ラクレイス西新レジデンシャルタワー



(画像は中央区地行における大型複合開発(PDF)からの引用です。)
公式サイト

…タワー棟

高さ:100㍍

階数:地上29階建て

フロア:1階 テナント、2階 機械室、3~29階 賃貸マンション190戸

竣工:2014年8月31日(予定)

所在地:福岡市中央区地行2丁目


…テラスハウス棟

高さ:?

階数:地上4階建て

フロア:1階 西鉄ストア・テナントと商業施設利用者、2階 住民駐車場95台、3~4階 賃貸マンション16戸

竣工:2014年8月31日(予定)

その他:公園と緑地が施設内に整備


高層住居棟と低層商業棟の複合施設です。西新エルモールプラリバの建て替えもこんな感じになるものと思われます。
当初は30階を越える予定でしたが福岡恒例の住民の反対によって規模が縮小されました。
隣接地に大規模ではないですが商業施設と西鉄ストアも建設予定です。
たぶん西鉄初のタワーマンションだと思います。
西新駅まで近くシーサイド百道にも近く非常に住みやすいと思います(^-^)


スポンサーサイト

福岡空港レポート3 国内線第1ターミナル




・基本情報

併用開始…1969年4月

構造…地上3階、地下1階建て(一部地上4階)

面積…19000平方㍍





・概要

国内線第1ターミナルは福岡空港の国内線ターミナル地区の一番南側にあるターミナルです。
現存するターミナルの中では一番古いターミナルです。かなり老朽化が進んでおり国内線ターミナル再編事業で移転建て替えする予定です。
福岡空港における離島・地方、LCC路線のターミナルになっています。
ターミナルの老朽化と、ターミナル前の駐機場と誘導路の間の間隔が狭く、大型機が駐機出来ないなどの問題があるため、小・中型機が多い離島・地方、LCC路線のターミナルになったものと思われる。
売店やレストランは充実しておらずいまいちです…
送迎デッキは、第2ターミナルと違ってフェンスのため、カメラによってはこっちの方が撮影しやすいです。





・就航会社、就航都市

ANA:全日空
(仙台・新潟・小松・福江・対馬・宮崎・石垣)

AMX:天草エアライン
(天草)

APJ:ピーチアビエーション
(関西・那覇)

FDA:フジドリームエアライン
(新潟・信州まつもと・静岡・名古屋)

IBX:アイベックスエアラインズ
(仙台・宮崎)

JAC:日本エアコミューター
(出雲・松山・徳島・高知・宮崎・鹿児島・屋久島・奄美大島)

JAL:日本航空
(仙台・いわて花巻・新潟・信州まつもと・静岡・名古屋・高知)

J J P:ジェットスター
(成田・関西・中部)

ORC:オリエンタルエアブリッジ
(福江)


*今後の就航予定路線

時期不明
SNA:宮崎に本社を置くソラシドエア(スカイネットアジア)は長年福岡進出を計画しており、最近黒字になったため福岡空港進出も近いうちかと。





・レポート

…1階 チェックインカウンター、到着口

1階のチェックインカウンターは、地方・離島路線及びLCC路線のカウンターがあります。

FDAのカウンターです。


JAL(JAC)のカウンターです。


FDAとJALのカウンターのある所から、少し離れた所にANAとLCC各社のカウンターがあります。


ANAのカウンターです。


JJP(ジエットスター)のカウンター
LCCのカウンターらしくスッキリしています。


APJ(ピーチアビエーション)のカウンターです。
こちらもやはりLCCのカウンターらしくスッキリしています。運航が終わっていたため早々とクローズしていました。


少し前までJJPとAPJのカウンターの間に、WAJ(エアアジアジャパン)のカウンターがありましたが、価格競争による業績不振でエアアジアがANAとの
合弁を解消したため、WAJはエアアジアブランドを使用できなくなり、機体も返却するため全路線を撤退しました。現在は社名を変更して、成田と観光地を結ぶLCCのバニラエアとして運営しています。今のところ福岡への就航はありません。

WAJが存在していた頃の写真です。中央奥にマークが見えます。雑な写真ですみません…



到着口です。液晶が設置されており、到着便がわかりやすいようになっています。平日休日いつでも混雑しています。

少し前まで、液晶はなくソラリーフラップでの案内でした。


少し前まで第1ターミナル案内所にあった、ソラリーフラップです。到着口に液晶が設置されたのでいつの間にか撤去されたようです。何かパタパタっていう音好きだったんですけどね~


…2階 出発口、売店、レストラン



エスカレーターを登ると天井が高い2階出発ロビーにつきます。
開放感はあるんですが天井のデザインはレトロです。滑走路側にはガラス越しに制限区域があります。


売店やレストランは小規模です(;´д`)
お土産などを買うなら第2ターミナルのそらモールがいいです!


出発口です。小規模でひっそりとしています。


…3階 送迎デッキ、事務所


3階には売店などは無く、人が少なくひっそりとしています。



3階から2階を見下ろしたshotです。



航空会社の事務所などがありました。




送迎デッキは第2ターミナルと違って、窓ガラスではなくフェンスになっています。フェンスの隙間はデジカメや小さめの一眼レフならいけますが、大きめの一眼レフなどになってくると厳しいものかと…
また大型機が駐機する2・3ターミナルは位置的に見えないので、小中型機しか撮影できません。
フェンスなので音とか臨場感があって良いです!


管制塔側


滑走路側


第2ターミナル側


それにしても相変わらず昼間から混雑していました。


JALのディズニー機が着陸!我ながらベストショットです!


反対側に国際線ターミナルが見えます。

因みに夜景はこんな感じです!





…4階 展望室


レトロな感じの螺旋階段を登ると


結構広めの展望室があります。
ここは人が少なくて意外と穴場です!ゆっくりしたいときにはオススメです。マッサージチェアに座って飛行機を見ながらゆったり(〃⌒ー⌒〃)ゞ


…第1駐車場、周回道路




第1ターミナル前にある平面駐車場です。なお国内線ターミナル再編事業では、この駐車場を取り壊して跡地に新ターミナルを建設する予定です。


第1ターミナル前の周回道路です。車線は4車線ありゆったりとしていますが、屋根付降り場はターミナル前にしかないので、横付けの車やバス、タクシーなどが沢山いて混雑しています。


第1ターミナル前の屋根付降り場は、ターミナルに比べてかなり広めに整備されています。


…制限区域



2階の搭乗待合室です。
やはり古いです…
売店が思っていたよりありました。JALやANAの模型は売っていないのに、FDAの模型は売っていました^_^;



搭乗口内の通路です。
第1ターミナルは小規模なため、出発と到着を同じ通路でさばきます。


荷物受取所です。
やはり小規模です・・・
それにしても昔はこれで足りてたと考えると凄いですね。





九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,000から
(2013/4/4 12:30時点)



福岡&北九州空港

中古価格
¥413から
(2013/4/4 22:37時点)





←レポート2 国際線ターミナル


レポート4 国内線第2ターミナル→


福岡空港概要


福岡空港レポート1 福岡空港





・概要

(福岡空港HPからの引用です。)
福岡空港は福岡市博多区板付にある、空港法第4条1項5 号に該当する国管理の拠点空港である、九州で最も乗降客数の多い基幹空港であり事実上の九州国際空港である。(笑)


:年間発着回数は15万5968回(2012年)で日本3位。なお滑走路一本の空港としては日本1位です。

:年間旅客数は1744万人(2012年)で日本4位。内訳は国内線1443万9000人、国際線300万1000人です。

:年間貨物量は241,903㌧(2012年)で日本5位。

:年間貿易額は8983億円(2012年)で日本4位。


国内線は16社25路線、国際線は22社18路線が就航しており、国際線のネットワークは中部に次ぐ規模です。
ハワイやアジア各国への直行便の他、オランダへの直行便も就航しています。将来的にはアメリカ大陸への直行便の就航も目指しているんだそうです!

(画像は福岡県HPからの引用です。)


利用者が多い理由として、都心に近接しており世界有数の利便性誇っているが、その反面 騒音問題や使用時間制限、都心部の高さ制限、周辺が市街地のため拡張が困難などの問題がある。

空港内には、航空自衛隊春日基地板付地区、海上保安庁第七管区海上保安本部福岡航空基地、米軍板付基地を併設する。

余談ですが福岡空港の空港コードはFUK、これが外国人から見たらファック!挑発されてると感じたり感じなかったり…
スペルはFuckだが…





・愛称

愛称はつけられてない。愛称は博多空港とかどうだろうか?福岡空港が基本的な呼び方で、福岡国際空港とも言う。
一部では板付空港、席田飛行場と呼ぶ人もいる。





・滑走路

現在の滑走路は、方位 16/34、長さ2800m×幅 60mで、両側とも計器 着陸装置 (ILS) 装備と なっている。
1本で運用されている。
なお空港運用時間は24時間だが都心に近接しているため、騒音問題の観点から滑走路使用時間は7時から10時までとなっている。(緊急時を除く)
使用時間が6時から11時までで、時間オーバーに厳しい成田に比べ、多少の遅れは許されるんだとか。
発着回数は15万5968回で日本3位、滑走路1本 あたりの離着陸回数は日本1位です。

なお発着容量は14万5000回のためオーバーしており、混雑時の遅れが目立ってきている。
よくロンドン・ガ トウィック空港が3300m滑走路1本で、年間発着回数26万回を処理しているから、福岡ももっと出来ると言う人がいるが、福岡空港は都心に近接しており、使用時間制限があるため比較することは出来ない。
なお、多少の追い風でも都心部を通らないルートの玄海灘側の滑走路16を使用するため、南側からの進入となる34番滑走路への旋回着陸はあまりない。





・アクセス



福岡市営地下鉄空港線の福岡空港駅が国内線第2ターミナルの地下にあります。
なお駅から博多までは5分、天神までは11分と都心までのアクセスの良さが半端じゃない!
余談ですが空港に一番近いJRの駅は、篠栗線の柚須駅です。直線距離で1㎞ちょい位と意外と近いですが使う人はたぶんいないでしょう…


路線バスや九州各地へと向かう高速バスが国内線、国際線両ターミナルから発着しています。


タクシー乗り場も各ターミナルの整備されています。

車では九州道及び都市高速経由で、簡単に空港に来ることが出来ます。太宰府ICからは時間に余裕があれば、都市高速ではなく一般道の方でも良いです。





・歴史

:福岡の空港の歴史

福岡最初の空港、大刀洗飛行場が1919年に開港し、1930年に名島飛行場開港したが、陸上飛行機が離着陸可能な大刀洗が遠いため、1936年に雁ノ巣に開港した福岡第一飛行場(雁ノ巣飛行場)。
なお福岡第一飛行場は戦前の日本最大の民間国際空港であった。


:福岡空港の歴史

・1944年2月に旧大日本帝国陸軍の席田飛行場として建設を開始し、 1945年5月に滑走路が完成したが、8月に第二次世界大戦が終戦を迎えた。
その後、地主達が空港を農地にしたが10月にア メリカ軍により板付 基地として接収。

・1951年10月に民間機の就航が認められ、日本航空が民間航空の航空路線(福岡 -大阪 - 東京)を開設した。
同時に日本航空によって小規模のターミナルが建設された。アメリカ軍からターミナルの建設を許可された土地は現在の国内線ターミナルの敷地の一部で、これが今の国内線ターミナル地区の敷地の狭さの根本的な原因である。

・ 1969年4月に第1旅客ターミナルビルが供用を開始した。

・1970年12月にアメリカ軍から運輸省への移管 が決まり、1972年4月にアメリカ空軍より 大部分が返還され、「第二種空港」として 供用を開始した。

・1974年4月に第2旅客ターミナ ルビルが供用を開始した。

・1981年4月に国際線旅客ターミ ナルビル(現第3旅客 ターミナルビル)が供用を開始した。

・1993年3月福岡市営地下鉄が乗り入れを開始した。日本で唯一地下鉄が空港に乗り入れるている。(羽田は都営地下鉄が京急に乗り入れてくるため含まない、なお成田と羽田を地下鉄で結ぶ計画が実現したら唯一では無くなる。)

・1995年9 月に国内貨物ビルが供用を開始した。(西側地区)

・1999年5月に新国際線旅客ターミナルビル、国際貨物ビルが西側地区にて供用を開始した。

・2009年3月に福岡空港過密化対策として新空港建設ではなく、現地にて滑走路増設に決まった。

(Wikipediaを参考にしました。)




・ターミナル

国内線第1・2・3ターミナルと、国際線ターミナル、貨物ターミナル(国内・国際別々のターミナルがあるが今回は1つとして数える)の合計5つのターミナルがある。
特徴としては他の空港のような航空会社別のターミナルではなく、行き先別のターミナルということである。(理由としてターミナルごとに駐機場に駐機できる航空機のサイズが違うためである)
なお国内線ターミナルは誘導路の複線化国内線ターミナル再編事業によって建て替え・改装される予定である。(2019年度完成予定)

福岡空港国際線ターミナル

福岡空港国内線第1ターミナル

福岡空港国内線第2ターミナル

福岡空港国内線第3ターミナル

福岡空港 貨物地区・管理地区・整備地区・給油地区





・ハブ、拠点、焦点空港としている航空会社

ハブ…

拠点…FDA、SFJ

焦点…JAL

福岡空港は滑走路24時間運営ではなく、発着容量も限界に近いため運営拠点を置く会社は少ないのが現状です。まぁそもそもハブ、拠点、焦点の違いって何なんでしょうね?
過去には福岡市に本社を置くハーレクインエアと壱岐国際航空がハブ(拠点)にしていたが、ハーレクインエアは親会社であるJASのJALとの統合により消滅。
壱岐国際航空は就航後数ヵ月で破産消滅…これは日本の航空会社のなかで最速の記録ヽ(・∀・)ノ





・様々な問題点

福岡空港は都心に近く世界有数の便利な空港である。
しかし、その一方で都心部の高さ制限、夜間発着不可、地代及び騒音対策費用による大赤字、容量オーバーによる増便困難、市街地のため拡張困難、スポット及びボーディングブリッジ不足、夜間発着不可及び増便困難のため航空会社のハブ拠点がおかれない、都心に近接しているため市街地の分離などなど…





・今後の計画

国際線ターミナル拡張計画…2014年4月に北側増築完了予定。

誘導路複線化・国内線ターミナル再編事業…2019年度完了予定。(第1、第2ターミナルが建て替わり、第3ターミナル大改装。)

福岡空港滑走路増設事業…2023年度頃完了予定。(同時に貨物ターミナルの再整備、ANA格納庫の移転もある。)





・関連項目

(私案)福岡空港の国内線・国際線ターミナル一体化




九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,000から
(2013/4/4 12:30時点)



福岡&北九州空港

中古価格
¥413から
(2013/4/4 22:37時点)




レポート2 国際線ターミナル→



ミシュランガイド「福岡・佐賀 2014 特別版」2014年夏に発行!


日本ミシュランタイヤ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ベルナール・デルマス)は本日、新たに『ミシュランガイド 福岡・佐賀 2014 特別版』(日本語)を2014年初夏に発行することを発表します。7年目を迎えた今年、新たに九州に上陸し、『ミシュランガイド 福岡・佐賀 2014 特別版』を発行することを決定いたしました。

福岡県、佐賀県は九州北部に位置し、古くから海外との繋がりも深く、歴史のある土地です。佐賀県には吉野ヶ里遺跡も発掘されています。福岡は九州の商業の中心地で、九州各地から集まる新鮮な食材が豊富です。またこのエリアは玄界灘、有明海の豊富な魚介類、広大な筑紫平野からとれる米に代表される数々の農作物や畜産物など質のいい食材も数多くあります。現在、ミシュランの専門調査員たちが読者の皆様に自信をもってお奨めできる飲食店、宿泊施設を調査中です。

日本ミシュランタイヤ株式会社 代表取締役社長のベルナール・デルマスは、「歴史や文化、自然豊かなこの土地で新たなミシュランガイドを発行できることを大変嬉しく思います。このガイドが皆様に親しまれ、『福岡・佐賀』の魅力に触れる一つのツールになれたら幸いです。」と語りました。

ミシュランガイドHPからの引用です。


ミシュランガイド公式サイト

いよいよ福岡・佐賀版も発行ですね!
東京や大阪、札幌、広島と有名都市は、既に発売されており福岡はいつになるのかと思っていました。福岡の次は恐らく仙台でしょうね!

そもそもミシュランガイドとは何か?
凄く恥ずかしいことに、私はミシュランガイドを大手タイヤメーカーのミシュランタイヤが、出していることを知りませんでした…てっきりフランスかどっかの高級料理店が調査しているものかと…

既に去年から調査をしているようですが、福岡の料理はどれ程の評価を貰えるんでしょうかね?
ヒルトン福岡シーホークやグランドハイアットといった大手の有名なホテルや高級料亭は、一定の評価を貰えると思います。
ミシェランによると5つの基準は、素材の質 ・調理技術の高さ、味付けの完成度 ・料理の独創性 ・コストパフォーマンス ・常に安定した料理全体の一貫性だそうです。店の大きさや綺麗さなどは評価に含まれないものかと思われます。これは屋台や小さなお店にとっては良い話ですね。

気になるのは、福岡の食文化がどれぐらいの評価を貰えるかです。うどんは美味しいけれど、技術や独創性的に難しいかと思います。水炊きや持つ鍋は高級料亭などで一定の評価が貰えるかと(^-^)

ラーメン屋や屋台の評価がどうなるでしょうかね?一蘭などの有名店は一定の評価が貰えるとのかと。問題は美味しいけどあまり知られていない店をミシェランが気づくかです!裏手にある店なんかが凄く美味しかったりするし。まぁ自分の行きつけのあまり知られていない店が、評価されて行列ができるのは、何とも言えませんが…
屋台はどうなんでしょうか?ラーメンなどは店によって違い独創性があるのですが、他の料理に料亭のような独創性があるかと言うと何とも言えません…
言わゆる居酒屋のような、ざっくりしているけれど美味しい料理が、どの程度評価されるかにかかっているものと思います。屋台やラーメン屋に星が付けば、観光地として更に賑わうと思うので、是非とも星を付けて貰いたいですね!

(画像は私の大好きな「長浜屋台やまちゃん」のラーメンです。)

これを機に福岡や佐賀の料理や食材が世界中に広まると良いですね!
これといった観光地が無いだけに、料理という観光資源はとても大事ですし!


スカイマーク福岡~茨城線就航


スカイマークによると2014年4月18日より福岡~茨城線を就航すると発表しました。
~新路線「茨城-福岡線」「茨城-名古屋(中部)」を運航~(PDF)
福岡-茨城線は、1日2往復4便で福岡発が12時50分と17時50分で、茨城発は10時15分と15時15分です。
ビジネス客向けの時間ではないように思えるので、たぶん観光客向けでしょうね。茨城と福岡両県の交流が活発になると良いですね!

スカイマークと言えば福岡~羽田線で初就航した元祖LCCですが、最近はもっと安いピーチやジエットスターにおされており心配していましたが、他のLCCがいない路線に新規就航をして巻き返そうとしているようです。更に3月末には、主力の福岡~羽田線に全席が上級クラス(グリーンシート)のエアバスA330ー300を入れて、スターフライヤーのように格安高級航空への転換をはかっているようです。
これによって現在の機体から大幅に座席数が増えるので、減便の可能性もあり得ます。他社が座席数を減らして増便しているなか、不思議な動きをする会社ですね( ・∇・)
正直福岡空港の羽田便は多すぎるので、減便して他の路線を開設してもらいたいです。
将来的には福岡からの国際線も就航してほしいですね!


西鉄に太宰府観光列車「旅人 たびと」登場!


(記事内の車両完成イメージ画像は太宰府観光列車「旅人ーたびとー」誕生 PDFからの引用です。)
西鉄が太宰府観光列車「旅人 たびと」を3月のダイヤ改正より登場させることがわかりました。
旅人は、現在の特急車両8000系の1編成を3500万円かけて外装・内装共に大幅に改装した車両であり、新造車両ではありません。
九州で観光列車と言えばJR九州が有名ですが、西鉄もそちらに力を入れてきたのでしょうか?
沿線にJR程の観光地が無く、通勤通学輸送が主の西鉄ですが、よくよく考えてみると太宰府や柳川、グリーンランドなど有名な観光地は結構あります。中でも太宰府は断トツ有名で観光客もかなり来ますし、今後観光に力を入れていくのかも知れませんね。

さて観光列車と言っていますが、実は太宰府行き特急では無く、急行なんです。昔福岡~太宰府の直通急行があったので、今回のはそれの復活とも言えます。観光輸送だけでは不安だったのでしょうね… 確かに福岡~大宰府の特急で6両の車両というのは過剰な気もしますし…
二日市での乗り換えが不要なため、観光客にとっては良いでしょうね!

ダイヤは、平日が福岡9時46分発の太宰府行き急行、その後は太宰府~二日市10往復。土曜休日が福岡9時46分発の太宰府行き急行、その後は太宰府~二日市13往復。(※旅人は1編成しかないため、点検の際は他の車両での運用となります。事前にHPでのお知らせがあるそうです。)

思った以上に本数が少ないです… 急行は1日1本で何故か太宰府→福岡がない…
個人的には福岡~太宰府は1日四往復位欲しかったですけどね…
直通観光列車ではなく、太宰府線の観光列車という感じですね。
それにしても観光列車に変更のため、抜ける8000系1編成の特急運用は、今後3000系が担っていくのでしょうか?それとも新型特急車両をもうじき出すのでしょうか?何だか気になります。8000系も古くなってきていますし。5000系の方が老朽化が進んでいますが…8000系は2ドアで貝塚線への転籍も難しいため、今後も今回のように観光列車として利用されていくのかも知れませんね。
料金は西鉄なので特別料金や特急料金は不要です。

旅人とは、太宰府に多くの歌を残した万葉集の代表的な歌人である大伴旅人をもとにしているそうです。大伴旅人って初めて知りました…

この車両の案内は、「太宰府行き急行」ではなく、「太宰府行き急行 旅人」と案内してほしいです!車両に名前も書いていますし、名前を広めるためにも。

和のデザインですね!太宰府にあっていて良いと思います。個人的には、太宰府の名所の絵がないほうが落ち着いて見えるので、和のデザインだけが良かったですけど…


内装は車両ごとに違うテーマになっています。

1号車は貝合わせ…縁結び
2号車は七宝…家内安全
3号車は波兎…安産
4号車は矢羽根…厄除け
5号車は亀甲…健康長寿
6号車は梅…合格

全ての車両に乗れば、とても良い人生というか完璧な人生を過ごせそうですね!笑
先頭車の前方(前から3列)の座席は、梅模様の特別シートになるそうです。今でもとても座り心地の良いシートなのに更に良くなるんですね!見た目も座り心地も(*´∇`*)
3号車には、太宰府のパンフレットや物産品の展示スペースとなるディスプレイキャビネットや記念スタンプが設置されるそうです。観光列車って感じですね!他にも本来広告を貼るところにも、太宰府の名所紹介のポスターなどを貼って、外装・内装共に太宰府一色に染まります(^-^)
また、ポスターなどは英語以外にも、福岡に観光しに来る事の多い中国人や韓国人にもわかりやすいように、中国語や韓国語でも案内するようです。

将来的には、旅人を2編成での運用にして直通急行の増便又は、特急への格上げなどしてほしいですね!
欲を言えば専用の新造車両を!(о´∀`о)




プロフィール

I Love地元

Author:I Love地元
福岡(福岡都市圏)の再開発や交通について書きます。
まだ学生なので更新が気まぐれですが、一週間以上は空けないようにします!
画像をしようする際は、引用元を明記してください。
当ブログのリンクはフリーです。
同分野の相互リンクは大歓迎です!コメント欄の管理人のみ閲覧の設定にして連絡下さい。

最新記事一覧
子供病院跡地の現状とこれから May 30, 2017
旧大名小学校跡地再開発における民間提案公募がすごい! May 28, 2017
貨物ターミナル移転整備事業:工事状況part1 May 23, 2017
福岡空港貨物ターミナル移転整備事業 May 23, 2017
(仮称)近鉄博多ビル May 22, 2017
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
九州・沖縄地方
6位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Amazon

地域批評シリーズ9 これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥853から
(2017/1/7 13:05時点)

これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:06時点)

Nゲージ A7992 福岡市地下鉄1000系・ワンマン改造 6両セット

新品価格
¥28,480から
(2017/1/7 13:08時点)

Nゲージ A7995 福岡市地下鉄1000N系・後期更新車 6両セット

中古価格
¥22,800から
(2017/1/7 13:09時点)

徹底解析!!JR九州 (洋泉社MOOK)

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:11時点)

JR九州のひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:11時点)

Nゲージ 10-813 813系200番台 3両セット

新品価格
¥9,026から
(2017/1/7 13:12時点)

Nゲージ 30518 JR九州817系2000番台増結2両編成セット (動力無し)

新品価格
¥10,498から
(2017/1/7 13:13時点)

西鉄電車・バスのひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:14時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 3両セット

新品価格
¥4,000から
(2017/1/7 13:15時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 2両セット

新品価格
¥2,700から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ 西日本鉄道1300形 新塗装 アイスグリーン ディズプレイモデル

新品価格
¥6,000から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ A6650 西鉄5000形 第2編成・登場時 (黄帯) 3両セット

新品価格
¥14,500から
(2017/1/7 13:17時点)

Nゲージ A6652 西鉄5000形 旧社紋 4両セット

新品価格
¥27,240から
(2017/1/7 13:18時点)

Nゲージ 西鉄600形 宮地岳線 3両セット 黄色 赤帯 ディズプレイモデル

新品価格
¥4,500から
(2017/1/7 13:19時点)

トミーテック 全国バスコレクション JB004 西日本鉄道

新品価格
¥761から
(2017/1/7 13:19時点)

九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,057から
(2017/1/7 13:21時点)

テクノブレイン ぼくは航空管制官4福岡

新品価格
¥8,423から
(2017/1/7 13:21時点)

るるぶ福岡 博多 天神'17 (国内シリーズ)

新品価格
¥907から
(2017/1/7 13:23時点)

広告