福岡空港レポート6 貨物地区・管理地区・整備地区・給油地区


福岡空港の旅客ターミナル以外の施設を空港の東側地区、西側地区にわけて紹介します。




・概要

福岡空港は敷地が狭いため貨物地区、管理地区、整備地区、自衛隊地区、米軍地区、海上保安庁地区が東西に点在しています。
滑走路増設の際に西側整備地区を東側遊休地に移転、米軍地区と自衛隊地区の敷地縮小、貨物ターミナルの再編などが行われます。





・レポート東側地区

…管理地区



管制塔です。正式なビルの名前は不明ですが、大阪航空局福岡空港事務所と福岡管区気象台福岡航空測候所が入居しています。たぶん地上6階建てです。
管制塔というか、ビルの上にのってる展望台みたいな感じですね。滑走路に近すぎるからこの形になったそうです。



管制塔の南側に隣接する NSK 西日本空輸の本社と格納庫です。


管理地区のゲートです。


電源庁舎です。空港の電源を管理しているところだと思います。


福岡市消防局博多消防署空港出張所です。
なお航空機の事故の際に消火活動をするのは、大阪航空局福岡空港事務所消防車車庫です。


これより南側には給油地区を挟んでロイヤルエアポートサービスやJALエアテック、大阪航空局福岡空港事務所消防車車庫などの施設があります。
撮影次第アップしたいと思います。

管理地区の滑走路側にはナイトステイエプロンがあります。KBCが放送しているアサデスの交通情報の時に、背景で映し出されています。現状ではかなりいっぱいいっぱいの様です。



福岡空港警察署です。こちらは他の施設と違い国内線第3ターミナルビルの隣にあります。


…給油地区



福岡給油施設(株)福岡空港事業所です。石油タンクが沢山並んでいます。





レポート西側地区

…貨物地区

国内線ターミナルから見た貨物地区です。


左側が国際貨物ターミナル、右奥が国内貨物ターミナルです。


国際貨物ターミナルです。


国内貨物ターミナルです。国際貨物ターミナルと違い2棟あります。


右側も左側も国内貨物ターミナルです。分断されています。

福岡空港は市街地に隣接していて、貨物輸送を行う深夜に飛行機を飛ばせないため貨物専用機は就航していません。
一時期昼間に就航していましたが、貨物ターミナルの使い勝手の悪さなどの理由で撤退しました。

貨物専用機は就航していないものも旅客機の貨物スペースでの輸送が行われており、貨物量は241.903トンで那覇空港に次ぐ5位、輸出入合計貿易額は8983億円で中部に次ぐ4位とかなり上位になっています。
現在の貨物ターミナルは雨天時に作業しづらかったり問題があるので、滑走路増設時の貨物ターミナル再編の際に改善して作業しやすいターミナルにしてほしいですね。昼間の貨物専用機誘致も!


…整備地区

ANAの格納庫です。右側には小型機の格納庫があります。
元々は福岡を拠点にしていたANKの格納庫として建設されましたが、ANKのANA本体への吸収合併後ANAの格納庫になりました。ちょっと前までANKの文字が残っていました。
イベントの時には開放されることもあります。
なお滑走路増設計画によって隣接する小型機の格納庫と一緒に東側遊休地へ移転する予定です。


…管理地区

気象レーダーです。国際線ターミナルの駐車場の横にあります。これがガラス張りで管制塔だったらカッコいいんですけどね。


…自衛隊、米軍、海上保安庁地区

※軍事施設のため近くでの撮影不可。
東側地区からの写真を撮影次第アップしたいと思います。





以上で福岡空港のターミナル紹介レポートは終わりです。今回のレポートは、今後変わっていく福岡空港の今を記録することを目的に作りましたので、国内線ターミナルの建て替え工事の様子及びイメージ画像は福岡空港国内線ターミナル再編計画で紹介します。
建て替え後の新ターミナルは新しくレポートに書く予定です。



←レポート5 国内線第3ターミナル


福岡空港概要


スポンサーサイト

福岡空港レポート5 国内線第3ターミナル





・基本情報

併用開始…1981年4月(旧 国際線ターミナルビル。2000年7月より国内線第3ターミナルビルとして併用開始)

構造…地上3階(一部4階)

面積…30000平方メートル





・概要

1981年から1999年まで国際線ターミナルとして使われていたが、国際線ターミナルの西側移転に伴い改装されて国内線ターミナルになった。
国内線到着専用ターミナルとして使用されているため、航空会社のカウンターなどはない。
セブンイレブンや病院がある。
なお国内線ターミナル再編事業では全面的に改装される予定。
送迎デッキや屋内展望室などはありません。





・就航会社、就航都市

第3ターミナルは到着専用ターミナルのためカウンターや出発口はありません。





・レポート

…1階 到着口、展示ギャラリー、エアプレーンギャラリー、入国管理局



第2ターミナル側にある展示ギャラリーです。ここにはかつて国際線のチェックインカウンターがありました。
またスペースが広いため修学旅行生や団体客集合場所としても使用されます。


エアプレーンギャラリーです。
大型の飛行機の模型が沢山展示されています。ただ古いのが多く最近のはありませんでした… ある意味貴重かもしれませんヽ(・∀・)ノ
今はなき会社の飛行機とか(^.^)


ANAのドデカイ模型です。垂直尾翼に777と書いてありました。 旧塗装なのかな?


これはスカイマークの旧塗装です。


JALの旧塗装の引退した747です。


ANA本体への吸収合併のため消滅したANK エアーニッポンの模型です。
エンジンに描かれているイルカが特徴です。
ちなみに福岡空港にはANK(現在はANA)の格納庫があります。この前までANKのロゴがあったんだけどいつの間にか消えてました…



JALとの合併により消滅したJAS日本エアシステムです。
この飛行機の色好きだったんですけどね~…いつの間にか消えてました…
個人的にはJALのデザインじゃなくて、こっちを残して欲しかったです(>_<)
因みにJAS結構沢山の種類が展示してあります。


JAL系列のJAC日本エアコミューターです。奥にはJAL塗装になる前の藍色と黄色の旧塗装機があります。


飛行機の機体側面部のデザインをしたセブンイレブンです。
ちゃんと窓もついています。




到着ロビーです。かつて国際線ターミナルだったので天井が高くて広々としています。
第3ターミナルの案内所と入国管理局があります。
入国管理局は国際線ターミナルに移転しないんでしょうかね?


東流の山笠が展示されています。


到着口です。液晶に到着便の案内が表示されています。

液晶が取り付けられる前は、このようにソラリーフラップがありました。
(※現存しません。)


休憩所みたいな所には空NETビジョンがあります。空港や福岡と九州の観光地など様々な情報が流れています。
因みにこれは空港内のいたるところにありました。


…2階 ANAラウンジ、展示スペース、医療施設


2階のイベントスペース的な場所です。
ここはもともと国際線出発ロビーだったので、よくみるとその名残が所々にありました。
今は宅配の受付窓口、ANAのラウンジ、展示スペース、歯科、内科、薬局などがあります。


第2ターミナル側です。そらもーる福岡の入り口があります。


第2ターミナ3階からのshotです。やはりかつて国際線ターミナルだったので、天井がかなり高いです。


…第3駐車場、周回道路




第3ターミナル前にある平面駐車場です。
なお国内線ターミナル再編事業では、この駐車場を取り壊して跡地にターミナル2階と連絡通路で繋がった、5階建ての立体駐車場を建設する予定です。
街灯の先端が三本にわかれていました。珍しい!


奥に見えるのは、福岡空港の第1~第3ターミナルの前にあるシンボル的なネオンの看板群です。ちなみに看板には蓄電池がついていてそれを光源にしているそうです。


地下駐車場入口のように見える関係車両専用入口です。




第3ターミナル前の周回道路です。車線は4車線ありゆったりとしていますが、屋根付降り場はターミナル前にしかないので、横付けの車やバス、タクシーなどが沢山いて混雑しています。



ターミナル前の高速バス、連絡バス、路線バス乗り場です。
西鉄高速バスのチケット売り場もあります。


タクシー乗り場です。


第3ターミナルの裏にある空港関係の車両置き場です。


周回道路と空港通りを結ぶ道路です。


ターミナル連絡バス専用道路が奥に見えます。バスが来るとゲートが開きます。


最後に歩道橋から第3ターミナル側のshot


…制限区域

写真がありませんでした。写真を提供していただけたら幸いです。





九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,000から
(2013/4/4 12:30時点)



福岡&北九州空港

中古価格
¥413から
(2013/4/4 22:37時点)





←レポート4 国内線第2ターミナル


レポート6 貨物地区・管理地区・整備地区・給油地区→


福岡空港概要


福岡空港レポート4 国内線第2ターミナル





・基本情報

併用開始…1974年4月(1993年9月より第2ターミナルビルとして併用)

構造…地上5階、地下1階建て

面積…60000平方㍍





・概要

福岡空港国内線の主要路線専用ターミナルです。
そらもーる福岡などがありショップやレストランが充実しています。
福岡空港に関しての展示が多いエアポートミュージアムや、送迎デッキ、夏季限定のビアガーデンなどがあります。
余談ですが第2ターミナルの北半分は、第2ターミナルと第3ターミナルを結ぶ第4ターミナルとして開業する予定でしたが、第2と第3の間に第4がくると変なので第2ターミナルの増築として開業しました。
なお国内線ターミナル再編事業で南半分は移転建て替え、北半分は改装される予定です。
送迎デッキは、全面ガラスの柵のため撮影には不向きです。





・就航会社、就航都市

ANA:全日空
(東京・成田・関西・大阪・札幌・中部・那覇)

IBX:アイベックスエアラインズ
(中部・大阪)

JAL:日本航空
(東京・成田・大阪・札幌)

JTA:日本トランスオーシャン航空
(那覇)

SFJ:スターフライヤー
(東京・中部・関西[休止])

SKY:スカイマーク
(東京・成田・沖縄・新千歳 ・茨城)





・レポート

…地下1階 福岡市営地下鉄福岡空港駅、連絡通路


福岡空港駅から博多駅までは5分、天神までは11分で行けます。
ホームは地下2階にあります。


市営地下鉄1000系です。


地下鉄と相互直通運転をしているJR筑肥線の303系です。


切符売場です。ここはいつも込み合っています。ちょっとしたお土産屋もあります。


各ターミナルを発着する便の情報が表示されています。
右へ行くと第2ターミナル北側と第3ターミナルへの連絡通路があります。
左へ行くと第1ターミナルと第2ターミナル南側へのエスカレーターがあります。

液晶が取り付けられる前は、このようにソラリーフラップがありました。
(※現存しません。)


改札階からエスカレーターで上に上がった、1階と地下1階の間的な所に連絡通路があります。




通路沿いには保安センターと福岡銀行、西日本シティ銀行があります。
途中でチェックインカウンターの会社別にエスカレーターがあります。


連絡通路の終点です。第2ターミナルと第3ターミナルの間辺りに出ます。
非常に変わった形のエスカレーターがありました!


…1階 チェックインカウンター、到着口

1階のチェックインカウンターは、国内主要路線のカウンターと旅行代理店のカウンターがあります。


チェックインカウンターが奥の方まで続いています。


ANAのカウンターです。


JALのカウンターです。


JTB等の旅行代理店のカウンターです。


お洒落なSFJのカウンターです。


黄色が目を引くSKYのカウンターです。
ちなみにSKYのカウンターの一部は第3ターミナルの敷地です。




チェックインカウンターと到着口の間には、お土産屋と休憩所、ラウンジがあります。



到着口です。第2第3ターミナルに到着した場合ここか、第3ターミナル到着口に出ます。


色々な情報が表示されています。


…2階 出発口、イベントスペース、そらもーる福岡




エスカレーターを上がると天井の高い出発ロビー・イベントスペースにつきます。
ガラスが多くて天井が高いので開放感がとてもあります。


出発口(保安検査場)です。液晶で発着便の案内が出ています。


液晶が取り付けられる前は、このように大きなソラリーフラップがありました。
(※現存しません。)



福岡空港のショッピングゾーン「そらもーるFUKUOKA」です。人が多いので写真は撮れませんでした。
九州各地のお土産はそこに行かなくてもここで買えちゃいます!
ちゃっかり薬局もあります。


…レストラン、ラウンジ、屋内展望スペース


エスカレーターを上がるとレストランゾーンの入口に着きます。


ロイヤルです。店内から飛行機を眺めることができます。
福岡に本社を置いているロイヤルホストで有名なファミレスの御三家ロイヤルホールディングスのレストランです。
創業当時のロイヤルは福岡空港への機内食納入、空港内のレストラン、売店運営を主力としていました。今でも国内国際両ターミナルにレストランや売店を幾つも運営しています。



滑走路沿いのお店は飛行機を眺めることができます。
洋食、和食、中華、ファミレス、寿司、ラーメンなど何でも揃ってます。


ラーメン屋、うどん屋、居酒屋等があるゾーンです。
因みにラーメン屋は行列が出来るほど人気のようです。


レストランゾーンに何故かあるお洒落な本屋「SORA BOOKS」です。恐らく店舗スペースが不足していたんでしょうね。
こういう雰囲気の本屋好きです(^-^)



3階から2階の出発ロビー・イベントスペースを見下ろしたshotです。


リラクゼーションやラウンジ、有料休憩所のある場所です。



3階の屋内展望スペースからの風景です。窓際に自販機やベンチがあります。
混んでいたので撮影は出来ませんでした。


…4階 エアポートギャラリー、送迎デッキ




3階の屋内展望スペースから階段を上ると4階のエアポートギャラリーがあります。
ボーイング777や747の詳しい説明やタイヤの展示などがありました。


懐かしきハーレクインエアです。
福岡を拠点にしていた今はなき会社です。親会社JASのJALとの合併の際に消えました。このピエロの様なデザインが好き何ですけどね~




福岡空港の詳しい説明や歴史について書いてあるのがエアポートギャラリーの特徴です。
福岡空港にあった日本初のボーディング・ブリッジの一部も展示してあります。


計画当初の国際線ターミナルでしょうか?今の国際線ターミナルよりも規模が大きいです。
それとも将来的な計画図でしょうか?


ボーイングファミリーの模型です。


広い送迎デッキです。全面ガラス張りのため撮影には不向きです。ガラス対応ならOK!


ここは夏にはビアガーデンになります。


ニュースなどで見そうな風景ですね。



第2ターミナルの送迎デッキは大型機を撮影することが可能です。



離着陸の様子も撮影できます!


逆光状態でガラス越しの撮影はなかなか厳しいかも…


4階と5階の間にある階段から第3ターミナル側見たshotです。


…5階 屋内展望スペース


送迎デッキにある階段を上ると5階の屋内展望スペースがあります。



ガラスはただのガラスではなく、黒っぽいガラスのため撮影は…


…第2駐車場、周回道路




第2ターミナル前にある立体駐車場です。
なお国内線ターミナル再編事業では、この駐車場を取り壊して跡地に新ターミナルを建設する予定です。





第2ターミナル前の周回道路です。車線は4車線ありゆったりとしていますが、屋根付降り場はターミナル前にしかないので、横付けの車やバス、タクシーなどが沢山いて混雑しています。


タクシー乗り場です。


観光バス・高速バス乗り場です。


屋根付降り場は結構広めです。


地下鉄駅へのエスカレーターもあります。


福岡空港の第1~第3ターミナルの前にあるシンボル的なネオンの看板群です。ちなみに看板には蓄電池がついていてそれを光源にしているそうです。
夜になるととても綺麗です!


…制限区域

写真がありませんでした。写真を提供していただけたら幸いです。





九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,000から
(2013/4/4 12:30時点)



福岡&北九州空港

中古価格
¥413から
(2013/4/4 22:37時点)





←レポート3 国内線第1ターミナル


レポート5 国内線第3ターミナル→


福岡空港概要


福岡空港レポート3 国内線第1ターミナル




・基本情報

併用開始…1969年4月

構造…地上3階、地下1階建て(一部地上4階)

面積…19000平方㍍





・概要

国内線第1ターミナルは福岡空港の国内線ターミナル地区の一番南側にあるターミナルです。
現存するターミナルの中では一番古いターミナルです。かなり老朽化が進んでおり国内線ターミナル再編事業で移転建て替えする予定です。
福岡空港における離島・地方、LCC路線のターミナルになっています。
ターミナルの老朽化と、ターミナル前の駐機場と誘導路の間の間隔が狭く、大型機が駐機出来ないなどの問題があるため、小・中型機が多い離島・地方、LCC路線のターミナルになったものと思われる。
売店やレストランは充実しておらずいまいちです…
送迎デッキは、第2ターミナルと違ってフェンスのため、カメラによってはこっちの方が撮影しやすいです。





・就航会社、就航都市

ANA:全日空
(仙台・新潟・小松・福江・対馬・宮崎・石垣)

AMX:天草エアライン
(天草)

APJ:ピーチアビエーション
(関西・那覇)

FDA:フジドリームエアライン
(新潟・信州まつもと・静岡・名古屋)

IBX:アイベックスエアラインズ
(仙台・宮崎)

JAC:日本エアコミューター
(出雲・松山・徳島・高知・宮崎・鹿児島・屋久島・奄美大島)

JAL:日本航空
(仙台・いわて花巻・新潟・信州まつもと・静岡・名古屋・高知)

J J P:ジェットスター
(成田・関西・中部)

ORC:オリエンタルエアブリッジ
(福江)


*今後の就航予定路線

時期不明
SNA:宮崎に本社を置くソラシドエア(スカイネットアジア)は長年福岡進出を計画しており、最近黒字になったため福岡空港進出も近いうちかと。





・レポート

…1階 チェックインカウンター、到着口

1階のチェックインカウンターは、地方・離島路線及びLCC路線のカウンターがあります。

FDAのカウンターです。


JAL(JAC)のカウンターです。


FDAとJALのカウンターのある所から、少し離れた所にANAとLCC各社のカウンターがあります。


ANAのカウンターです。


JJP(ジエットスター)のカウンター
LCCのカウンターらしくスッキリしています。


APJ(ピーチアビエーション)のカウンターです。
こちらもやはりLCCのカウンターらしくスッキリしています。運航が終わっていたため早々とクローズしていました。


少し前までJJPとAPJのカウンターの間に、WAJ(エアアジアジャパン)のカウンターがありましたが、価格競争による業績不振でエアアジアがANAとの
合弁を解消したため、WAJはエアアジアブランドを使用できなくなり、機体も返却するため全路線を撤退しました。現在は社名を変更して、成田と観光地を結ぶLCCのバニラエアとして運営しています。今のところ福岡への就航はありません。

WAJが存在していた頃の写真です。中央奥にマークが見えます。雑な写真ですみません…



到着口です。液晶が設置されており、到着便がわかりやすいようになっています。平日休日いつでも混雑しています。

少し前まで、液晶はなくソラリーフラップでの案内でした。


少し前まで第1ターミナル案内所にあった、ソラリーフラップです。到着口に液晶が設置されたのでいつの間にか撤去されたようです。何かパタパタっていう音好きだったんですけどね~


…2階 出発口、売店、レストラン



エスカレーターを登ると天井が高い2階出発ロビーにつきます。
開放感はあるんですが天井のデザインはレトロです。滑走路側にはガラス越しに制限区域があります。


売店やレストランは小規模です(;´д`)
お土産などを買うなら第2ターミナルのそらモールがいいです!


出発口です。小規模でひっそりとしています。


…3階 送迎デッキ、事務所


3階には売店などは無く、人が少なくひっそりとしています。



3階から2階を見下ろしたshotです。



航空会社の事務所などがありました。




送迎デッキは第2ターミナルと違って、窓ガラスではなくフェンスになっています。フェンスの隙間はデジカメや小さめの一眼レフならいけますが、大きめの一眼レフなどになってくると厳しいものかと…
また大型機が駐機する2・3ターミナルは位置的に見えないので、小中型機しか撮影できません。
フェンスなので音とか臨場感があって良いです!


管制塔側


滑走路側


第2ターミナル側


それにしても相変わらず昼間から混雑していました。


JALのディズニー機が着陸!我ながらベストショットです!


反対側に国際線ターミナルが見えます。

因みに夜景はこんな感じです!





…4階 展望室


レトロな感じの螺旋階段を登ると


結構広めの展望室があります。
ここは人が少なくて意外と穴場です!ゆっくりしたいときにはオススメです。マッサージチェアに座って飛行機を見ながらゆったり(〃⌒ー⌒〃)ゞ


…第1駐車場、周回道路




第1ターミナル前にある平面駐車場です。なお国内線ターミナル再編事業では、この駐車場を取り壊して跡地に新ターミナルを建設する予定です。


第1ターミナル前の周回道路です。車線は4車線ありゆったりとしていますが、屋根付降り場はターミナル前にしかないので、横付けの車やバス、タクシーなどが沢山いて混雑しています。


第1ターミナル前の屋根付降り場は、ターミナルに比べてかなり広めに整備されています。


…制限区域



2階の搭乗待合室です。
やはり古いです…
売店が思っていたよりありました。JALやANAの模型は売っていないのに、FDAの模型は売っていました^_^;



搭乗口内の通路です。
第1ターミナルは小規模なため、出発と到着を同じ通路でさばきます。


荷物受取所です。
やはり小規模です・・・
それにしても昔はこれで足りてたと考えると凄いですね。





九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,000から
(2013/4/4 12:30時点)



福岡&北九州空港

中古価格
¥413から
(2013/4/4 22:37時点)





←レポート2 国際線ターミナル


レポート4 国内線第2ターミナル→


福岡空港概要


福岡空港レポート1 福岡空港





・概要

(福岡空港HPからの引用です。)
福岡空港は福岡市博多区板付にある、空港法第4条1項5 号に該当する国管理の拠点空港である、九州で最も乗降客数の多い基幹空港であり事実上の九州国際空港である。(笑)


:年間発着回数は15万5968回(2012年)で日本3位。なお滑走路一本の空港としては日本1位です。

:年間旅客数は1744万人(2012年)で日本4位。内訳は国内線1443万9000人、国際線300万1000人です。

:年間貨物量は241,903㌧(2012年)で日本5位。

:年間貿易額は8983億円(2012年)で日本4位。


国内線は16社25路線、国際線は22社18路線が就航しており、国際線のネットワークは中部に次ぐ規模です。
ハワイやアジア各国への直行便の他、オランダへの直行便も就航しています。将来的にはアメリカ大陸への直行便の就航も目指しているんだそうです!

(画像は福岡県HPからの引用です。)


利用者が多い理由として、都心に近接しており世界有数の利便性誇っているが、その反面 騒音問題や使用時間制限、都心部の高さ制限、周辺が市街地のため拡張が困難などの問題がある。

空港内には、航空自衛隊春日基地板付地区、海上保安庁第七管区海上保安本部福岡航空基地、米軍板付基地を併設する。

余談ですが福岡空港の空港コードはFUK、これが外国人から見たらファック!挑発されてると感じたり感じなかったり…
スペルはFuckだが…





・愛称

愛称はつけられてない。愛称は博多空港とかどうだろうか?福岡空港が基本的な呼び方で、福岡国際空港とも言う。
一部では板付空港、席田飛行場と呼ぶ人もいる。





・滑走路

現在の滑走路は、方位 16/34、長さ2800m×幅 60mで、両側とも計器 着陸装置 (ILS) 装備と なっている。
1本で運用されている。
なお空港運用時間は24時間だが都心に近接しているため、騒音問題の観点から滑走路使用時間は7時から10時までとなっている。(緊急時を除く)
使用時間が6時から11時までで、時間オーバーに厳しい成田に比べ、多少の遅れは許されるんだとか。
発着回数は15万5968回で日本3位、滑走路1本 あたりの離着陸回数は日本1位です。

なお発着容量は14万5000回のためオーバーしており、混雑時の遅れが目立ってきている。
よくロンドン・ガ トウィック空港が3300m滑走路1本で、年間発着回数26万回を処理しているから、福岡ももっと出来ると言う人がいるが、福岡空港は都心に近接しており、使用時間制限があるため比較することは出来ない。
なお、多少の追い風でも都心部を通らないルートの玄海灘側の滑走路16を使用するため、南側からの進入となる34番滑走路への旋回着陸はあまりない。





・アクセス



福岡市営地下鉄空港線の福岡空港駅が国内線第2ターミナルの地下にあります。
なお駅から博多までは5分、天神までは11分と都心までのアクセスの良さが半端じゃない!
余談ですが空港に一番近いJRの駅は、篠栗線の柚須駅です。直線距離で1㎞ちょい位と意外と近いですが使う人はたぶんいないでしょう…


路線バスや九州各地へと向かう高速バスが国内線、国際線両ターミナルから発着しています。


タクシー乗り場も各ターミナルの整備されています。

車では九州道及び都市高速経由で、簡単に空港に来ることが出来ます。太宰府ICからは時間に余裕があれば、都市高速ではなく一般道の方でも良いです。





・歴史

:福岡の空港の歴史

福岡最初の空港、大刀洗飛行場が1919年に開港し、1930年に名島飛行場開港したが、陸上飛行機が離着陸可能な大刀洗が遠いため、1936年に雁ノ巣に開港した福岡第一飛行場(雁ノ巣飛行場)。
なお福岡第一飛行場は戦前の日本最大の民間国際空港であった。


:福岡空港の歴史

・1944年2月に旧大日本帝国陸軍の席田飛行場として建設を開始し、 1945年5月に滑走路が完成したが、8月に第二次世界大戦が終戦を迎えた。
その後、地主達が空港を農地にしたが10月にア メリカ軍により板付 基地として接収。

・1951年10月に民間機の就航が認められ、日本航空が民間航空の航空路線(福岡 -大阪 - 東京)を開設した。
同時に日本航空によって小規模のターミナルが建設された。アメリカ軍からターミナルの建設を許可された土地は現在の国内線ターミナルの敷地の一部で、これが今の国内線ターミナル地区の敷地の狭さの根本的な原因である。

・ 1969年4月に第1旅客ターミナルビルが供用を開始した。

・1970年12月にアメリカ軍から運輸省への移管 が決まり、1972年4月にアメリカ空軍より 大部分が返還され、「第二種空港」として 供用を開始した。

・1974年4月に第2旅客ターミナ ルビルが供用を開始した。

・1981年4月に国際線旅客ターミ ナルビル(現第3旅客 ターミナルビル)が供用を開始した。

・1993年3月福岡市営地下鉄が乗り入れを開始した。日本で唯一地下鉄が空港に乗り入れるている。(羽田は都営地下鉄が京急に乗り入れてくるため含まない、なお成田と羽田を地下鉄で結ぶ計画が実現したら唯一では無くなる。)

・1995年9 月に国内貨物ビルが供用を開始した。(西側地区)

・1999年5月に新国際線旅客ターミナルビル、国際貨物ビルが西側地区にて供用を開始した。

・2009年3月に福岡空港過密化対策として新空港建設ではなく、現地にて滑走路増設に決まった。

(Wikipediaを参考にしました。)




・ターミナル

国内線第1・2・3ターミナルと、国際線ターミナル、貨物ターミナル(国内・国際別々のターミナルがあるが今回は1つとして数える)の合計5つのターミナルがある。
特徴としては他の空港のような航空会社別のターミナルではなく、行き先別のターミナルということである。(理由としてターミナルごとに駐機場に駐機できる航空機のサイズが違うためである)
なお国内線ターミナルは誘導路の複線化国内線ターミナル再編事業によって建て替え・改装される予定である。(2019年度完成予定)

福岡空港国際線ターミナル

福岡空港国内線第1ターミナル

福岡空港国内線第2ターミナル

福岡空港国内線第3ターミナル

福岡空港 貨物地区・管理地区・整備地区・給油地区





・ハブ、拠点、焦点空港としている航空会社

ハブ…

拠点…FDA、SFJ

焦点…JAL

福岡空港は滑走路24時間運営ではなく、発着容量も限界に近いため運営拠点を置く会社は少ないのが現状です。まぁそもそもハブ、拠点、焦点の違いって何なんでしょうね?
過去には福岡市に本社を置くハーレクインエアと壱岐国際航空がハブ(拠点)にしていたが、ハーレクインエアは親会社であるJASのJALとの統合により消滅。
壱岐国際航空は就航後数ヵ月で破産消滅…これは日本の航空会社のなかで最速の記録ヽ(・∀・)ノ





・様々な問題点

福岡空港は都心に近く世界有数の便利な空港である。
しかし、その一方で都心部の高さ制限、夜間発着不可、地代及び騒音対策費用による大赤字、容量オーバーによる増便困難、市街地のため拡張困難、スポット及びボーディングブリッジ不足、夜間発着不可及び増便困難のため航空会社のハブ拠点がおかれない、都心に近接しているため市街地の分離などなど…





・今後の計画

国際線ターミナル拡張計画…2014年4月に北側増築完了予定。

誘導路複線化・国内線ターミナル再編事業…2019年度完了予定。(第1、第2ターミナルが建て替わり、第3ターミナル大改装。)

福岡空港滑走路増設事業…2023年度頃完了予定。(同時に貨物ターミナルの再整備、ANA格納庫の移転もある。)





・関連項目

(私案)福岡空港の国内線・国際線ターミナル一体化




九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,000から
(2013/4/4 12:30時点)



福岡&北九州空港

中古価格
¥413から
(2013/4/4 22:37時点)




レポート2 国際線ターミナル→



プロフィール

I Love地元

Author:I Love地元
福岡(福岡都市圏)の再開発や交通について書きます。
まだ学生なので更新が気まぐれですが、一週間以上は空けないようにします!
画像をしようする際は、引用元を明記してください。
当ブログのリンクはフリーです。
同分野の相互リンクは大歓迎です!コメント欄の管理人のみ閲覧の設定にして連絡下さい。

最新記事一覧
天神明治通り地区の高さ制限が最大115㍍まで緩和へ!ついに摩天楼が実現か? Oct 06, 2017
アイランドシティセンターマークスタワー計画:工事状況part1 Oct 03, 2017
ホークスタウンモール跡地複合再開発計画:工事状況part Oct 03, 2017
博多区の青果市場跡地は大型複合施設に!! Oct 01, 2017
ソラリアステージ大規模リニューアル計画 Sep 29, 2017
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
九州・沖縄地方
2位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Amazon

地域批評シリーズ9 これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥853から
(2017/1/7 13:05時点)

これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:06時点)

Nゲージ A7992 福岡市地下鉄1000系・ワンマン改造 6両セット

新品価格
¥28,480から
(2017/1/7 13:08時点)

Nゲージ A7995 福岡市地下鉄1000N系・後期更新車 6両セット

中古価格
¥22,800から
(2017/1/7 13:09時点)

徹底解析!!JR九州 (洋泉社MOOK)

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:11時点)

JR九州のひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:11時点)

Nゲージ 10-813 813系200番台 3両セット

新品価格
¥9,026から
(2017/1/7 13:12時点)

Nゲージ 30518 JR九州817系2000番台増結2両編成セット (動力無し)

新品価格
¥10,498から
(2017/1/7 13:13時点)

西鉄電車・バスのひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:14時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 3両セット

新品価格
¥4,000から
(2017/1/7 13:15時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 2両セット

新品価格
¥2,700から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ 西日本鉄道1300形 新塗装 アイスグリーン ディズプレイモデル

新品価格
¥6,000から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ A6650 西鉄5000形 第2編成・登場時 (黄帯) 3両セット

新品価格
¥14,500から
(2017/1/7 13:17時点)

Nゲージ A6652 西鉄5000形 旧社紋 4両セット

新品価格
¥27,240から
(2017/1/7 13:18時点)

Nゲージ 西鉄600形 宮地岳線 3両セット 黄色 赤帯 ディズプレイモデル

新品価格
¥4,500から
(2017/1/7 13:19時点)

トミーテック 全国バスコレクション JB004 西日本鉄道

新品価格
¥761から
(2017/1/7 13:19時点)

九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,057から
(2017/1/7 13:21時点)

テクノブレイン ぼくは航空管制官4福岡

新品価格
¥8,423から
(2017/1/7 13:21時点)

るるぶ福岡 博多 天神'17 (国内シリーズ)

新品価格
¥907から
(2017/1/7 13:23時点)

広告