博多駅前四丁目 市営駐車場跡地・深見ビル 再開発計画

◆計画概要



博多駅前四丁目にある市営駐車場跡地と隣接する深見ビルの再開発計画です。


(画像は第5委会(PDF)からの引用です。)

市営駐車場跡地にはバスターミナルと商業施設、UR住宅の入る複合ビルや立体駐車場が建設され、深見ビル跡地には商業施設とオフィスが入る複合ビルが建設されます。

バスターミナルの機能は、博多駅の筑紫口駅前広場周辺に分散している、高速乗合バスとクルーズバスの乗降所を統合移転するものであり、これによって筑紫口駅前広場の再整備を進める予定になっています。


(画像は第5委会(PDF)からの引用です。)

博多駅からKITTE博多とJRJP博多ビルを経由してペデストリアンデッキで接続される為、駅から直結で行き来ができるようになります。
デッキは外付けではなく、最初から建物の中に組み込まれるタイプです。


再開発の流れとしては、まず、市営駐車場跡地にURがバスターミナル機能のある住宅施設棟、住宅棟、立体駐車場棟の3棟を整備し、現在深見ビルにあるUR住居機能を移転させます。
その後、深見ビルを深見興産とURが解体し、跡地に新たな再開発ビルを整備する予定です。


●博多駅前四丁目第二地区 街区(全体)


(画像はGoogleマップからの引用です。)
※施設配置図はあくまでも予想です。

所在地: 福岡市博多区博多駅前四丁目16番他
敷地面積:4,335㎡(民間:1,775㎡、市:2,560)
延べ床面積:?㎡
建築面積:?㎡
建築主:独立行政法人都市再生機構九州支社、深見興産株式会社、福岡市(連絡通路)
総戸数: 216戸
総事業費:?億円
高さ制限:約60m
公式サイト:



赤色:(仮称)博多駅前四丁目第二地区 住宅施設棟

階数:地上14階建て
高さ:?m
戸数:137戸
テナント:4区画
用途:住居、店舗、バスターミナル施設
敷地面積:?㎡
延べ床面積:10,500㎡
建築面積:?㎡
着工:平成28年(2016年)10月
竣工:平成30年(2018年)8月(予定)
入居:平成30年(2018年)8月(予定)
公式サイト:?


・バスターミナル施設(住宅施設棟内)

機能:高速乗合バス、クルーズバス乗降所
受け入れ台数:200台(1日)
乗降バース:4台(待機バースは2台)
施設:待合所、飲食・物販店、案内カウンター等


青色:(仮称)博多駅前四丁目第二地区 住宅棟

階数:地上14階建て
高さ:?m
戸数:79戸
用途:住居
敷地面積:?㎡
延べ床面積:6,000㎡
建築面積:?㎡
着工:平成28年(2016年)10月
竣工:平成30年(2018年)8月(予定)
入居:平成30年(2018年)8月(予定)


紫色:(仮称)博多駅前四丁目第二地区 立体駐車場棟

階数:地上?階建て
高さ:?m
収用台数:80台
用途:駐車場
敷地面積:?㎡
延べ床面積:?㎡
建築面積:?㎡
着工:平成28年(2016年)10月
竣工:平成30年(2018年)8月(予定)


緑色:深見ビル跡地再開発ビル

階数:地上?階建て
高さ:?m
テナント:?
用途:業務、店舗
敷地面積:1,775㎡?
延べ床面積:?㎡
建築面積:?㎡
着工:平成30年(2018年)10月?
竣工:平成32年(2020年)?月
開業:平成32年(2020年)?月


黄色:延伸されるペデストリアンデッキ

長さ:?㍍
着工:平成?年(?年)?月
竣工:平成32年度(2020年度)?月
(※オレンジ色は既存のペデストリアンデッキ)

これならわかる再開発―そのしくみと問題点、低層・低容積再開発を考える

新品価格
¥1,543から
(2017/1/10 12:26時点)




◆再開発予定地


(画像はGoogleマップからの引用です。)


赤色…市営駐車場跡地(福岡市所有地)



敷地面積: 2500平方メートル
所有者:福岡市

2015年3月いっぱいで閉鎖され再開発が行われています。


青色…深見ビル(UR、深見興産 所有)

階数:地上10階?、地下?階建て
高さ:約50㍍(推定)
用途:住居(UR賃貸住宅)、業務施設、店舗等
所有者:UR、深見興産
敷地面積:1800平方㍍
延べ床面積:?平方㍍
解体時期:平成30年(2018年)10月以降

KATO Nゲージ 813系 200番台 3両セット 10-813 鉄道模型 電車

新品価格
¥9,106から
(2017/12/19 16:16時点)




◆再開発ニュース
この再開発計画に関する最新のニュースを紹介します。
記事は一番下が古くて一番上が最新です。


・バスターミナルは8月に開業! 深見ビル跡地はオフィスビルに!

前略

隣接ビルは地場不動産会社の深見興産とURの所有。UR住宅の住民の移転が完了する10月以降、深見興産が商業施設とオフィスが入る複合ビルに建て替え、20年内に完成する計画という。

 博多駅を挟み、博多バスターミナルからJRJP博多ビルまでは2階部分が歩行者通路でつながっており、市はこの通路を延伸し、新バスターミナルビルと深見興産が建て替えたビルに接続する。市によると、他のビルへの 接続は今のところ計画していないという。通路の利用開始は20年度を予定している。

西日本新聞経済電子版qBiz(2018年1月12日)からの一部引用です。



ようやく続報が出ました!
URが建設中のバスターミナルが入る複合ビルは、予定通り2018年8月に開業します!
その後、深見ビルのUR住宅から新複合ビルのUR住宅への移転が行われ、移転が完了する10月から深見ビルの解体が始まるようです。
そこから急ピッチで工事を進め、2020年内には再開発ビルの完成を目指します。

深見ビルの再開発に関しては、長らく続報が無かったので、白紙撤回されたのかと思っていましたが、計画は動いていたようなので良かったです。

何よりも再開発ビルは商業施設とオフィスの入る複合ビルと書いてあることから、低層階に商業施設が入り、上層階にオフィスが入るビルであることが予想できますね!
現在、福岡市内は慢性的なオフィス不足になっていますが、2020年までに完成する予定の大規模なオフィスビル計画は、紙与不動産による博多駅中央街ビルしか無い為、博多地区に新たなオフィスビル計画が出るのは良いことです。
とにかく早期開業することを願います。

また、福岡市が整備するペデストリアンデッキにも言及されており、完成時期は2020年度となっています。デッキの構造上、深見ビル跡地の複合ビルと同時に建設されるため、バスターミナル開業には間に合わなくなっていますね。

西日本新聞の記事において、バスターミナルの入る複合ビルの完成予想図も載っています。黒と白を基調とした落ち着きのあるデザインになっていますね!深見ビル跡地の再開発ビルも楽しみです!

情報が非常に少ないので、早期に公式リリースされることを願います。

2018年1月21日



・市営駐車場跡地周辺再開発へ!


博多駅筑紫口再開発始動へ 福岡市がバスターミナル27年度着工

九州一のターミナル、博多駅の“裏口”といわれてきた筑紫口の再開発が、平成27年度に動き出す。福岡市が新たな街づくりの環境整備として、周辺道路の渋滞緩和を目指して、高速ツアーバスの乗降所(バスターミナル)を駅南西の市営駐車場跡地に建設する。27年度末に着工し、32年度までの完成を目指すという。合わせて市とJR九州などは、筑紫口駅前広場の再整備に向けた具体案を練る。(大森貴弘)

                  ◇

 市の構想によると、バスターミナル事業は都市再生機構(UR)が担う。博多駅南西にある市営駐車場跡地(2500平方メートル)と、隣接する私有地(1800平方メートル)を一体開発する。1階にバス乗降所のほか、待合所や飲食・物販店、案内カウンターなども設置する。建物の2階以上には賃貸住宅やオフィスビルを整備する。1日200台以上の受け入れ能力があるという。

中略

福岡市とURは、ターミナルと商業ビルを結ぶ空中回廊も新設し、観光客や買い物客の回遊性を高める。ターミナルと空中回廊は32年度の完成予定となっている。同年度には市営地下鉄七隈線が博多駅に延伸される。

後略

毎日新聞2014年12月27日からの一部引用です。



博多の再開発がちゃっかり拡大していますね!
なんだかんだで郵便局と博多ビルの建て替えだけなのかな?なんて思っていましたが、駅の南西側に再開発の波は広がっているようです。

しかも今回の再開発は筑紫口の再整備のための事業ということだそうです!

筑紫口の駅前広場を再整備するにあたり観光バス以外の高速乗合バス(旧 高速ツアーバス)とクルーズバスの乗降所を移転することになり、その移転先として市営駐車場があがりバスターミナルを併設したビルを建てることになったようです。

当初は市の単独事業だったようですが、隣接するビルの所有者も興味を示し今回の一体開発になったとのこと。

それにしても着工が年末とはなかなか早いですね。隣接するビルの解体を始めるのがその時期なのか、解体を完了して駐車場と同時に着工する時期なのか、まだ詳しいことが出ていないのでよくわかりません。

ターミナルの入る複合ビルは、大規模な商業施設は入らないようですが、低層階にバスターミナルと商業施設、中層階にオフィス、高層階に住居という配置になりそうで、駅からペデストリアンデッキが延長されますので、かなり立派で賑やかな施設になりそうです。

完成する時期はビルも延長されるペデストリアンデッキも筑紫口の再整備もみんな同じ平成32年度になっていますね!

平成32年度は七隈線の天神南~博多間が開通する年ですので、博多が大きく変わる年になりそうです!特に駅の南西地区は!

天神にとってはかなり脅威に…

博多周辺は郵便局の仮局舎の跡地や周辺の老朽化したビル、再整備後の筑紫口周辺などまだまだ再開発が続きそうですね!

天神もそれに対抗するかのように明治通り周辺の大規模再開発を控えていますし、福岡市はこれからまだまだ変わっていきそうです!

それにしてもこういった開発の話が来るたびに高さ制限が憎く感じます。

2015年4月1日
もちろんエイプリルフールネタではありません!

マイクロエース Nゲージ 811系-1500番台 4両セット A6731 鉄道模型 電車

新品価格
¥18,270から
(2017/12/19 16:20時点)




追記…

2017年1月13日:記事の大幅なリニューアル。

2017年12月19日:記事の大幅なリニューアル。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

普通のマンションが建つんですね
立地がいいのでホテルなんかが良かったです

Re:

コメントありがとうございます‼
駅から近くてペデストリアンデッキで結ばれる好立地なので、ホテルやオフィスの需要があると思うんですけどね…
主体がURだからかも知れません。

No title

そういえばこの建物が完成したら現在バスストップカフェに来てるバスも此処に移転するのですかね?

Re: No title

コメントありがとうございます。
市議会の議事録では筑紫口周辺にある高速乗り合いバスのバス停と新設されるクルーズバスのバス停が集約移転になっているので、全部集約されるものだと思われます。

No title

ぺデッキって歩行者のための導線と言いながら実際には地上から歩行者を排除するというクルマ第一主義の産物だからイマイチだなぁ。
そういう意味では東京の都心は本当に横断歩道本位で歩きやすい。逆に言うと、東京以外は所詮日本って車社会なんだと実感します。大阪ですら梅田も難波も歩行者が地面を歩いて渡れない所が当たり前のようにあるので。

Re: No title

コメントありがとうございます。
確かに自動車本位ではありますが、分離することによってお互いにメリットも多いので良いと思いますよ。
プロフィール

I Love地元

Author:I Love地元
福岡(福岡都市圏)の再開発や交通について書きます。
まだ学生なので更新が気まぐれですが、一週間以上は空けないようにします!
画像をしようする際は、引用元を明記してください。
当ブログのリンクはフリーです。
同分野の相互リンクは大歓迎です!コメント欄の管理人のみ閲覧の設定にして連絡下さい。

最新記事一覧
(仮称)博多駅中央街ビル 計画:工事状況part3 Feb 20, 2018
(仮称)博多駅前二丁目複合ビル計画 Feb 15, 2018
天神ビジネスセンターと福岡ビル街区に続く再開発は…? Feb 10, 2018
天神ふれあい通り自転車駐車場・新地下通路計画 Feb 04, 2018
天神ふれあい通り自転車駐車場・新地下通路計画:工事状況part1 Feb 04, 2018
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
九州・沖縄地方
2位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Amazon

地域批評シリーズ9 これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥853から
(2017/1/7 13:05時点)

これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:06時点)

Nゲージ A7992 福岡市地下鉄1000系・ワンマン改造 6両セット

新品価格
¥28,480から
(2017/1/7 13:08時点)

Nゲージ A7995 福岡市地下鉄1000N系・後期更新車 6両セット

中古価格
¥22,800から
(2017/1/7 13:09時点)

徹底解析!!JR九州 (洋泉社MOOK)

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:11時点)

JR九州のひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:11時点)

Nゲージ 10-813 813系200番台 3両セット

新品価格
¥9,026から
(2017/1/7 13:12時点)

Nゲージ 30518 JR九州817系2000番台増結2両編成セット (動力無し)

新品価格
¥10,498から
(2017/1/7 13:13時点)

西鉄電車・バスのひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:14時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 3両セット

新品価格
¥4,000から
(2017/1/7 13:15時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 2両セット

新品価格
¥2,700から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ 西日本鉄道1300形 新塗装 アイスグリーン ディズプレイモデル

新品価格
¥6,000から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ A6650 西鉄5000形 第2編成・登場時 (黄帯) 3両セット

新品価格
¥14,500から
(2017/1/7 13:17時点)

Nゲージ A6652 西鉄5000形 旧社紋 4両セット

新品価格
¥27,240から
(2017/1/7 13:18時点)

Nゲージ 西鉄600形 宮地岳線 3両セット 黄色 赤帯 ディズプレイモデル

新品価格
¥4,500から
(2017/1/7 13:19時点)

トミーテック 全国バスコレクション JB004 西日本鉄道

新品価格
¥761から
(2017/1/7 13:19時点)

九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,057から
(2017/1/7 13:21時点)

テクノブレイン ぼくは航空管制官4福岡

新品価格
¥8,423から
(2017/1/7 13:21時点)

るるぶ福岡 博多 天神'17 (国内シリーズ)

新品価格
¥907から
(2017/1/7 13:23時点)

広告