FC2ブログ

アイランドシティ「香椎照葉7丁目27番11等」開発計画

◆計画概要


(画像は「アイランドシティまちづくり事業提案公募(香椎照葉7丁目27番11等)」における事業予定者の決定について(お知らせ)PDFからの引用です。)

平成26年に「アイランドシティまちづくり事業提案公募(香椎照葉 7 丁目 27 番 11 等)」における事業予定者が、積水ハウスを代表とする4社の企業連合体に決定しました。

提案内容は画地AとBに超高層ビルを3棟建設し、分譲・賃貸住宅合わせて1072戸と医療施設や商業施設も整備する超大規模な開発計画となっています。


■最先端環境技術の導入によるCO2排出量 80%削減

太陽光発電や風力発電、集合住宅用燃料電池などの創エネや太陽熱、地熱など自然エネルギーの活用によってCO2排出量を 80%削減する他、高圧電力の一括受電や HEMS、MEMS の導入によるエネルギーの見える化・ピークカット・電力利用のコ ントロールが行われます。

太陽光発電や風力発電は何となく想像できますが、燃料電池や地熱の利用は他の住宅ではあまり聞いたことがなく、なかなか想像できません。まちで使うエネルギーをまちでつくるという計画は興味深いですし、こういったまちが増えていくと環境問題もかなり改善していきそうですね。


■アイランドシティにシンボリックな新たなランドマーク

地域全体のランドスケープを考慮したシンボリックな住棟計画と周辺への緑地や水面の導入による積極的な緑化。

これが実現すると今のアイランドシティのメインである中央公園やアイランドタワー周辺に取って代わる地区になりそうです。
特にツインタワーは斜めに配置されており、グリーンベルトや中央公園からもその存在をはっきり確認できるようになっていますし、エントランス部分の緑地や噴水もかなりのインパクトがあります。


■出会い、賑わい、つながる、ひろがるコミュニティ空間

シニア入居者へのサービススペースやコミュニティスペースなど多世代が交流できる様々なコミュニティ空間の形成。

最近の大型マンションには必ずと言ってもいいほど配置されるコミュニティ空間もしっかりあります。
また、この開発計画ではコミュニティ空間の他に「自然・健康スポーツ連携の賑わい施設」と「生活・医療・文化・交流の施設」の設置も予定されており、商業施設も整備されるため、マンションというよりかは1つのまちになりそうですね。



(画像は「アイランドシティまちづくり事業提案公募(香椎照葉7丁目27番11等)」における事業予定者の決定について(お知らせ)PDFからの引用です。)

計画地はまだ開発が進んでいないアイランドシティの北部です。これから体育館や小学校の完成が控えているので、徐々に賑わいが出てくるものと思われます。

アクセスはバスに頼ることになりそうですが、営業所や都市高速からも離れているので、イメージはなかなか良くないかもしれません。
やはり、何だかの軌道の整備が必要になってきますね。
卵が先か鶏が先かの議論になりますが、自分は公共交通機関というのはある程度の赤字を覚悟してでも建設するべきものだと考えています。今の福岡市の財政状況だとかなり厳しいですが…





●「香椎照葉7丁目27番11等」街区(全体)

所在地:福岡市東区香椎照葉7丁目27番11等
敷地面積:36,000㎡
延べ床面積:?㎡
建築面積:?㎡
建築主:積水ハウス株式会社(代表)、西日本鉄道株式会社、福岡商事株式会社、西部ガス興商株式会社
総戸数: 1032戸
総事業費:326億円
高さ制限:約172m
公式サイト:「アイランドシティまちづくり事業提案公募(香椎照葉7丁目27番11等)」における事業予定者の決定について(お知らせ)PDF


●画地A:「(仮称) 照葉7丁目計画」(分譲集合住宅棟)

(画像は「アイランドシティまちづくり事業提案公募(香椎照葉7丁目27番11等)」における事業予定者の決定について(お知らせ)PDFからの引用です。)

階数:地上44階建て
高さ:約140~150m?
戸数:284戸
用途:住居、駐車場
駐車場:?台
敷地面積:9000㎡
延べ床面積:?㎡
建築面積:?㎡
建築主:西日本鉄道株式会社
着工:令和元年(2019年)6月初旬
竣工:令和3年(2021年)?
入居:令和3年(2021年)?
公式サイト:?

ガラスが多用されていて外観はマンションというよりオフィスビルに近いものになっています。縦のラインが強調されているので、かなりスタイリッシュなデザインになっていますね。 途中途中にある中庭的な空間も非常に良いです。
右側にある立体駐車場は屋上も壁面も緑化されており、見た目は緑の丘になっています。とにかくA画地は緑が多くなっています。

なお、当初の予定では2016年頃に着工予定でしたが、後に公募で獲得した照葉5丁目のセンターマークス街区を優先していたため、着工が大幅に延期されていましたが、当初計画から規模を拡大して2019年6月初旬に着工することになりました。


●画地B 北側:プライムメゾン照葉クロススタイル(賃貸集合住宅、医療・文化・交流施設棟)

(画像はCASBEE新築評価結果 (213kbyte)からの引用です。)

階数:地上14階建て
戸数:234戸
用途:住居(賃貸)、店舗、駐車場
駐車場:?台
敷地面積:8,000㎡
建築面積:2,512㎡
延べ床面積:22,856㎡
建築主:積水ハウス株式会社、福岡商事株式会社、西部ガス興商株式会社
着工:平成29年(2017年)9月
竣工:2019年7月?
入居:2019年8月?
開業(店舗):2019年3月?
公式サイト:?

1階に店舗が配置された賃貸マンションになります。
当初の34階建ての計画から高さは縮小されましたが、戸数は194戸から増えています。また、医療施設や交流施設は無くなりましたが、店舗の配置によって商業機能が追加されました。


●画地B 南側:分譲集合住宅、商業施設棟

(画像は「アイランドシティまちづくり事業提案公募(香椎照葉7丁目27番11等)」における事業予定者の決定について(お知らせ)PDFからの引用です。)

階数:地上46階建て(住居)、地上46階建て(住居)、地上2階建て(店舗)
高さ:160m?
戸数:279戸、279戸(計558戸)
テナント:未定
用途:住居、店舗、駐車場
駐車場:?台
敷地面積:27,000㎡(画地B計)
延べ床面積:?㎡
建築面積:?㎡
建築主:積水ハウス株式会社、福岡商事株式会社、西部ガス興商株式会社
着工:平成31年(2019年)
竣工:平成35年(2023年)
入居:平成35年(2023年)
公式サイト:?

46階建てのツインタワーと2階建ての商業棟(2,000㎡)の3棟で構成されており、商業棟はツインタワーの間に建設されます。
デザインがとにかく最高です!上層階のガラス張りの部分からヘリポートに至る部分はマンションとは思えないかっこよさです!
高さは不明ですが上層階の構造が複雑なため階数以上に高さがありそうですね。九州1の超高層ビルになれる160m規模ではないかと予想しています。
エントランス部分には緑地や水面が導入されるため、かなり高級感のある見た目になりそうですね。

夜ビル-Buillumination- Vol.4 FUKUOKA

新品価格
¥950から
(2019/4/6 23:27時点)






◆当初計画


(画像は「アイランドシティまちづくり事業提案公募(香椎照葉7丁目27番11等)」における事業予定者の決定について(お知らせ)PDFからの引用です。)

平成26年の計画発表時の提案内容は画地AとBに超高層ビルを4棟建設し、分譲・賃貸住宅合わせて1032戸と医療施設や商業施設も整備する超大規模な開発計画となっていました。

しかしながら、その後の住宅需要の変化などに合わせて規模の縮小やデザインの変更などが行われました。


●画地A:分譲集合住宅棟

(画像は「アイランドシティまちづくり事業提案公募(香椎照葉7丁目27番11等)」における事業予定者の決定について(お知らせ)PDFからの引用です。)

階数:地上41階建て
高さ:140m?
戸数:280戸
用途:住居、駐車場
駐車場:?台
敷地面積:9000㎡
延べ床面積:?㎡
建築面積:?㎡
建築主:西日本鉄道株式会社
着工:平成28年(2016年)?
竣工:平成30年(2018年)?
入居:平成30年(2018年)?
公式サイト:?

当初は地上41階建て、280戸の規模で計画されていましたが、地上44階建て、284戸の規模に拡大して着工することになりました。


●画地B 北側:賃貸集合住宅、医療・文化・交流施設棟

(画像は「アイランドシティまちづくり事業提案公募(香椎照葉7丁目27番11等)」における事業予定者の決定について(お知らせ)PDFからの引用です。)

階数:地上34階建て、地上8階建て
高さ:120m?
戸数:194戸
用途:住居、駐車場
駐車場:?台
敷地面積:27,000㎡(画地B計)
建築面積:?㎡
延べ床面積:?㎡
建築主:積水ハウス株式会社、福岡商事株式会社、西部ガス興商株式会社
着工:平成29年(2017年)
竣工:平成32年(2020年)
入居:平成32年(2020年)

わかりにくいですが、32階建て(奥)と8階建て(手前)の2棟構成になっており、「医療・文化・交流施設」はこの2棟の1~2階部分(1,000㎡)に入る予定でした。

新建築2018年11月別冊/臨海住宅地の誕生 (新建築別冊)

新品価格
¥2,800から
(2019/4/6 23:28時点)






◆工事状況
再開発計画の工事状況を紹介します。

part1

part2

福岡市を経営する

新品価格
¥1,620から
(2019/4/6 23:29時点)






◆開発ニュース

この開発計画に関する最新のニュースを紹介します。
記事は一番下が古く一番上が最新です。


・高まる46階建てツインタワー建設の可能性!予定地では既に動き有り?

先日の記事「(仮称)香椎照葉7丁目計画」でお伝えした通り、画地Aの西鉄による超高層マンション計画は当初予定より3年程遅れましたが、規模を地上44階建てに拡大して6月に着工することになりました。

ここで気になってくるのは、残りの画地Bに計画されている積水ハウスによる46階建てツインタワーの実現性です。同じ画地Bに計画されていた地上34階建ての超高層マンションは、地上14階建てに階数が縮小されており、照葉エリアでは現在900戸近い分譲マンションが供給されている現状を考えると、当初計画通りの規模や2019年内の着工はかなり厳しく、延期や縮小は避けられないものと考えていました。

しかし、画地Aの西鉄が規模を拡大して6月に着工することを決めた点や、福岡経済4月号に積水ハウスが初の超高層タワーマンションを計画しているという記述があった点、更に建設予定地にあったコインパーキングの撤去工事が始まっている点から、予定通りの規模で2019年内に着工される可能性が高まってきました。
(※福岡経済への掲載情報と建設予定地の動きの情報提供ありがとうございます。)

ただ、当初計画では46階建てツインタワーで全558戸という壮大な計画であったことから、過剰供給などを避けるために一期と二期に分けての開発や、片方だけ超高層マンションになる可能性もまだまだあります。

建設予定地に動きが出ているということは、とりあえず年内に何らかの発表がある可能性が高いのでそれを待ちたいですね。個人的にはアイランドシティ初となるグランドメゾン、九州1となる高さ160㍍越えを期待したいです。

画地Aの西鉄による超高層マンション計画の工事用車両としての活用の可能性も考えましたが、道路を挟んでの利用の可能性は低いと勝手に判断しています。

※今回の情報は経済情報誌の掲載記事やコメント欄への情報提供を元に作成している記事であるため、公式発表ではなく不確定情報も含まれています。

2019年4月7日




・プライムメゾンとB画地全体の計画が判明か?ツインタワー計画は維持の可能性も!

以前報じた通りB画地北側には、当初の予定より高さを抑えつつ戸数を増やした賃貸マンションのプライムメゾンが建設中ですが、この度そのプライムメゾンとB画地全体の計画を把握することのできる情報を見つけました!

福岡賃貸連合体 プライムメゾン照葉クロススタイルEAST棟

今回の計画では1階部分に店舗を配置するため、そのテナントを募集するページになります。
※募集期限が設けられているため、早めに確認しないと削除される可能性が高いです。また、画像の転載は禁止されているため、画像は各自で確認をお願いします。


まず、名称ですがこれまでのプライムメゾン照葉六丁目計画から正式に「プライムメゾン照葉クロススタイル」になったようです。なお、サイトにはEAST棟と記載がありますが、WEST棟とEAST棟が分離しているわけではなく、あくまでも管理上の名称のようです。

そして、何よりも注目すべき点は完成予想パースにツインタワーが描かれていることです!!
以前プライムメゾン計画の完成予想パースを紹介した際に後ろに1棟しか描かれてないことから、ツインタワー計画は縮小され絶望的だと書きましたが、どうやら市に提出したパースは角度的に左側部分が入っていなかっただけで、元々からツインタワーとして描かれていたようです。

更に4枚目には少しだけ街区図が載っており、そこにもタワーマンションの他に噴水やテラスなど当初の計画に近い形で描いてあります。街区図はプライムメゾン照葉クロススタイルとしての新しいものになっており、現時点ではツインタワー計画が完全に消えた可能性は低いようにも感じますね。

といった感じで思わぬところから、ツインタワー計画が生きていると思える情報を見つけることができ、少しだけほっとすることができました。
ただ、デザインに関しては当初の様な攻めたものではなく、全体的に無難なタワーマンションっぽいものに仕上がっているのが少し残念ですね。

まだ、ツインタワーの着工情報が出るまでは確たるものはなく、完全に安心することはできませんが、あまり悲観的にならなくても良いのかも知れませんね。

当初の予定では2019年に着工予定であり、プライムメゾン照葉クロススタイルのオープンも2019年夏であることから、B画地の賑わいを維持するために予定通り2019年に着手する可能性も高いです。

とにかく続報に期待したいところですね!

2018年8月11日




・画地Bの計画は大幅変更になりました…

なかなか動きがなかった照葉7丁目計画ですが、2017年に色々と動きがありました。
まず、46階建てのツインタワーマンションと34階建てタワーマンション等が建つ予定だったB画地では、北側(34階建てと8階建ての複合マンション、立体駐車場予定地)で、(仮称)プライムメゾン照葉六丁目計画が着手されました。

(仮称)プライムメゾン照葉六丁目計画は残念ながら、14階建てのマンションとなっており、高層マンションの計画から大幅な縮小となりました。また、1階部分に店舗が配置されるようですが、当初計画されていた医療文化交流施設(1,000㎡)の規模や内容からの大幅な縮小も避けられないようです。
ただ、戸数に関しては当初計画の194戸から234戸に増えており、B画地北側の住居機能だけで考えるとアップしています。B画地南側の戸数が大幅減だった場合はプラスマイナスゼロになりますが…


(画像はCASBEE新築評価結果 (213kbyte)からの引用です。)

上の完成イメージ図が(仮称)プライムメゾン照葉六丁目計画です。全体的によくあるタイプのマンションになってしまい少し残念です。
ただ、このイメージ図で気になる点は後ろに描かれているタワーマンションのような存在です。当初計画では後ろの部分にツインタワーが建つ予定でしたが、イメージ図を見る限りでは一棟しか見当たりません…
B画地全体の事業者である積水ハウスが提出している計画書なので、今後の計画については正確に描かれているものだと思われます。

ツインタワー計画がほぼ白紙になるのはすごく残念ですが、一棟だけでも計画としては残ったので、その一棟は何としても実現して欲しいものです。
できることなら、160メートル規模の九州最高層のタワーマンションになってほしいですね。


このように大幅な計画の変更があっているので、次回あたりからは別の記事で新たな計画として取り扱っていきたいと思います。


2018年1月4日




・目立った動きが無いまま3年経ちました…

2014年に計画が発表されてから続報は一切なく、予定では着工している筈のA画地の分譲集合住宅は未だに何の動きもありません。西鉄は現在センターマークス街区の開発に力を入れているので、センターマークス街区の開発が進んだら、A画地の開発に手を付ける感じですかね。

積水ハウスの34階建てタワーマンションが今年着工予定なので、今年予定通りに着工するかしないかで、この計画が動いているかどうかがわかりますね。
センターマークスタワーの計画が縮小していることを考えると、計画通りに進むことは絶望的ですが、何とか当初計画通りの形を実現して欲しいものです。

いっそのこと、マンションだけではなくホテルやコンドミニアム、老人ホーム等の機能も織り混ぜたほうがいいかも知れませんね…
正直賃貸と分譲だけで1032戸はかなり無茶な気もするので…


2017年7月28日




・ アイランドシティに超高層複合マンション4棟建設へ!

アイランドシティの新着情報の欄を何気なく見ていたのですが、(何気なくというか定期的に情報がないかチェックしています。)西鉄と積水ハウスが事業予定者という文字が見えたので、また14階建てのマンションかと思ってよく見てみると戸数が凄まじい上に、46Fと書いてあるではないですか!
しかし、最初はよくわからずに というか超高層何て建たないと思い込んでいたので 46Fは46階建てで良いのかと考えていましたが、下の方にPDFがあったので開いて見ると~


勘違いではありませんでした!
しかも1棟ではなく4棟!!
ビックリして手が震えてしまいました(笑)

デザインもマンションなのに全体的にガラスや緑化部分が多く感じます!
46階建てのツインタワーの先端や32階建ての棟の上層階とヘリポート、41階建ての棟のオフィスビルっぽいデザインなど凝っていて最高です❗
緑化された低層階の商業施設や立体駐車場、噴水などなどもはや1つの街ですね。

まさに夢の様な計画です。
なので夢のようになってほしくないです・・・
大型計画はなかなか上手くいかないものですが、今回の計画は変更されずに上手くいってほしいものです。
何だか似たような画像をリーマンショック前の仙台で見たことがあります。

景気変動に関してはオリンピック開催まではある程度安定するものと思われます。計画では41階建ての棟が再来年着工ともっとも早く、ツインタワーも2019年着工のため何とかなるかと。

41階建ての棟がどれぐらい売れるかにかかっていますね。

それにしても今まで大型の計画は大概発表前に漏れていましたが、今回はそういったことが一切なく完全な不意打ちでびっくりしました( ; ゜Д゜)
西鉄は最近勢いがありますね。西新やアイランドシティにタワーマンションを建設中ですし。

また建設予定地は、西側はグリーンベルトを挟んで福岡市立体育館(建設予定)、南側は集合住宅と小学校 (建設予定)、東側は戸建て住宅、北側は未定となっています。
南と東が反対運動の可能性的に怪しそうですが、計画予定地は大型道路を挟んでおり、建物は敷地の奥に設置され手前は緑地や噴水になるようなので、問題は特にないと思います。
戸建て側もマンション2個分の緑地になっていますし。

これから少しずつ詳細が判明してくるものと思われますので、随時更新したいと思います。


2014年8月9日

夜ビル-Buillumination-vol.1 OSAKA

新品価格
¥800から
(2018/8/11 22:08時点)





追記…

2017年7月28日:記事の大幅なリニューアル。

2018年8月11日:当初計画の追加とB画地情報の変更。

2019年4月6日:画地Aの情報変更。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Aのタワーがかなりいいと思います。

B地区の2棟は全国的にないようなデザインなので、注目されそうですね(*^▽^*)

福岡は建設バブル状態ですね!
4棟ともこのままの規模で竣工することを切に願います!
コミュニティの土地はどうなるんでしょうね!

Re: No title

いつもコメントありがとうございます。

Aは見た目がオフィスビルのようですね。
Bはツインタワーで上層階がもはやマンションではありません。笑

Re:

いつもコメントありがとうございます。

ちょっと心配なのは建設費高騰による延期がないかどうかです。
出来ればオリンピック前に着工してほしいので。
ガーデンはこの前利用契約が結ばれたばかりなので、まだまだ先の話かと思われます。

計画倒れの予感

大プロジェクトは計画倒れが多いので期待していません。建設までに時間がありすぎ…
その時期には尖閣有事になっているかもしれない。超高層どこではないかもですよ

自分的には博多、天神、国家戦略特区による高さ制限緩和のほうが期待しています。

No title

4棟マンション計画も気になりますが、イメージパース左側に少し出ているドーム状?の建物も気になるんですけど何でしょう。

Re: 計画倒れの予感

コメントありがとうございます。

時間をかけて完売していくつもりなんでしょうね。アイランドシティはぱぱっとは売れないから。
まぁ西鉄が直通バスの本数を増やせば何とかなるでしょう。

尖閣で有事何て起こらないと思いますよ。中国もそこまで馬鹿じゃないから自分が攻められるようなことはしない。
東南アジアの他の国と違って、自衛隊もがちでくるから衝突を避けて尖閣領有の既成事実化は無理かと。
自分から手を出せば国際社会から避難されて、米軍も参加して結果として不利になるだけですからね。
日本に圧力かけたり、尖閣は中国の領土だと言い回るのが激しくなるだけかと。
そう願います。もっとも馬鹿な人が指導者になったらわかりませんが。

特区の高さ制限緩和は、今まで建物ごとに申請していたのをエリア単位で緩和することのように、市長のブログに書いてありました。
これなら最悪博多駅の60㍍がマックスのままになります。

Re: No title

いつもコメントありがとうございます。

ドームっぽい建物は福岡市の新しい拠点体育館です。ただ福岡市からイメージ画像が発表されていないので、画像制作者の予想かもしれません。
ちなみに南の建物は小学校です。

No title

面白いデザインなので完成できるといいですね!
ところでリーマンショック前の仙台で何か大きな計画ってあったんですか?

Re: No title

コメントありがとうございます。

計画通りにいってほしいですね!
仙台の件はこれです。
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1094581045

No title

これを機に西鉄にしろ市営にしろ鉄道を引き込んで欲しいですね。

かしいかえん前駅からアイランドシティまで西鉄を通して欲しいです。
おそらくマンションの売れ行きが良くなるし、アイランドシティ中央部から唐津まで乗り換えなしで行けるようになればかなり凄いと思います。
でも西鉄とJRを繋げないかもしれませんね。

Re: No title

コメントありがとうございます。

理想ではそうですが、大型商業施設や娯楽施設が建たないと厳しいかと。
建っても厳しいでしょうけど

Re:

いつもコメントありがとうございます。

鉄道かバスどちらが便利かは置いといて、マンションを買う人の立場になるとバスだけだとアクセスが悪いように思えますね。
もっとも福岡の場合は都市高バスがあるんですが。

私も記事みて震えました 笑

ほんとに最近の福岡は衰え知らずですね!!

オリンピック前後は経済状況からみても安定といえますがそれから2~3年後は景気崩壊になるでしょうね。

モノレールを通してお台場や豊洲、東雲といった景観になるといいですね!

Re:

コメントありがとうございます。

景気が良いうちにバンバン建てて欲しいですね。
高層ビル好きとしては、着工すればこっちのもん的な感じで考えています。(笑)

オリンピックまでもつと良いのですがね・・・・建築関係は持ちそうな気がするんですが、建設費の高騰とアラブ地域の情勢がちょっと気がかりです。

お久し振りです。
再開発に関する投稿を首を長くして待っておりました。
積水ハウスと西鉄に香椎浜照葉7丁目計画に関して電話で伺ったところ、積水ハウスに関しては延期で西鉄に関しては5丁目計画を終えてからの予定で、早くても平成31年以降になるそうです。
また、当初5丁目に計画していたツインタワー計画は白紙ということです。大変残念ですがしかたありませんね。
ホークスタウンモール跡地の28階108m ×2棟とプラリバ跡地の40階140mの計画が白紙にならずに着工することを祈るばかりです。

アイランドシティで一番楽しみだったのが、上部が台形のガラス張りになったタワーマンション。デザイン的に斬新だけど、こんなのに限って計画倒れになる感じしますね。LINEの自社ビルとか。



話がそれますが、ロープウェイとか大博通りに通すならアイランドシティ⇆香椎に通すべきだと思います。そしてさらに延長して立花山山頂(クスノキ原生林とか誰得な縛りによって展望台として開発できない)まで。

ベイサイドはロープウェイでなく、一番多くの移動が可能な地下鉄延伸(途中から地上に出るタイプ)が理想的。ロープウェイは運べる人数少なすぎです。(そして運賃もかなり高めでしょう)
本当にロープウェイが地下鉄やバスのような稼働率になるのか心配になる。

そもそも、ロープウェイ通す場所が変です。川や開発困難な住宅街を飛び越えるなら分かりますが、全部道路。これだったらトラムでよくない?ってなります。国内ではトラム=田舎っぽいって感じだけど、ボルドーのトラムとかかなり未来的です。トラムだと都心部の環状線も可能です。

Re:

コメントありがとうございます‼
すみません…自分があまり計画的に更新ができないもので…夏は多目の更新になりそうです。
貴重な情報ありがとうございます!やはり、センターマークスのツインタワーは夢となったんですね。7丁目は中止ではなく延期というところに少し安心しました。都心部での大型開発が相次いでいる今ではなく、落ち着いた時にゆっくりでいいので縮小せずに実現して欲しいですね。

Re:

コメントありがとうございます‼
LINEの自社ビルは本当に残念でした…積水ハウスの計画はゆっくりでいいのであの斬新なデザインで実現してほしいですね。
アイランドシティに求められる交通網は都心に乗り換えなしで行ける交通機関だと思います。ロープウェイやLRTで千早乗り換えにしても直通バスには対抗できませんので…
やはり、地下鉄に直通する鉄道の延伸ではないと効果が無いかと思います。

WF地区に関しては全くもってその通りだと思います。地下鉄空港線の祇園から北に向けて地上に出てWF地区に向かう路線が理想ですね。空港線の中洲川端以西は貝塚線の乗り入れがあっているのに対して、以東は余裕があるのでWF地区から祇園ー福岡空港への乗り入れも余裕があるかと思われます。ロープウェイではやはりスピードと定員に問題がありますね。

積水ハウスが46階建マンションを建てる予定だった、アイランドシティのB地区には残念ながら、14階建(234戸)のプライムメゾン照葉6丁目が着工しておりますが、福岡建築物環境計画に転載されたイメージパースには上記の14階建マンションの後ろに超高層マンションと見受けられる物が書かれておりました。
もしかしたらですが、B地区半分は超高層マンションが建設される予定なのかもしれませんね。
https://i.imgur.com/hqVUHJP.jpg

Re:

コメントありがとうございます!
プライムメゾンの敷地面積が8000㎡でB画地の半分以下であることから、数回にわけての開発になりそうですね。完成予想図を見るに敷地の北側のみになりそうなので、南側にはタワーマンション建設の希望を持てそうです。
完成予想図では一棟のみになっており、その点はかなり残念ですが、高さ制限がかなり緩和されている地区なので本当の九州最高層の高さのタワーマンションとかを建てて欲しいものです。

No title

B区画の計画変更は本当に残念です…。
しかし、これだけの戸数があるのに、何故わざわざ14階建ての低層にするのでしょうかね。
まだ南側には超高層マンションの期待が持てますので、A区画も含めてせめて2棟は建設していただきたいものです。

Re: No title

コメントありがとうございます。
やはり、建築物は高さがあればあるほど建築費も嵩みますし、一定の高さを越えると規制や安全対策も多くなりますので、土地が広いアイランドシティでわざわざ高さを追及する必要性が無いのかも知れませんね。都心部なら土地が狭いので上にしかいけませんが。
ツインタワーは何とか実現して欲しいものです。

No title

またまた嬉しいニュースですね!!
確定ではないにしろ、規模が縮小されたと思われていたツインタワー建設の可能性があるということで、少し安心しました。
言われるデザインについては、私も同感ですが、着工までに以前のような斬新なスタイルに変更してくれることを期待しています。
高さは少なくとも160mは超えて欲しいですね。
高さ九州一のビルを達成するとともに、天神ビッグバンを含めて高層都市化が進んでいる福岡に、さらに勢いをつけて欲しいと思います。
あとは、A区画の西鉄主体の超高層マンションも、縮小することなく建設されることを願ってます!!

Re: アイランドシティ「香椎照葉7丁目27番11等」開発計画

コメントありがとうございます。
高さの割に横幅のない非常にスリムなタワーマンションなので、是非ともスタイリッシュ且つ斬新なデザインに仕上げて欲しいですね。
高さは160メートルを是非とも実現して欲しいですね!

No title

東区在住なのでアイランドシティをよく通りますが、画地Bにあったコインパーキングが撤去されているのは間違いないので、タワーマンション建設であることを祈ってます!!
もちろん計画どおりツインタワーがベストですが、超高層と低層の組み合わせになるとしても、超高層は九州一で200m級のものになって欲しいですね!!

Re: アイランドシティ「香椎照葉7丁目27番11等」開発計画

コメントありがとうございます!
やはりコインパーキング撤去は本当のようですね。かなり早期に動きがあることに期待したいです!
160㍍2本のツインタワーも良いですが、170㍍と130㍍のようにバラツキのあるツインタワーにも期待したいです。航路が非常に近いため今以上の高さ制限の緩和は望めませんが、高さ制限に近い160〜170㍍規模をなんとか実現して欲しいものです。
プロフィール

福岡の民

Author:福岡の民
地方都市の中で今1番勢いのある福岡市・福岡都市圏の交通や再開発について発信しています!

まだ大学生なので更新が気まぐれですが、 更新状況などの情報はツイッターのアカウントのほうで発信を行なっているので、こちらのアカウントのツイートから確認することができます!


画像をしようする際は、引用元を明記してください。
当ブログのリンクはフリーです。
同分野の相互リンクは大歓迎です!コメント欄の管理人のみ閲覧の設定にして連絡下さい。

最新記事一覧
天神ビジネスセンター計画:工事状況part6 Apr 14, 2019
(仮称)博多駅前二丁目複合ビル計画:工事状況part4 Apr 13, 2019
(仮称)博多駅前二丁目複合ビル計画 Apr 13, 2019
(仮称)近鉄博多ビル「都ホテル 博多」計画 Apr 11, 2019
(仮称)香椎照葉7丁目計画 Apr 11, 2019
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
九州・沖縄地方
2位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Amazon

地域批評シリーズ9 これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥853から
(2017/1/7 13:05時点)

これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:06時点)

Nゲージ A7992 福岡市地下鉄1000系・ワンマン改造 6両セット

新品価格
¥28,480から
(2017/1/7 13:08時点)

Nゲージ A7995 福岡市地下鉄1000N系・後期更新車 6両セット

中古価格
¥22,800から
(2017/1/7 13:09時点)

徹底解析!!JR九州 (洋泉社MOOK)

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:11時点)

JR九州のひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:11時点)

Nゲージ 10-813 813系200番台 3両セット

新品価格
¥9,026から
(2017/1/7 13:12時点)

Nゲージ 30518 JR九州817系2000番台増結2両編成セット (動力無し)

新品価格
¥10,498から
(2017/1/7 13:13時点)

西鉄電車・バスのひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:14時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 3両セット

新品価格
¥4,000から
(2017/1/7 13:15時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 2両セット

新品価格
¥2,700から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ 西日本鉄道1300形 新塗装 アイスグリーン ディズプレイモデル

新品価格
¥6,000から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ A6650 西鉄5000形 第2編成・登場時 (黄帯) 3両セット

新品価格
¥14,500から
(2017/1/7 13:17時点)

Nゲージ A6652 西鉄5000形 旧社紋 4両セット

新品価格
¥27,240から
(2017/1/7 13:18時点)

Nゲージ 西鉄600形 宮地岳線 3両セット 黄色 赤帯 ディズプレイモデル

新品価格
¥4,500から
(2017/1/7 13:19時点)

トミーテック 全国バスコレクション JB004 西日本鉄道

新品価格
¥761から
(2017/1/7 13:19時点)

九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,057から
(2017/1/7 13:21時点)

テクノブレイン ぼくは航空管制官4福岡

新品価格
¥8,423から
(2017/1/7 13:21時点)

るるぶ福岡 博多 天神'17 (国内シリーズ)

新品価格
¥907から
(2017/1/7 13:23時点)

広告