になった場合の音響効果が素晴らしいサンパレスとこの2つが一時的であれ無くなるのは、福岡にとってはかなり痛手ですね。

Zepp福岡でライブを開催していたミュージシャンは再来年からどこでライブを行うのでしょうかね?

1月に三菱地所が取得してから何らかの動きがあると思っていましたが、思っていたより早かったです!

今のホークスタウンモールはゴーストタウンに近い状態になっているので、大幅なリニューアル、欲を言えば再開発してもらいたいですね!
今のモールは築年数は若いけれども構造がややこしいですし……
トイザらスの位置とか特に(笑)

再開発して低層の商業施設と高層マンションとかになったら良いですね!


今のままリニューアルする場合も駐車場代をどうにかしないといけませんね。
他の商業施設に比べて高すぎます‼


まぁ色々と妄想を膨らませていますが、記事をよく読んでみると引っ掛かる部分があります。

Zepp福岡が閉鎖する理由は、経営状態ではなくホークスタウンの改装のためとZeppの運営会社は言っているのに対して、モールを所有する三菱地所は当面今のままで営業し改装は検討中と言っているところです。

改装が理由の閉鎖なのに改装を検討中とはおかしな話です。
改装を検討中なのに集客力のあるZepp福岡を追い出すとは思えないので、大幅な改装の計画が動き出している可能性も有り得ますね。

今後の動きが気になります!


2015年4月23日


福岡ドーム

中古価格
¥749から
(2015/4/14 22:44時点)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

朝日新聞のネットニュースでは、Zepp福岡自体の稼働率は良好で、現在の場所とは別の候補地を探してるというような内容の記事でした。
いい場所が見つかってくれるといいのですが…

Re:

コメントありがとうございます。

経営状態も良かった核テナントのZepp福岡を何故追い出したのか尚更気になりますね。

仙台などのZeppも同じような状態ですね。Zepp自体不況期に土地を安く借りて展開してきたので、今その土地の期限切れなどが問題になっています。Zepp Namba(大阪)のように移転先を早く見つけて欲しいですね。

千早にはもう土地はありませんので、改装後のホークスタウンか利便性は悪いですがアイランドシティとかですかね。


福岡県出身ですが、今は県外に住んでおり、時折、福岡の開発情報を知るために拝見させて頂いております。
ゼップの閉鎖は寂しいですね。
しかし、ホークスタウンの惨状にいつも悲しい想いをしていたので、是非とも福岡の都市力を見せつけるほどの再開発を願うばかりです。
これからも、開発情報をたくさん載せて下さい。

普通の商業施設ではなく、ロッククライミングができたり、キャンプ場の機能があったりすような、他にはない様なものをつくって欲しいです。(ちょっとやりすぎですかね(^^;;。)
また、商業エリアは今の半分くらいに抑えて、オフィスや住居が入った複合ビルや憩いの広場を設けて欲しいです。

プレミアムアウトレットとかはやめて欲しいですね。アウトレットならマリノアがありますので。

Re:

コメントありがとうございます。

Zeppの閉鎖は悲しいですが、業績は普通に良かったようなので、早く移転先が見つかると良いですね!
またこれを機に三菱地所がホークスタウンを生き返られせてくれるものだと信じでおります!
忙しくてあまり更新できていませんが、これからもよろしくお願いします。

Re:

コメントありがとうございます。

キャンプ場のやつは東京にオープンした施設ですね!
プレミアム・アウトレットは福岡都市圏からの集客を目的に鳥栖につくられたので、ホークスタウンをプレミアム・アウトレットにというのはたぶんないと思いますよ!
まず絶対的に必要な駐車場を確保できませんし…

シーサイドももち地区の特性も考えると、商業よりもエンターテイメント性の高い施設のほうが良いような気がしますね!長期的に安定した集客を獲るためには‼

また凄い計画が浮上してきましたね。
このまま白紙や延期なく着工竣工を迎えて欲しいですね。
2016年に着工予定の41階建ての西鉄のマンションの動きも早く分かるといいですね。

ホークスの応援に行く度に寂れていっていて凄く寂しい気分になっていたホークスタウンモール。
再開発と聞いて嬉しい気持ちは一杯なんですが、二の舞にならないか心配なとこ
鉄道交通アクセスの悪さを跳ね返す起爆的な何かがないと、ホークスの試合やコンサートがない日は閑古鳥が鳴きそうですね
やっぱり、一時、福岡市進出か⁉︎と噂された屋内ディズニーぐらい呼べないと無理かな
個人的には百道は大好きなんで繁栄を願う

Re:

コメントありがとうございます!

最近の西鉄の動きは凄いですね!
今回の計画にGOを出したということは、アイタワーの売れいきが順調ということでしょうね。
なので4棟の計画の延期や白紙も無いものかと思われます。と信じています。
都心に超高層を建てれない福岡なだけに、アイランドシティの超高層計画は白紙にならないで欲しいです。

Re:

コメントありがとうございます!

普通の大規模な商業施設ではなく、アミューズメント系に力を入れて欲しいですね!
一時期話のあったディズニーなんて特に!
ただそれにしても、何らかの方法でアクセスを改善してもらいたいです。

No title

三菱地所は28日、福岡市のヤフオクドームに隣接する商業施設「ホークスタウンモール」跡地に大型商業施設「MARKIS(マークイズ)」と、高さ約106メートルのマンション2棟の複合施設を建設すると発表した。マークイズは三菱地所の商業施設ブランドで九州初出店となる。開業は2018年度下半期の予定。マンションは19年度下半期以降に完成する見通し。
複合施設の敷地面積は約5万4400平方メートル。マークイズは地上4階建てで延べ床面積約12万5000平方メートル。衣料、雑貨、飲食など150~200店のテナントが入る。ホークスタウンモールのテナントだった映画館「ユナイテッド・シネマ福岡」とライブハウス「Zepp(ゼップ)福岡」が施設内に出店する。
マンションはいずれも地上28階地下1階建てで、2棟合計578戸。家族向けの分譲マンションとなる。
三菱地所は商業施設について「訪日外国人客の増加などを背景に、外国人客や子連れの家族層も意識した店舗作りをしたい」としている。

Re: No title

コメントありがとうございます‼

情報ありがとうございます!
流石は三菱地所ですね!まさか100㍍のタワーマンション2棟もくるとは!

久しぶりの更新ですね。
分譲マンションは高さ制限139mなのに109mにするのはなに理由があるんですかね?
需要は、十分あると思うんですが。

タワーマンションが入ったのは嬉しいけど、配置が微妙…。南公園展望台や福岡城跡から見て明らかにドームを潰す景観になるし、ランドマーク施設が立ち並ぶエリアであるからにはそれなりのデザインにして欲しいですね。

個人的にはタワーでなくデザイン性を重視したものとかでも良かったです。低層部のデザイン自体がそんなに良くないし。

Re:

コメントありがとうございます。
実際のところどうなんでしょうかね。ドームやヒルトンに最大限配慮した結果かと思っています。

Re:

コメントありがとうございます。
確かにそうですね…
今のドームやヒルトンといったランドマークの景観が損なわれる可能性がありますね。こればっかりは実際に建ってみないとわかりませんが…

どちらにしろあの地区に建てるなら、普通のマンションではなくてデザインが凝ったつくりにして貰いたいですね。
プロフィール

I Love地元

Author:I Love地元
福岡(福岡都市圏)の再開発や交通について書きます。
まだ学生なので更新が気まぐれですが、一週間以上は空けないようにします!
画像をしようする際は、引用元を明記してください。
当ブログのリンクはフリーです。
同分野の相互リンクは大歓迎です!コメント欄の管理人のみ閲覧の設定にして連絡下さい。

最新記事一覧
天神明治通り地区の高さ制限が最大115㍍まで緩和へ!ついに摩天楼が実現か? Oct 06, 2017
アイランドシティセンターマークスタワー計画:工事状況part1 Oct 03, 2017
ホークスタウンモール跡地複合再開発計画:工事状況part Oct 03, 2017
博多区の青果市場跡地は大型複合施設に!! Oct 01, 2017
ソラリアステージ大規模リニューアル計画 Sep 29, 2017
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
九州・沖縄地方
2位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Amazon

地域批評シリーズ9 これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥853から
(2017/1/7 13:05時点)

これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:06時点)

Nゲージ A7992 福岡市地下鉄1000系・ワンマン改造 6両セット

新品価格
¥28,480から
(2017/1/7 13:08時点)

Nゲージ A7995 福岡市地下鉄1000N系・後期更新車 6両セット

中古価格
¥22,800から
(2017/1/7 13:09時点)

徹底解析!!JR九州 (洋泉社MOOK)

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:11時点)

JR九州のひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:11時点)

Nゲージ 10-813 813系200番台 3両セット

新品価格
¥9,026から
(2017/1/7 13:12時点)

Nゲージ 30518 JR九州817系2000番台増結2両編成セット (動力無し)

新品価格
¥10,498から
(2017/1/7 13:13時点)

西鉄電車・バスのひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:14時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 3両セット

新品価格
¥4,000から
(2017/1/7 13:15時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 2両セット

新品価格
¥2,700から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ 西日本鉄道1300形 新塗装 アイスグリーン ディズプレイモデル

新品価格
¥6,000から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ A6650 西鉄5000形 第2編成・登場時 (黄帯) 3両セット

新品価格
¥14,500から
(2017/1/7 13:17時点)

Nゲージ A6652 西鉄5000形 旧社紋 4両セット

新品価格
¥27,240から
(2017/1/7 13:18時点)

Nゲージ 西鉄600形 宮地岳線 3両セット 黄色 赤帯 ディズプレイモデル

新品価格
¥4,500から
(2017/1/7 13:19時点)

トミーテック 全国バスコレクション JB004 西日本鉄道

新品価格
¥761から
(2017/1/7 13:19時点)

九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,057から
(2017/1/7 13:21時点)

テクノブレイン ぼくは航空管制官4福岡

新品価格
¥8,423から
(2017/1/7 13:21時点)

るるぶ福岡 博多 天神'17 (国内シリーズ)

新品価格
¥907から
(2017/1/7 13:23時点)

広告