コアマンション大手門タワー


高さ:91.8㍍
階数:地上27階建て
竣工:2003年9月
所在地:福岡市中央区大手門一丁目


昭和通りからのshotです。高さはそこまで高くないんですがどっしりとしていて迫力があります。


明治通りからのshotです。
大手門のオフィス街の奥にド~ンとそびえたっているユニカのタワーマンションです。
FFGビルのすぐ近くにあります。


さらに近くからのshotです。角の窓ガラスの部分が印象的です。


長浜側からのshotです。


昭和通りの離れたところからのshotです。

ユニカといえば東区香椎浜にタワーマンションの建設計画がありますがどうなったんでしょう?
確か日本一の街をつくるとかいう壮大な計画だったんですけどね…
そもそもユニカ自体生きているか不明なんですけどね… 倒産情報したとの情報はないがHPのお知らせの最終更新日が2009年4月で終わってるんですよね(^-^;と思っていたら最近更新された!
噂では別の中古販売の会社をつくり社員を移して営業しており、既にユニカはもぬけの殻との話も((((;゜Д゜)))
どうなっているのかさっぱりわかりません。
香椎浜開発計画


スポンサーサイト

ディーウィング・ベイタワー


高さ:99㍍
階数:地上31階建て
竣工:2006年9月
所在地:福岡市中央区港1丁目

ベイタワー名前のとおり海が目の前です。浜ではなく港ですが…
立体駐車場の他、ローソンがあります。
過去には「天空の足湯」という名の無料の足湯もありましたが今は営業していません。(上の画像の左下)
天空なのに高いところにあるわけではなく、そもそも誰が使うのか?


荒津大橋も見えて綺麗でした。


南側からのshotです。右下にローソンがあります。何か買いたいときにエレベーターでおりるとローソン!


同じく南側の少し離れた所からのshotです。左の独特の壁はラブホです。都心にかなり近いのですが夜この辺りを一人であまり歩きたくはないです…


ふくおかフィナンシャルグループ本社ビル(福岡銀行新本部ビル)


高さ:86㍍
階数:地上14階建て
竣工:2008年3月
所在地:福岡市中央区大手門一丁目


昭和通り西側からのshotです。
明治通りと昭和通りの間に挟まれた大手門地区にそびえ立つかなりゴッツイビルです。
左上には会社の略称のFFGのマークがあります。
ふくおかフィナンシャルグループは福岡銀行・福岡市、熊本ファミリー銀行(熊本銀行)・熊本市、親和銀行・佐世保市を子会社にもち地方銀行で一番の総資産もつ会社です。


昭和通り正面からのshotです。
低層階は公開広場(パブリックガーデン)になっています。
そもそもこのビルを造った理由は天神にある福岡銀行の本店ビルがかなり広い公開広場を造ってしまったため、床面積が狭く業務を集積することができなくなったからだったんですけどね。(天神本店ビルの建て替えも検討されたが、建て替える際は容積率の関係から周辺のビルと同時が良いと決断されたため大手門に新築した。)




正面から見た公開広場・正面玄関です。
天神本店よりは小さいけど、こんなに公開広場とっても良かったのでしょうかね?多分容積率の関係でしょうけどね。
公開広場と言っても一般の人は何だか居づらいです…


裏側の駐輪場です。何だかモダンな感じでカッコいいです。


明治通り正面からのshotです。
目の前には大濠公園と福岡城があります。


大濠公園・福岡城側からのshotです。
堀の水にビルが映っていて綺麗です!


水に映ったビルが全部入らなかったのでもう1枚。

とても良い環境にあるビルだと思います。幹線道路二本に挟まれていて、地下鉄大濠公園駅から徒歩約3分位です。
大濠公園に隣接しているので花火大会は特等席ですね。
大手門地区は天神周辺から続いてきたオフィス街になっており結構高いビルがたくさんありました。



福岡LRT構想

かなり前、2008年の時ぐらいに西鉄の経営計画で2018年までに福岡市内でのLRTの運用について調査すると言っていましたが動きがありません。

考えられる理由は、渋滞の悪化を恐れる福岡市との交渉が上手くいっていないのか、お膝元天神地区の再開発の方に力を入れていることでしょうね。

そもそもLRTとは何なのか?

(Wikipediaからの引用です。)
LRTとはライトレールトランジットの略で、簡単にいうと次世代の路面電車です。上の画像の富山ライトレールがLRTというのを世に広めました。

*メリット

…低コスト
1㎞あたりの建設費はざっくりこんな感じです。
LRT10~20億円
モノレール200億円
地下鉄400億円
一目瞭然でLRTが安いですね。

…バリアフリー
一部のバスとは違いノンステップで乗れる。

…環境に良い
バスとは違い排気ガスを出さないため環境に良い。路面を緑化すれば更なる効果も。

…バスとの連携
バスとの連携による利便性の向上。

…渋滞の減少
バスの減少による渋滞の減少。

…地域活性化
地下鉄とは違い駅の間隔が短いため沿線が連続して賑わいが創出されます。それによる地域の活性化も予想できます。

…騒音がない
殆どの車両が消音のため騒音が発生しにくい。

…安定的な定時制
バスの様に渋滞にまきこまれることなく安定的な定時制を確保できる。

等々書き始めたらきりがありません。

*デメリット

…渋滞
LRTの線路を道路の一部に建設するため車線が減少しそれによる渋滞が発生する。

…輸送人員が多くない
地下鉄やモノレールと違い一度に多くの乗客は運べない。

…速達性に優れない
地下鉄と比べて車両本体のスピードの違いもあるが、LRTは路面に敷設するため最高速度が低いので速達性には優れない。

このようにデメリットも意外とあるがメリットの方が圧倒的に多い。


さて当時の記事には都心の環状線とWF地区への路線を検討しているようです。

赤色環状線
青色WF線
これは私が予想する路線図です。
環状線は旧西鉄福岡市内線循環線を参考にしました。博多駅は駅前広場内に駅を設置、ベイサイドプレイス周辺は博多港長期構想にあったサンパレスの移転もしくは撤去による大博通りの延伸を想定しています。場合によっては点線で描いている那の津通りにすることも。
WF線は環状線からマリンメッセや博多港国際線ターミナルを結ぶ路線です。中央ふ頭の再開発を後押しするかも。

他にも西新・唐人町~百道浜、千早~アイランドシティ環状線などできたら良いですね。いっそ天神から那の津通り経由の百道浜でもいいかも。


実現したらかなり便利になりそうですが課題はたくさんあります。

先ず渋滞対策です。
路面に敷設するため必ず出てくる問題です。車線を減らさないように自動車との併用にするとLRTの利点である定時制の確保が難しくなります。
これを解決するにはバスとの連携が重要になってくると思います。現在行き先別にバラバラになっている路線バスのバス停を将来的に福岡ビルを建て替えたりしたときにビル内に統合してそこをLRTとの乗り換えの拠点にする。もしくは各バス停ごとにLRTとの乗り換えを便利にしLRTのみが都心部に乗り入れる様にする。
他にもLRTを道路の中央ではなく両サイドにすることによって電停と歩道を併用することができ、中央に電停の敷地を確保しなくても良くなるので車線減少を最小限に抑えることができます。

次に景観対策です。
車両は近未来的な車両が良いでしょう。案外レトロなのも良いかも。
路面は芝生で緑化すると景観的にも環境にも良いです。架線は現在開発されているバッテリー式の車両が実用化されると架線を張る必要はなくなります。

課題は他にもたくさんあると思いますが、LRTは交通の利便性を高め回遊性が高まります、また駅間が狭いため連続して賑わいが創出できるので地域活性化にもなります。
どうなるかはわかりませんが実現することを願います!!

LRT-次世代型路面電車とまちづくり- (交通ブックス)

新品価格
¥1,890から
(2013/4/4 23:33時点)



LRTと持続可能なまちづくり―都市アメニティの向上と環境負荷の低減をめざして

新品価格
¥4,410から
(2013/4/4 23:34時点)



西鉄電車おもいでアルバム―昭和晩年の福岡市内線・大牟田線急行電車・宮地岳線

新品価格
¥3,990から
(2013/4/4 23:35時点)





福岡空港による高さ制限


福岡市の風景を見て、何か違和感を感じることは無いだろうか?

そう日本有数の大都市であるにも関わらず、高層ビルが都心部にないのだ!

そもそもビル・高層ビル・超高層ビルの定義は曖昧だ、広辞苑をはじめとする幾つかの辞書では、「15階以上、100㍍以上を超高層建築物と呼ぶことが多い」としている。
因みに日本の法律に超高層という言葉はないので、建築基準法第20条第1号(高さが60mを超える建築物には様々な基準が設定される)をもとに高さ60m以上の建築物を超高層建築と呼ぶこともある。
このようにかなり適当なので、当ブログでは60㍍以上を高層ビル、150㍍以上を超高層ビルとします^_^;^_^;
なお当ブログの福岡市の高層ビルギャラリーでは高さ80㍍以上を取り扱うようにしています。そうじゃないと多いんで^_^;
なおこれに基づくと福岡市に、超高層ビルは存在しないことになります。


原因としては、よく支店経済都市だからと言う人がいる、確かに福岡市にはみんなが知っている有名な企業というものがあまりない・・・・・




パッと思い付くのはやはり「七社会」、地元財界の仕切り役のような存在で、九州電力、九電工、西部ガス、 福岡銀行、西日本シティ銀行、西日本鉄道、JR九州の七社で構成されている。
しかし、これを見てわかるように何となく公共性の高い企業の集団である。
(画像は上からFFG本社ビル、西日本シティ銀行本店、JR九州本社)

京都の任天堂や愛知のトヨタ、広島のマツダの様な有名企業はないのだ。
ロイヤルホールディングス(ロイヤルホストなどのファミレス運営、ファミレス業界の御三家)やプレナス(持ち帰り弁当大手のほっともっと、その他外食チェーン)、コカコーラウエスト(日本最大にして世界有数のボトラー)、三井松島産業(海外で炭鉱事業)などの企業はある程度有名だが…
あとレベルファイブ(ドラクエやレイトンなどのゲームソフトで有名)も!
福岡市で創業したソフトバンクが、本社を東京に移転しなければ良かったんでしょうが・・・(笑)

有名企業の点では、福北大都市圏の工業都市北九州市のほうが上かも知れない・・・
TOTOやZENRINの本社があるし(^.^)

話が脱線してましたヽ(・∀・)ノ
実際に札仙広福の中では、企業の本社数は一番多いため、ある程度の数の高層ビルを建てる力があると思う。
地元に建てる力が無くても、東京の企業が投資や開発をするし。
もしかしたらアジアに近いから、外資が入るかもしれないし。
そもそも全フロアオフィスじゃなくてもいいと思う。実際に地方都市の高層ビルの殆どは、ホテルやマンションなども入った複合ビルだ。
どちらにしても超高層はどうだろうか?



最大の問題は都心に近接している
福岡空港による高さ制限だ!!!

と強気で言ってみたが、実際高さ制限は必要だ!無かったら大変なことになってる・・・・・
まぁ当たり前のことだがヽ(・∀・)ノ
その高さ制限が、どれぐらい厳しいかというと。

(画像は大阪航空局からの引用です。)
このように福岡市のほぼ全域、福岡都市圏の8割近い地域に高さ制限があります。

地区別の詳しい情報は福岡空港高さ制限回答システム

特に福岡市都心部は、かなり厳しい制限になっています。
九州最大の繁華街で、西鉄のお膝元である天神では、高さ約65~75㍍制限… 地上14~18階建てに相当(容積率の関係で殆どのビルは60㍍位)。
九州における新幹線や特急の拠点駅である博多駅やその周辺のオフィス街及び中州などは、高さ50~60㍍制限 …地上11~14階建てに相当(博多駅ビルはジャスト60㍍)。

その一方で、都心の周りにある副都心の香椎・千早が約130㍍制限、西新・シーサイド百道などでは約150㍍制限であるため、場所にもよるが高層ビルが建ち並んでいる。(南部副都心の大橋は、空港に近く都心部よりも、かなり厳しい約54㍍制限になっている。)

他にも、長浜や大濠にもタワーマンションや高層ビルがある。
アイランドシティ・香椎浜地区には、高層ビルこそは樹立していないが、福岡県下2位の高さを誇るアイランドタワー(145.3㍍)があり、更にそれを上回る高さのタワマンの アイタワー 建設計画とイオン香椎浜裏の旧ユニカ開発地に、32階建て135㍍のタワマンの建設計画があります。


大濠・長浜の風景

シーサイド百道にある福岡タワーは、高さ234㍍だが150㍍より上は鉄塔のため、特別に許可されている。(※航空法の高さ制限は鉄塔を建てる場合は許可されることがある。)
なおタワー展望室が、高さ120㍍にあることから、景観を守るためタワー付近は、約100㍍に制限されている。

これによって、福岡市街は都心部が低層で、副都心が高層という変わった景観になっている。



新都心的な存在のシーサイド百道地区



近年急激に発展してきている香椎・千早地区


高さ制限によって、福岡市都心部は現在、大規模な再開発を行えなくなっているのである。
例えば、天神ビル(地下にある変電所がネックとの話も)や福岡ビルなど容積率の決まりができる前にできたビルは、既に築50年位になっているが、未だに建て替えの計画がない・・・・

理由としては、ビルを建て替えると高さ制限+容積率がかかってしまい、現在よりも小さなビルしか建てれないからです。
福岡市も容積率を緩和したりして、建て替えを促しているが、緩和されてもワンフロア分位しか増やせないため、実際はあまり効果なし^_^;

2009年に20年間議論されていた福岡空港の海上移転もしくは現地拡張で、知事と市長が現地拡張を支持し、現在2本目の滑走路のアセスが進行中、これにより福岡市の高さ制限撤廃は、事実上不可能となったため、現在経済界が高さ制限の緩和を求めています。
簡単に言えば、現地拡張が決定して福岡の未来は、消えたということです・・・・ ちょっと言い過ぎかな^_^;

なお国土交通省の調査では、福岡市天神・博多の高さ制限が撤廃されたときの地価総額は、最大で3兆円となることが予想されており、かなりの経済効果になることがわかっています!
だが市民は利便性を捨てきれず、お役所は利権柄みで、現地拡張になってしまった・・・・

さて高さ制限の緩和は、随分前から要求されているが、一向に実現する見通しがたたない・・・・・
何故ならば、飛行機が滑走路34使用時に、天神地区を通って南下するアプローチルートになっているからだ。
天気が悪いときには、特に低い位置を飛ぶため、都心部上空をビルすれすれに飛行するのだ(>_<)
正直あの状態で緩和できたとしても、せいぜい10㍍位だろう^_^;

:現在のアプローチルート

青色…滑走路16使用時(市街地をあまり飛ばないルート)
赤色…滑走路34使用時(市街地及び都心部を長時間飛行するルート)
これをみてわかる通り34使用時は都心部を貫いて飛行している。
もちろんある程度強い風でも16を使用するようにしているが…

そこで滑走路34使用時のアプローチルートを変えれば大幅な緩和が可能かと思います。

:提案するアプローチルート

赤色…西側ルート 脊振山地に沿うように飛行して春日・大野城上空で旋回して着陸します。
青色…東側ルート 糟屋郡上空を通過して太宰府周辺の平野部で旋回してから着陸します。

どうでしょうかこの案は?

西側も東側も市街地・都心部はなるべく飛ばないルートです。
これなら都心部で特別に緩和することが可能だと思います。
例えば博多付近で150㍍以内、天神で250㍍以内とか(^o^)
これぐらいまで緩和されたらいいんですけどね~
福岡の経済規模だと(^-^)



それが駄目なら、航空法で唯一例外が認められている、鉄塔の高さまで緩和することは駄目だろうか?

天神の北の方、長浜にあるKBC放送会館に東京タワーの様に見えなくもない大きな電波塔がある。

(KBC放送会館 画像はWikipediaからの引用です。)
この電波塔の高さは何と約160㍍!
しかし、この電波塔は現在使われていないのです。

福岡タワーが出来た後は、予備として管理していたが、西方沖地震で先端が曲がってしまったため、先端を撤去しペンキを塗り直し現在に至っている。
(航空法で先端は赤じゃなくてはならないとかいう決まりがあるため、ペンキを塗り直したと思われる。)

本来なら使っていなくて先端が損傷したのだから、撤去しても良さそうだが、何故か残っている。
恐らくKBCのランドマーク的な存在になっているからだろう…
(下の方に一部付いているパラボラアンテナとお天気カメラの為に、残したっていうのが現実的だろうが・・・)

さて話をもとに戻すと、航空法で鉄塔が例外になっている理由は、高さ制限でビルの高さがその高さにきちんと揃っている状態で、鉄塔もその高さに規制すると勿論電波障害が起きてしまうからである。
そのため、ビルは本来の高さ制限よりも低く制限して、鉄塔を本来の高さで規制しているものと思われる。

しかし、前述した通り現在のKBCの電波塔は不必要なものになっている、従って電波障害を気にする必要もないということは、周辺に約160㍍のビルを建てても良いのでは?
というのが私の考えだ!

他の都市と比べると約160㍍は、低いように思えるが、今の制限の二倍以上の高さのため、その効果はかなりあると予想できる。


これを実現するには、レソラ天神の裏にあるNTT天神ビルの電波塔(現役使用中?)を移転撤去させる必要がある。
アイランドシティとかに、電波塔とビルが一緒になったようなビルを建てたらいいかも!
(画像はストリートビューからの引用です)


もっともな話、将来的に航空機がみんなオスプレイみたいな垂直離着陸が可能になれば高さ制限なんて消えるんですけどね。


てことでこんな感じの事を書いて福岡市に提案したら。

担当ではないので大阪航空局福岡空港事務所に渡すそうです。
期待していいのかわかりませんが期待します。

市や県がもっと積極的に国に意見すれば何とかならなくもないと思うのですが・・・
例えば同じく大阪梅田地区で航空法による高さ制限の緩和を訴えている、大阪市と協力するとか。


福岡市の景色を見て福岡らしいとか、これが良いとか言う人もいますが、それは京都のように超有名な寺や神社があればの話です、それがない福岡では、観光=商業という結び付きは絶対です。(博多には実際有名な寺がありますがPR不足、福岡城は天守閣の存在が不明なため期待はあまりできない)
商業がより盛んになるには、都心部の発展や再開発の推進が不可欠です。
その点、補助金などのようなお金をかけずに、街を発展させることが可能な高さ制限の緩和は、非常に大きな効果を発揮することができると僕は思います。
他にも高層ビルは、来福してきた人に大きなインパクトを与えることもできますし。
しかし、上の画像の風景の様に、綺麗に揃っているビルの中にポツポツと高層ビルが建つのは景観的にも微妙なので、博多・天神の駅前周辺の都心部のみを緩和することを願います。

九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,000から
(2013/4/4 12:30時点)



福岡&北九州空港

中古価格
¥413から
(2013/4/4 22:37時点)









 

中央区港1丁目にタワーマンション建設か?


(画像はストリートビューからの引用です。)
当ブログに寄せられた情報やネットなどの情報によると、福岡市中央区港1丁目のどっかのテーマパークのアトラクションみたいな外観の「チャペルココナッツ ホテル&リゾート」の横にある平面駐車場にタワーマンションを建てる計画があるようです。
まだディベロッパーや規模はわかりませんが、航空法による高さ制限
天神に比べて緩和されており約100㍍の高さまで建設可能なので、恐らく80㍍以上の規模になると思います。
周辺に二棟建っているタワマンのディーウィングシリーズかもしれません。


赤色の線で囲んでいる場所が建設予定地と思われるところです。

周辺には高層オフィスビルの東芝福岡ビル、タワーマンションのディーウィング ハーバービュータワーディーウィング ベイタワーがあります。
環境はホテルや倉庫、パチンコ店や居酒屋、屋台などがあり微妙ですが、海が見えて都心やシーサイドももちの夜景も見えます。
交通の便は駅から離れているので微妙ですが、バス停が近くにありますし天神まで自転車で数分です!

詳しい事は詳細が発表されてから書きたいと思います。



福岡空港国際線ターミナル増床事業

・計画概要


完成イメージ画像です。
画像は空港HPになかったため、西日本新聞から引用させていただきました。


赤線で囲んだところに建設される予定です。


・将来拡張を勝手に想像

現実的な将来の拡張予想図(あくまでも私の予想です。)
北側の遊休地を有効活用するためにL字型にしました。
ボーディングブリッジ付き駐機場は11ヵ所、ボーディングブリッジの付いてない駐機場は2ヵ所です。(貨物専用としての利用も可)
青色増築ターミナル
赤色駐機場
茶色増設予定の滑走路
緑色誘導路
紫色貨物ターミナル地区


理想的な将来の拡張予想図(あくまでも私の予想です。)
敷地を最大限に有効活用できますが、ターミナルの増改築が大規模です。
ボーディングブリッジ付き駐機場は12ヵ所、ボーディングブリッジの付いてない駐機場は2ヵ所です。(貨物専用としての利用も可)
青色増築ターミナル
赤色駐機場
茶色増設予定の滑走路
緑色誘導路
紫色貨物ターミナル地区


・建設現場

8月下旬に撮影しました。


いつ頃着工されたのかはわかりませんが、クレーン車が作業をしており来年4月の完成に向けて急ピッチで作業進められていました。

2013年10月10日




・福岡空港国際線ターミナル増床 来年4月から運用開始

福岡空港のターミナルビルを管理運営する福岡空港ビルディング(福岡市)が、国際線旅客ターミナルビルの北側に新たに別棟のターミナル施設を建設することが10日、分かった。
中略
7月に着工、来年4月に運用を始める。
中略
新しいターミナル施設は鉄筋コンクリート平屋で延べ床面積845平方㍍。現在のターミナルビルと渡り廊下でつながり、駐機場の航空機までは最短で歩いて1分程度に短縮できるという。
施設には搭乗口や250席の椅子を設置し、売店や授乳室なども備える。同社は「アジアを中心に国際線の便数は今後も伸びる。将来は2階部分や搭乗橋を増築し、さらに改善したい」としている。

西日本新聞2013年6月11日朝刊からの引用です。(引用元の記事です)

以前から構想はありましたがこんなに早く動くとは(゜〇゜;)
福岡空港国際線は混雑していますからね。

飛行機を降りてターミナルまでのあの歩きはちょっと怠かったから(特に雨の時)良かったです。

ターミナルは椅子が多く売店があるのでなかなかの規模のようです。
ただ平屋でボーディグブリッジがないというのは残念です…
恐らく初期投資を抑える為なのでしょうね。
実際福岡空港は今、滑走路増設事業誘導路複線化事業・国内線ターミナル再編事業が行われており資金を沢山使えないだろうし。

それにしても着工時期といい完成時期といいなかなかスピーディーですね。

まぁなるべく早く2階部分の増築とボーディングブリッジをつけて欲しいです。

2013年6月11日




福岡空港レポート2 国際線ターミナル



・基本情報

福岡空港国際線ターミナル
併用開始 1999年5月
構造 地上4階
面積 69000平方㍍





・概要

国内線ターミナルが東側にあるのに対し、国際線ターミナルは滑走路を挟んだ西側(米軍基地跡)にあります。
東側に比べ敷地に余裕があるためターミナルもなかなかの規模です。
過去にはヨーロッパへの経由便やオーストリア、ニュージーランドへの直行便もあったが廃止になり、今はアジア中心のネットワークになっている。
2013年4月にKLMによるオランダ直行便が就航しKLMの日本で三つ目の拠点となった。
福岡空港からヨーロッパへの直行便は初!
利用客は300万1000人(2012年)で、3位の中部454万191人(2012年)についで4位の実績である。

最近はボーディグブリッジとスポットの不足が目立っているので、早くターミナルを増築して欲しいものです。

ターミナルは左右対称のように見えるが実は駐車場側から見た右側の方が少し長い。

余談ですがANAとJALなどの国内大手が、福岡空港からコードシェアなどではなく、自社便による運行を行っていない理由として、国内線ターミナルと国際線ターミナルが滑走路を挟んで反対側にあるからだそうです。
例えば国内線ターミナルに到着した機材を国際線で使おうと思うと、混雑している滑走路を横切らなくてはならず、現在の混雑状態だと不可能に近いから。

なお将来構想として国際線ターミナル拡張計画がある。





・就航会社、就航都市

HA:ハワイアン航空
(ホノルル※6月より休止)
DL:デルタ航空
(ホノルル)
JAL:日本航空
(ソウル・バンコク・ハノイ・青島・香港・ホーチミン・上海・武漢)
UA:ユナイテッド航空
(グアム)
TG:タイ国際航空
(バンコク)
CI:チャイナエアライン
(台北)
CA:中国国際航空
(北京・大連・上海)
MU:中国東方航空
(北京・青島・上海・武漢)
CZ:中国南方航空
(浦陽・大連・天津・広州)
PR:フィリピン航空
(マニラ)
VN:ベトナム航空
(ハノイ・ホーチミン)
TW:ティーウェイ航空
(ソウル)
CX:キャセイパシフィック航空
(台北・香港)
KA:香港ドラゴン航空
(香港)
UO:香港エクスプレス航空
(香港)
KE:大韓航空
(ソウル・釜山)
ANA:全日空
(ソウル・北京・釜山・大連・台北・済州・上海・シンガポール)
BR:エバー航空
(台北)
SQ:シンガポール航空
(シンガポール)
OZ:アシアナ航空
(ソウル・釜山・済州)
BX:エアプサン
(釜山)
7C:済州航空
(ソウル)
KLM:オランダ航空
(スキポール)



*今後の就航予定路線

2014年度
KLM:オランダ航空
(スキポール)現在の週3便から増便。

APJ:ピーチ・アビエーション
(韓国・中国)

時期不明
XAX:エアアジアX
(クアラルンプール)


RIT:ゼストエアウェイズ(就航したら日本初)
就航地不明
CEB:セブパシフィック航空
就航地不明
※ゼストエアウェィズが取得した福岡空港の発着枠7便をセブパシフィックが譲れと言って現在揉めているそうなのでどっちになるか不明。
奪い合う理由としては日本はフィリピンからの乗り入れを一部規制しているからだそうです。





・レポート

SKY FESTA in FUKUOKA AIRPORTに行って来ました~に行って来ました~
と言っても終了時間16時なのに会場に着いたのが15時50分でした・・・・ まぁいいんですけどね、もともと飛行機に興味があるわけでは無いので・・・ 飛行機よりターミナルビルの方が興味がありますf(^_^; 福岡空港のパンフレットとか国内線ターミナルの再編事業のブースもぎりぎり見れたのでよかったです。会場は国際線ターミナルだったので写真を沢山撮って来ました。

↑これだけ会場で撮りました。海猿で実際に使っていたスーツだそうです。勿論 仙崎の!(^.^)


やっぱり国際線ターミナルはと~っても広いです屋根が高いし解放感が半端ない!!!国内線ターミナルが狭いだけに。
屋根のスパイン(背骨・軸)は福岡と世界の架け橋をイメージしてるそうです。


換気扇?エアコン?かな~ デザインがカッコ良かったので撮りました(^-^)vジェットエンジンかな?


アイランド式のチェックインカウンターがA~Mまで並んでました。


4階のここがメイン会場になってました。来たときには、催し物は全部終わっていたけど…


4階のイベントや式典がひらかれるところです。


4階のレストランゾーンです。
和食屋とロイヤルホストがあります。やはりショップやレストランは国内線のほうが充実しています。


和食屋からの風景です。


北側の送迎デッキです、同じものが南側にもあります。屋根があるかと思ったけどよく見たらありませんでした~ エンジン音って外で聞くと結構凄い音ですね!


反対側の国内線ターミナルです。


残念ながら目の前のスポットには飛行機はいませんでした。


国際線ターミナルの少し出っ張っている部分も撮って見ました。



南側のちょっとした出窓?みたいな所からのワンショット!景色は……ノーコメント


国際線ターミナルは4階建てで、1階は到着ロビー3階が出発ロビーです。3階には道路が高架になって接続しています。


出発ロビーの中央から屋根を撮りました。


出発口です(^-^)


これは1階の到着ロビーの道路です。


到着ロビーの吹き抜けです屋根まで吹き抜けてます。


2階から見た到着ロビーです。奥に山笠が見えてますね~ 弱冠小さいですね… なんなら屋根高いし飾り山とか置いた方が迫力があるのに~


到着ロビーです。やっぱり出発ロビーの方が迫力がありますね。


到着口です。


福岡市の衛星写真?CG?みたいなのです!


アイランドシティだけズームして撮りました。画質が悪くてすみません(>_<) アイランドシティまだ完成してないのに高層ビルが沢山たってます! トリプルタワーはありませんでした~ しかし、何とヤフードームみたいなドームがありました。ていうかヤフードームの合成か!! この図だとあたかも完成しているように描かれていました。 妄想もほどほどにしてほしいですね… あんなアクセスの悪くて高価な土地にドームですか…バブルじゃないんだから(。-∀-)


渋滞情報の電光掲示板がありましたが都市高速の環状線が開通していませんでしたヽ(・∀・)ノ5号線の野芥までしか開通してなかったf(^_^;


これは到着ロビーの前の道路です。


国内線と国際線と貨物ターミナルを結ぶ無料のバスです。これではない新型のバスがあって内装が通勤電車みたいでした、車内の前と真ん中に2つもモニターがついていていろいろな情報が流れていました。


外から見た国際線ターミナルです迫力があってカッコいいですね。


都市高速からいつも見えていたサッカーボールみたいなタワー、気象ドップラーレーダーだそうです。
これがガラス張りで管制塔だったらカッコいいのに。


北側からのショットです。何かマリンメッセに似ているような似てないような(。-∀-)


バス乗り場です。


何か分からないけど飛行機?戦闘機?が2機並んで飛行機雲を出しながら飛んでました。SKY FESTA関係かな?どなたか知っていたら教えてください(>_<)

・制限区域

出国して最初にあるのは福岡空港最大の免税店です。まぁブランド物に興味のない僕には関係ないですが(^-^)


免税店を正面にフィンガーが左右にわかれています


搭乗待合室です。
なお通路を挟んだ反対側には売店があります。


一番先端の搭乗口の奥の通路です。
なお撮影の時はチャイナエアラインでグアムにいってきました(*´∇`*)
因みにチャイナエアラインは中国ではなく台湾の航空会社です。


チャイナエアラインです。



九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,000から
(2013/4/4 12:30時点)



福岡&北九州空港

中古価格
¥413から
(2013/4/4 22:37時点)





最終更新日2013年4月8日

←レポート1 福岡空港


レポート3 国内線第1ターミナル→


福岡空港概要




プロフィール

I Love地元

Author:I Love地元
福岡(福岡都市圏)の再開発や交通について書きます。
まだ学生なので更新が気まぐれですが、一週間以上は空けないようにします!
画像をしようする際は、引用元を明記してください。
当ブログのリンクはフリーです。
同分野の相互リンクは大歓迎です!コメント欄の管理人のみ閲覧の設定にして連絡下さい。

最新記事一覧
子供病院跡地の現状とこれから May 30, 2017
旧大名小学校跡地再開発における民間提案公募がすごい! May 28, 2017
貨物ターミナル移転整備事業:工事状況part1 May 23, 2017
福岡空港貨物ターミナル移転整備事業 May 23, 2017
(仮称)近鉄博多ビル May 22, 2017
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
九州・沖縄地方
6位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Amazon

地域批評シリーズ9 これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥853から
(2017/1/7 13:05時点)

これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:06時点)

Nゲージ A7992 福岡市地下鉄1000系・ワンマン改造 6両セット

新品価格
¥28,480から
(2017/1/7 13:08時点)

Nゲージ A7995 福岡市地下鉄1000N系・後期更新車 6両セット

中古価格
¥22,800から
(2017/1/7 13:09時点)

徹底解析!!JR九州 (洋泉社MOOK)

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:11時点)

JR九州のひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:11時点)

Nゲージ 10-813 813系200番台 3両セット

新品価格
¥9,026から
(2017/1/7 13:12時点)

Nゲージ 30518 JR九州817系2000番台増結2両編成セット (動力無し)

新品価格
¥10,498から
(2017/1/7 13:13時点)

西鉄電車・バスのひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:14時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 3両セット

新品価格
¥4,000から
(2017/1/7 13:15時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 2両セット

新品価格
¥2,700から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ 西日本鉄道1300形 新塗装 アイスグリーン ディズプレイモデル

新品価格
¥6,000から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ A6650 西鉄5000形 第2編成・登場時 (黄帯) 3両セット

新品価格
¥14,500から
(2017/1/7 13:17時点)

Nゲージ A6652 西鉄5000形 旧社紋 4両セット

新品価格
¥27,240から
(2017/1/7 13:18時点)

Nゲージ 西鉄600形 宮地岳線 3両セット 黄色 赤帯 ディズプレイモデル

新品価格
¥4,500から
(2017/1/7 13:19時点)

トミーテック 全国バスコレクション JB004 西日本鉄道

新品価格
¥761から
(2017/1/7 13:19時点)

九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,057から
(2017/1/7 13:21時点)

テクノブレイン ぼくは航空管制官4福岡

新品価格
¥8,423から
(2017/1/7 13:21時点)

るるぶ福岡 博多 天神'17 (国内シリーズ)

新品価格
¥907から
(2017/1/7 13:23時点)

広告