福岡空港 回転翼機能移設事業(ヘリポート新設)

・計画概要


福岡空港に常駐するヘリコプターを雁ノ巣地区に新設するヘリポートに移転させて、遅延が常態化している福岡空港の過密化を少し緩和する計画です。



(画像は資料2 福岡空港回転翼機能移設事業に係る環境影響評価方法書(案)について(PDF)からの引用です。)


ヘリポート名称…

雁ノ巣ヘリポート?や福岡ヘリポート?の可能性。




敷地面積…

約80.000㎡




施設詳細…

滑走路:約1.050㎡(35㍍✖30㍍)

誘導路:約1.260㎡(140㍍✖9㍍)

エプロン:約28.000㎡(350㍍✖80㍍)

ターミナル施設等:約18.500㎡(370㍍✖50㍍)




運用時間…

24時間(夜間は緊急時などの運用のため全体の約0.6%程度)




年間発着数…

約6~7千回の予想




工期…

約2年




総事業費…

約15億円




所在地…

福岡市東区大字奈多字小瀬抜




移転予定機…

全23機
福岡市消防局機(2機)、報道事業者機(18機)、福岡県警察機(3機)




福岡空港に残る機能…

海上保安庁:
固定翼機の運用もあるため、24時間運用で混雑していない北九州空港へ移転予定。

自衛隊:
固定翼機の運用があり、司令部が春日にあるため福岡空港に残る予定。
なお、滑走路増設後の米軍と自衛隊のエプロンや格納庫の配置場所は不明である。




福岡空港にとってのメリット…

・年間6~7千回の発着数を占めるヘリコプターの移転による混雑緩和

・西日本空輸などのヘリコプター格納庫移転による東側拡張用地の確保

・海上保安庁の北九州移転による西側拡張用地の確保



◆再開発ニュース
この再開発計画に関する最新のニュースを紹介します。
記事は一番下が古く一番上が最新です。

・福岡空港のヘリポート機能 雁ノ巣に移転へ!

国土交通省が、福岡空港(福岡市博多区)の過密ぶりの一因となっているヘリコプターを、空港外に新たなヘリポートを建設し、施設ごと移転する方針を固めたことが22日、分かった。新ヘリポートの候補地は複数あるが、現段階では国営海の中道海浜公園(同市東区)周辺が有力視される。国交省は平成31年度の完成を目指す。

中略

用地費を除く事業費は15億円程度の見込みだという。

 国交省の担当者は「現在の空港からあまり離れない場所を選定し、ヘリ事業者に不便がないようにしたい」と語った。自衛隊ヘリは引き続き福岡空港を利用する方針で、海上保安庁のヘリは移転可能か、調整している。

後略

(村上智博)

産経ニュース(2015年5月23日) 国交省、福岡空港からヘリ移転へ 「海の中道」が最有力 からの一部引用です。



以前から福岡空港の滑走路増設に伴う再編や発着枠を確保するために、ヘリポート機能を空港外へ移転する案が検討されていましたので、今回これが具体的に動き出したということですね。

現在の福岡空港はご存じの通り飽和状態ですが、その飽和状態の中約7000回も空港に在籍する20数機のヘリコプターが発着しており、混雑に拍車をかけております。

ヘリポート機能が移転するとなれば、単純に7000回分確保できるだけではなく、現在福岡空港にヘリコプターを所有している警察や消防、報道機関、西日本空輸などが施設を移転させる訳ですので、拡張用地のない空港の貴重な事業用地の確保に繋がります。
空いた土地はスポットや整備場として活用することができますね。


自衛隊は米軍との協力や戦闘機、輸送機との一体利用を考慮して空港に残るのが残念です。
海上保安庁の北九州空港への移転案はベストな選択ですね。


↑移転の可能性が出てくる西日本空輸の本社と格納庫


ヘリポートの移転候補地となっている海の中道ですが、選定理由は市の都心部に近く離着陸の際に民家の上空を通らないで済み、土地が国有地だからでしょうね。

近辺にはかつて雁の巣飛行場があり、ヘリポート機能が移設されるとなるとかつての飛行場の復活みたいな感じになりそうです。(笑)

また現在ここには福岡航空管制部と航空交通管理センターが設置されており、ヘリポートも設置されるとなると重要な拠点になると思われます。

意外と知られていませんが航空交通管理センターとは、日本の空のうち札幌、東京、福岡、那覇航空交通管制部の監視レーダー外の太平洋など広い範囲を担当しており、北は千島列島付近まで担当区域としている重要な施設です。

図解 くらべてわかる航空管制

新品価格
¥1,836から
(2015/6/12 11:22時点)


2015年6月12日


追記…

2016年4月28日:記事の大幅なリニューアル。

スポンサーサイト

フィンエアー 2016年に福岡ーヘルシンキ線就航へ


フィンランドの航空会社、フィンエアーは7日、福岡−ヘルシンキ線を2016年春に就航すると発表した。運航は週3往復。

中略

 フィンエアーは成田、中部、関西に就航しており、福岡は国内4カ所目。機材は中型機のエアバスA330(乗客263~297人)を使用し、福岡とヘルシンキを約9時間半で結ぶ。運航は福岡発が水、金、日曜日。冬の運航予定(10月下旬以降)は、利用状況をみてから判断する。

後略

【神崎修一】

2015年10月07日 毎日新聞からの一部引用です。





KLM福岡ーアムステルダム線 運休へ

このニュースの少し前に、 現在福岡空港とヨーロッパを結ぶ唯一の直行便であるKLMオランダ航空の福岡ーアムステルダム線が、為替レートの影響で収入が悪化していることから、2016年の1月5日から運休すると発表していました。

福岡ーアムステルダム線は、日本からの利用客の比率が大きかったのですが、円安により日本人の海外旅行が減った事が主な原因であり、通常は円安によって海外からの利用客が増えるため、収支のバランスはとれるのですが、福岡や九州の知名度が恐らく浸透しておらず利用客が伸び悩んだものと思われます。

2016年2月28日より最新鋭で燃費のいい787-9の投入計画もあり、KLMの積極性が見られていただけにとても残念です。
為替レートや経済状況などを踏まえて、運休から定期便への早期復活を願います。


KLMの運休の記事を悲しいですが、書こうと思っていたら、今回の新規就航のニュースが入ったため、合わせて書くことにしました。

福岡&北九州空港

中古価格
¥1,980から
(2015/11/5 17:39時点)





フィンエアー 福岡ーヘルシンキ線 就航へ!!


(画像はWikipediaからの引用です。)

フィンエアーと聞いても、日本人には馴染みがないのでわかりませんが、北欧のフィンランドの巨大な航空会社であるフィンランド航空のことです。

今回、そのフィンエアーが日本の4ヵ所目の就航地として福岡を選び、2016年の春に福岡ーヘルシンキ線を就航することがわかりました!
これによって、2016年1月より運休するKLMと入れ違いで、福岡からの欧州直行便が維持されることになります。

ヘルシンキ空港はフィンエアーのハブ空港であるだけでなく、地理的にヨーロッパと東アジアを結ぶ最短ルート上にあるため、日本からヘルシンキ空港だけでなく、ヨーロッパ各都市への乗り継ぎもタイムロスが少なくすみ、非常に便利な空港なので、福岡ーヘルシンキ線の観光及びビジネスの需要はある程度あるものと思います。

週に3便の春夏季ダイヤが発表され、冬季のダイヤは就航後の利用状況によって検討となっておりますので、利用状況によっては春夏のみの運航、最悪の場合KLMと同じく運休も考えられますので、不安な要素もありますね。
フィンランドと言えば、冬のオーロラが有名ですので、冬季を観光需要で運航して貰いたいものです。

将来的には、KLMも復活して欧州への直行便が毎日運航されるようになり、アメリカ本土への直行便が就航的な感じになったら良いですね!



福岡空港が国内5ヶ所目の混雑空港に指定へ



国土交通省は、来年3月27日に福岡空港を航空法上の「混雑空港」に指定する方針を固めた。


 乗り入れを国の許可制にして、離着陸の遅れの緩和を狙うが、新規就航や増便は認められにくくなる。指定されると、羽田、成田、関西、伊丹(大阪)に続き、全国で5か所目となる。

 具体的には、1時間あたりの発着回数の基準が設けられる。現在、運航している航空会社の発着回数は減らさないとみられるが、混雑が激しい時間帯への新たな乗り入れが許可されなくなりそうだ。各航空会社が3月下旬から実施する来年の夏ダイヤから適用される見通しで、格安航空会社(LCC)の新規路線開設にも影響が出そうだ。

後略
 

2015年09月04日 読売新聞からの引用です。




混雑空港に指定されることによって、一時間当たりの発着回数が制限され、朝夕で常態化している遅延の解消と安全が確保されますが、 混雑時への新規就航は不可能となります。

他都市では補助金を出したりして、新規路線を増やしたり維持したりしているのに、福岡は相手からくる新規就航の話を断らざるを得ないという状況に置かれています。
行政による空港利用の甘い見通し、それに伴う遅すぎる空港拡張整備の決断が今の状況を招いてると言っても過言ではありません。


もちろん遅延の常態化は問題になっていますし、安全第1なので混雑空港への指定は賛成なのですが、それにしても遅すぎると思います。



現在、混雑空港に指定されている空港は、利用客・発着数の多い順に 羽田空港(滑走路4本)、成田空港(滑走路2本)、関西国際空港(滑走路2本)、伊丹空港(滑走路2本 ※騒音問題による制限あり)となっており、実質的に旧制度における第1種空港から中部国際空港を除いた4ヶ所の空港となっています。

なお福岡空港は、この4ヶ所の空港の中で発着本数は成田に次ぐ3位、利用者数は関空に次ぐ4位となっており、滑走路が1本しかないことを考慮すると日本一の混雑空港と言っても過言ではありません。

この事を考慮してもっと早くから、混雑空港に指定していれば、遅延の常態化という悪いイメージがつくことは無かったと思います。




正直今更指定しても、今就航している路線が減便されないと遅延の解消は実現されませんが、福岡線はドル箱路線が多いため、各社共にそう簡単手放しはせず、結果としてあまり意味を為さないものと思われます。

混雑空港への指定を認めるほどの混雑と認識したならば、誘導路の複線化事業と滑走路増設事業の工期短縮などについて早急に検討してもらいたいですね。




福岡空港 滑走路増設後すぐに処理能力を可能性も!


福岡空港の滑走路増設に向けた環境影響評価(アセスメント)を実施中の国土交通省は、同空港の需要予測を見直し、これまで2030年度の年間発着回数を16万8千回(ヘリコプターを除く)としていたのを、17万6千回と上方修正したことが分かった。現状での滑走路処理容量(スムーズな離着陸の目安)についても、航空機の小型化などを受けて従来の年間14万5千回から16万4千回に修正したが、見直し後も需要予測は処理容量を大きく上回っており、同省は増設計画を着実に進めたい考え。近く、公表する。

中略

新たな需要予測は、GDP成長率を0・6~0・8%と見積もって算出。30年度は17万6千回(国内線13万6千回、国際線4万回)、35年度では18万1千回(国内線13万5千回、国際線4万6千回)と見込んだ。滑走路増設後の処理容量は従来年間18万3千回としていたのを、18万8千回と修正した。
 一方、日本再興戦略に従ってGDPの成長率を2・0%と見込むと、30年度の年間発着回数は19万3千回まで膨らむとの予測も併せて公表される見通し。滑走路を増設した場合の処理容量を上回ることから、将来の空港像をめぐり、さらに議論が活発化しそうだ。

後略


西日本新聞2014年8月23日朝刊からの一部引用です。





う~んLCC参入や機体の小型化による増便などの影響が顕著にでていますね。

需要予測はあてにならないと言う人もいますが、実際に激しく外れまくっているのは地方の新空港ばかりで、拠点空港の予測にそこまでズレはないと思います。

まぁあくまでも予測ですし。

最近では予測を毎年上回っている福岡空港でしたので、まさかとは思っていましたが、増設滑走路完成後すぐに処理能力を上回りそうです。

しかも景気が良ければ完成した年に処理能力を1万弱もオーバーするなんて…(笑)

笑えません。

これはこの増設計画の根本を見直さないといけないと思います。
そもそも増設計画は将来的な新空港を見据えた計画であるため、完成形ではく中間地点なのです。
最近の報道では滑走路増設で終わりみたいな流れになっていますが。

これに基づくと現在、滑走路増設後にすぐ処理能力を上回る予測が出ているので、そろそろ新空港について検討し始めるべきだと思います。

滑走路増設完了後の十数年で新空港に移転できるように。

これでは二重投資になってしまいますが、新空港か滑走路増設かで、将来的な展望を持たずにけちって滑走路増設にしてしまったつけだと思います。

2009年の決断の時点で、新空港もしくは現在の立地を最大限に活かした滑走路増設計画を選ばなかったのは失敗かも知れませんね。

確かに1兆円近くかかる新空港の計画を簡単には決断できません。財政的にも。
しかし他にも案はあったはずです。県の枠を越えて佐賀空港を拡張して、アクセスを改善するとか。

現在の立地がどうしても良いと言うなら、国際線ターミナル側に国内線ターミナルを移設して、東側に新たに現滑走路と同時発着可能な滑走路を増設。
費用はかかりますが…

現在の増設計画は、現滑走路より短い2500㍍の滑走路を西側に増設ですが、現滑走路と同時発着出来る間隔をとれないため、処理能力はそこまで上がりません。


個人的には国有地の多い雁ノ巣~海の中道周辺に移転するのが良いかと。

鉄道のアクセスは、地下鉄をアイランドシティ経由で延伸とJR福岡空港駅の設置。
高速道路は、都市高速アイランドシティ線を延伸。

アイランドシティには物流センターや商業施設が集積するかと。

現在地の土地は、再開発して民間に売却。売却益は建設費に充てる。

新国内線ターミナルは名古屋空港のように商業施設に改装。


国際線ターミナルは豪華で開放的なつくりを活かして、国際会議場とかに。
福岡市役所でもいいかも。
道州制を見越して州庁舎。

広大な土地にテーマパークを誘致したり夢が広がります。



福岡空港はこの先どうなるんでしょうね…

ジェットスター 福岡~バンコク、シンガポール線就航へ


ジェットスターによると6月27日に、福岡~バンコク、シンガポール線を就航するそうです。
福岡~シンガポールは直行便ではなく、バンコクに到着後一時間ほど待機した後、シンガポールに向かうといった感じです。今後シンガポールへの利用者が増えれば直行便になるかもしれません。
便数は毎日、福岡発と着の2便の予定。

なお現在この路線には、福岡~バンコクをタイ国際航空、福岡~シンガポールをシンガポール航空が運行しており、福岡~バンコク間はLCCであるジェットスターにタイ国際航空がおされるものかと思われます。福岡~シンガポール間はバンコク経由のタイムロスがあるため、ジエットスターとシンガポール航空でいい勝負になるかと。

料金は空席によって変わるシステムなので、詳しくはわかりませんが福岡~バンコクが1万3000円から、福岡~シンガポールは1万6000円からになるようです。※片道
このニュースを発表した日から数日の間は、片道1990円というとんでもないセールをやっていました。西鉄の天神~大牟田往復より安い価格で海外に行けるなんて凄い時代が来ましたね!
ジェットスターは時々金曜日にセールを行っており、運が良ければ福岡~成田や関空へ片道990円で行けることも!
こちらは西鉄の天神~大牟田片道より安いです!こうなってくると新幹線に乗る理由がないような気がしてきます…

ジェットスターによる国際線の展開は、日本では成田、関空に次ぐ3ヶ所目で福岡の拠点化が進んでいるのかも知れません。今後の新路線展開と増便に期待します!


プロフィール

I Love地元

Author:I Love地元
福岡(福岡都市圏)の再開発や交通について書きます。
まだ学生なので更新が気まぐれですが、一週間以上は空けないようにします!
画像をしようする際は、引用元を明記してください。
当ブログのリンクはフリーです。
同分野の相互リンクは大歓迎です!コメント欄の管理人のみ閲覧の設定にして連絡下さい。

最新記事一覧
子供病院跡地の現状とこれから May 30, 2017
旧大名小学校跡地再開発における民間提案公募がすごい! May 28, 2017
貨物ターミナル移転整備事業:工事状況part1 May 23, 2017
福岡空港貨物ターミナル移転整備事業 May 23, 2017
(仮称)近鉄博多ビル May 22, 2017
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
九州・沖縄地方
6位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Amazon

地域批評シリーズ9 これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥853から
(2017/1/7 13:05時点)

これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:06時点)

Nゲージ A7992 福岡市地下鉄1000系・ワンマン改造 6両セット

新品価格
¥28,480から
(2017/1/7 13:08時点)

Nゲージ A7995 福岡市地下鉄1000N系・後期更新車 6両セット

中古価格
¥22,800から
(2017/1/7 13:09時点)

徹底解析!!JR九州 (洋泉社MOOK)

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:11時点)

JR九州のひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:11時点)

Nゲージ 10-813 813系200番台 3両セット

新品価格
¥9,026から
(2017/1/7 13:12時点)

Nゲージ 30518 JR九州817系2000番台増結2両編成セット (動力無し)

新品価格
¥10,498から
(2017/1/7 13:13時点)

西鉄電車・バスのひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:14時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 3両セット

新品価格
¥4,000から
(2017/1/7 13:15時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 2両セット

新品価格
¥2,700から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ 西日本鉄道1300形 新塗装 アイスグリーン ディズプレイモデル

新品価格
¥6,000から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ A6650 西鉄5000形 第2編成・登場時 (黄帯) 3両セット

新品価格
¥14,500から
(2017/1/7 13:17時点)

Nゲージ A6652 西鉄5000形 旧社紋 4両セット

新品価格
¥27,240から
(2017/1/7 13:18時点)

Nゲージ 西鉄600形 宮地岳線 3両セット 黄色 赤帯 ディズプレイモデル

新品価格
¥4,500から
(2017/1/7 13:19時点)

トミーテック 全国バスコレクション JB004 西日本鉄道

新品価格
¥761から
(2017/1/7 13:19時点)

九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,057から
(2017/1/7 13:21時点)

テクノブレイン ぼくは航空管制官4福岡

新品価格
¥8,423から
(2017/1/7 13:21時点)

るるぶ福岡 博多 天神'17 (国内シリーズ)

新品価格
¥907から
(2017/1/7 13:23時点)

広告