福岡大濠郵便局・簡易保険事務センター


階数:地上4階、地下?階建て

竣工:1934年

所在地:福岡市中央区大濠公園1丁目1番地


国道202号せん沿いの大濠公園に隣接している郵便局・簡易保険事務センターです。建物は昭和初期に建設された近代建築様式で、落ち着きのある官公庁様式となっています。


正面玄関です。手前に伸びる玄関の屋根や手すりが丸みを帯びているのが特徴です。
横にある丸い窓も何様式か分かりませんが特徴的です。


Googleの衛星画像で見ると、中央が中庭になっており、大型の建物であることがわかります。
庭園とテニスコート?的なのもありますね。
よく見ると中庭に車が停まっています。いったい何処から入ったんでしょうね?

こういった歴史のある建物は福岡市には少ないため、是非とも保存してもらいたいですが、立地が結構いいためJPが開発するかも知れませんね。
開発といっても博多郵便局の次は福岡中央郵便局だろうし、いつになるかわかりませんが・・・・
その場合は低層階に現在の建物を保存してもらいたいです!
開発するにしてもタワーマンションかオフィスビルとかかな?いっそ熊本からJP九州支社を移転してきてもいいかも!

せっかく大濠公園に隣接しているんだから、カフェ位作っても良いような(´∇`)


スポンサーサイト

博多リバレイン


博多リバレインは福岡市主導による下川端地区再開発事業によって福岡市博多区下川端町に建設され1999年3月6日に開業した大型複合商業施設です。
博多リバレイン公式サイト


(画像はWikipediaからの引用です。)
商業施設のイニミニマニモと福岡アジア美術館などの入る博多リバレイン(商業棟)、博多座の入る博多座・西銀ビル、ホテルオークラ福岡の3棟の建物から成る施設です。

リバレインは博多川に面した明治通りと昭和通りに挟まれた土地にあり、地下鉄中洲川端駅にも直結しているためかなり利便性が良いです(^^)

リバレインは下川端商店街の跡地を福岡市などが再開発して建てられました。
当初は川向にあった福岡玉屋が老朽化して売上も落ちていることから、玉屋救済とし主要テナントを玉屋にすることを前提にして計画されました。
しかし、玉屋の社内での議論は二転三転し福岡市からのリバレインの核テナントとしての入居要請と、西鉄からの岩田屋の入居が白紙になったソラリアステージビルの核テナントとしての入居要請、それらを2つとも断った。
その後玉屋の売上は落ち続け1999年7月15日に約70年の歴史に幕を下ろした。
何で入居しなかったのかは謎です。
そのままいくと潰れることはわかっていたはずなのに…
もしどちらかへの入居を決めていたら福岡市は5大百貨店体制になっていたかも。

福岡玉屋(画像はWikipediaからの引用です。)
玉屋閉店後は暫く放置されていたが、外資系のプロジェクトグループによって新しく建て替えられ、2006年3月15日に大型商業施設「ゲイツ (gate's)」として開業しました。

ゲイツ(画像はWikipediaからの引用です。)

福岡市はリバレインを玉屋の入居を前提に計画していたため、大幅な計画の見直しを迫られました。
その後高級ブランドの専門店街「スーパーブランドシティ」として1999年3月6日に開業した。当時バブル崩壊の影響を余り受けていなかった福岡市だったが、天神やシーサイドももちなどの大型開発が終わりバブル崩壊の影響を受け始めると業績は悪化していき、福岡市の第3セクターの運営会社「エスビーシー」が2002年12月16日に破綻その後スーパーブランドシティは一時閉鎖された。
2003年に民間に譲渡され今の「イニミニマニモ」(eeny meeny miny mo)として再オープンした。

博多駅の建て替えに伴い2007年3月に閉店した博多井筒屋が、当面の代替店舗として地下2階に出店するという話があったが、新博多駅のテナントに選ばれなかったことにより博多井筒屋の法人は解散した。その後井筒屋の直営による「SALON DE IZUTSUYA U」として2007年11月に開業したが、たった2年弱の2009年6月30日に閉店した。

破綻した「エスビーシー」の親会社である「都市未来ふくおか」が2010年10月29日に福岡地裁に特別清算を申し立て実質的に破綻した。
このように悪いことばかり続いたため福岡市の負の遺産と呼ばれることもある。

その後運営会社が日本リテールファンド投資法人と東神開発株式会社になった。
東神開発は高島屋グループのディベロッパーのため、一時期高島屋が出店するのではという話もあったがただの噂話だった。
余談だが玉屋は高島屋系列のハイランドグループに加盟している。

イニミニマニモの5、6階に来年4月に屋内テーマパークのアンパンマン子供ミュージアムが開業することが決定した。
これによりリバレインが活性化することが期待されている。
詳細はアンパンマン子供ミュージアム福岡進出へ




・博多リバレイン商業棟

階数:地上13階、地下4階建て
開業:1999年3月6日、竣工:2月28日
所在地:福岡市博多区下川端町3番1号
主要施設:イニミニマニモ(商業施設)、福岡アジア美術館、リバレインオフィス、福岡アンパンマン子供ミュージアム(来年4月に開業)

非常に特徴的な外観ですね。ガラス張りのアトリウムがとても印象的です。
これは目の前を流れている那珂川(博多川)の流れを表現しているのかもしれません(^^)

※商業棟というのは私が勝手に名付けたものです。3棟すべてを博多リバレインと言い、この建物そのものの名前がわからないからです。一般的にはこの建物そのものを博多リバレインと呼んでいます。


カラフルな柱に目を引かれますね。
エスカレーターの屋根も川の流れを表現しているのかな。


イニミニマニモの正面入り口です。
百貨店の様な高級感のある入り口ですね。


エスカレーターのところはガラス張りです。
イニミニマニモの主要テナントIDC大塚家具の看板もあります。


福岡アジア美術館とリバレインオフィスの入り口です。



博多リバレイン(商業棟)とホテルオークラの間の屋根付きの広場です。


5階にあるアトリウムガーデンです。
全面ガラス張りのためとても開放的で日光が当たり明るいです。
広場とレストランになっています。


都会のオアシスって感じがします。
右にあるのは福岡アジア美術館です。

どの階も改装中が多かったです。そのせいか週末にも関わらずお客さんは疎らでした。またレストランフロアは昼から開いている店が殆ど無かったので、昼から開ける店も入れて賑わいを創出していく必要がありますね。
来年4月にアンパンマン子供ミュージアムがオープンしてからは変わるかもしれませんね。




・博多座、西銀ビル

階数:地上13階、地下4階建て
開業:1999年3月6日
所在地:福岡市博多区下川端町2番1号
主要施設:博多座、西日本シティ銀行博多支店


ビルの入口です。非常にどっしりとしていて、歴史を感じさせるような造りです。実際全然歴史は無いですが…
博多座と書かれた提灯がかかっているのが見えますね。
博多座はビルの2~6階にあります。


明治通り側に比べて裏通り側は手を抜いた感があります。
外観が旧岩田屋新館に似ています。




・ホテルオークラ福岡

階数:地上13階、地下4階建て
開業:1999年3月1日
所在地:福岡市博多区下川端町3番2号
主要施設:ホテルオークラ福岡(部屋数264室)


横からみた様子です。


鏡天満宮です。再開発の時に保存されたものと思われます。


博多川沿いに親水公園みたいなのが整備されています。

これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥1,365から
(2013/5/7 22:48時点)







西日本シティ銀行本店ビル


階数:地上?階、地下?階建て
竣工:1971年
所在地:福岡市博多区博多駅前3丁目1番地1号

磯崎新・磯崎新アトリエが設計した築42年の鉄骨鉄筋コンクリート造りの西日本シティ銀行本店ビルです。
建設当時は福岡相互銀行本店、その後福岡シティ銀行本店になり、2004年10月1日に西日本銀行と合併して西日本シティ銀行 本店になった。


高度経済成長期に建てられた、あまり特徴の無い高層オフィスビルが建ち並ぶ博多駅前で一際異彩を放つ存在です。

一般的なビルに比べ窓が少なくインド砂岩のオレンジ色の外壁、ビル手前に出っ張り出したガラスと焦げ茶色の外壁の空間など独特のデザインが特徴的です。

近年様々な銀行本店の建て替え又は移転があり、今時のガラス張りの高層ビルなどに建替わっていますが、西日本シティ銀行本店ビルはいわゆる銀行建築の様な風格があり、かなりの築年数が建っているのにも関わらず老朽化しているように見えません。
というより古臭い老朽化ではなく銀行の歴史、信用、格式を示しているような気がします。


横からみると後ろの後年増築された外壁には白の横線があることがわかります。
さらに外壁の所々に謎の出っ張りがあるのも見えます。


手前に出っ張っている低層部分を貫く巨大な梁みたいな感じのやつです。
ここのデザインもまた独特です(^^)
焦げ茶色の石材を使っており先端部分は別の素材を使っているものと思われる。


後ろ側は後年増築された部分です。
前面と同じ様に石材を利用した外壁です。白色の横線が入っていること以外は基本的には前面と同じ色ですが、入り口部分は焦げ茶色です。


なお見た目はそうでは無いですが、老朽化が進んでいるため度々建て替えの噂を聞きます。
しかし、航空法高さ制限により高さ約60㍍に制限されていて超高層ビルを建てることは出来ないこの地区で、今の貴重な建物を撤去してまでする必要もないかと…
耐震工事と内装のリニューアルなどをしたら良いと思います。
福岡のランドマーク的な建物として未来に残してもらいたいですね。


余談ですが磯崎新は本店以外の一部支店の設計もしたとのこと。




(画像はWikipediaからの引用です。)
一方で西日本シティ銀行本店別館(旧西日本銀行本店)も老朽化しており、それといった特徴もないため今後建て替える可能性が高いが、ビル内にある電算施設がネックで建て替えるのが難しいという話もある。

これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥1,365から
(2013/5/7 22:48時点)





アクロス福岡


階数:地上14階、地下4階建て
竣工:1995年
所在地:福岡市中央区天神1丁目1番地1号

旧福岡県庁跡地にある福岡県施設と民間施設が同居した公民複合施設で、福岡市のランドマーク的な存在のビルです。
アルゼンチンの建築家エミリオ・アンバースの構想をもとに日本設計と竹中工務店がデザインしたビルだとのこと。
アクロスという名前の由来は、人と人が交差するという意味だと思われる。

ビル内には、福岡県の施設(パスポートセンターなど)・商業施設・オフィス・福岡シンフォニーホール・国際会議場などがあり常に賑わっています。

同じ旧福岡県庁跡地敷地内にある天神中央公園側は、「山」をテーマにした、全国の屋上緑化施設の中で最大級の規模を誇る緑化面積5400㎡の段上のステップガーデンになっていて、四季の植物や滝などを見ながら最上階展望台まで行くことができる。
都心でちょっとした山登り感覚を味わえる(^.^)
しかし、夏場の非常に暑いときに登ることはおすすめ出来ない…
ステップガーデンの凄いところは、開業当初は76種類、37000本の植物を植えたのに、現在は鳥や風などによって運ばれた種子によって約120種類、50000本も生息しているところです。
これは全国の屋上緑化のなかでも類をみない成功例です。
まさにテーマ通りの山です!


反対側の明治通り側は、近代的なガラス張りのオフィスビルといった感じです。
(画像はストリートビューからの引用です)

航空法の高さ制限によって都心に高層ビルを建てることのできないので、これからもこのようなデザインのビルを建ててほしいものです。

余談ですがアクロス福岡のオフィスは天神の平均オフィス価格よりも高いそうですが、かなり人気だそうです!
地場企業も自社ビルが都心にあるのに本社を移転したりしてるから、アクロス福岡にオフィスを構えると企業イメージが良くなるのかな?

これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥1,365から
(2013/5/7 22:48時点)







プロフィール

I Love地元

Author:I Love地元
福岡(福岡都市圏)の再開発や交通について書きます。
まだ学生なので更新が気まぐれですが、一週間以上は空けないようにします!
画像をしようする際は、引用元を明記してください。
当ブログのリンクはフリーです。
同分野の相互リンクは大歓迎です!コメント欄の管理人のみ閲覧の設定にして連絡下さい。

最新記事一覧
国内線ターミナル再編事業:工事状況part5 Apr 27, 2017
西新エルモールプラリバ再開発事業 Mar 31, 2017
マリンワールド海の中道リニューアル事業 Mar 07, 2017
香椎浜プロジェクト Mar 01, 2017
九大六本松キャンパス跡地「青陵の街」 再開発事業 Feb 25, 2017
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
九州・沖縄地方
4位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Amazon

地域批評シリーズ9 これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥853から
(2017/1/7 13:05時点)

これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:06時点)

Nゲージ A7992 福岡市地下鉄1000系・ワンマン改造 6両セット

新品価格
¥28,480から
(2017/1/7 13:08時点)

Nゲージ A7995 福岡市地下鉄1000N系・後期更新車 6両セット

中古価格
¥22,800から
(2017/1/7 13:09時点)

徹底解析!!JR九州 (洋泉社MOOK)

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:11時点)

JR九州のひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:11時点)

Nゲージ 10-813 813系200番台 3両セット

新品価格
¥9,026から
(2017/1/7 13:12時点)

Nゲージ 30518 JR九州817系2000番台増結2両編成セット (動力無し)

新品価格
¥10,498から
(2017/1/7 13:13時点)

西鉄電車・バスのひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:14時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 3両セット

新品価格
¥4,000から
(2017/1/7 13:15時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 2両セット

新品価格
¥2,700から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ 西日本鉄道1300形 新塗装 アイスグリーン ディズプレイモデル

新品価格
¥6,000から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ A6650 西鉄5000形 第2編成・登場時 (黄帯) 3両セット

新品価格
¥14,500から
(2017/1/7 13:17時点)

Nゲージ A6652 西鉄5000形 旧社紋 4両セット

新品価格
¥27,240から
(2017/1/7 13:18時点)

Nゲージ 西鉄600形 宮地岳線 3両セット 黄色 赤帯 ディズプレイモデル

新品価格
¥4,500から
(2017/1/7 13:19時点)

トミーテック 全国バスコレクション JB004 西日本鉄道

新品価格
¥761から
(2017/1/7 13:19時点)

九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,057から
(2017/1/7 13:21時点)

テクノブレイン ぼくは航空管制官4福岡

新品価格
¥8,423から
(2017/1/7 13:21時点)

るるぶ福岡 博多 天神'17 (国内シリーズ)

新品価格
¥907から
(2017/1/7 13:23時点)

広告