グランドメゾン浄水ガーデンシティ計画

◆計画概要

(画像はグランドメゾン浄水ガーデンシティ フォレストゲートⅡ公式HPからの引用です。)

九州エネルギー館、九電記念体育館、メルパルク福岡跡地の計3万7千平方㍍の大規模な再開発計画です。
積水ハウスと日本郵便によって分譲マンション1千戸規模の「グランドメゾン浄水ガーデンシティ」という1つの街が出来ます。


(画像はグランドメゾン浄水ガーデンシティ公式HPからの引用です。)

福岡市屈指の高級住宅地である浄水通り沿いに広がる広大な土地です。地下鉄七隈線の薬院大通駅から徒歩5分であり、周辺には学校も沢山あるので、申し分のない立地になっています。


●グランドメゾン浄水ガーデンシティ(全体)

(画像はGoogleマップからの引用です。)

所在地:福岡市中央区薬院4丁目13-55、14-1、14-50
敷地面積:29,549.03㎡
延べ床面積:?㎡
建築面積:?㎡
建築主:積水ハウス株式会社、日本郵便株式会社
総戸数: 約1000戸
総事業費:?億円
高さ制限:約78m
公式サイト:グランドメゾン浄水ガーデンシティ



緑色:グランドメゾン浄水ガーデンシティ フォレストゲート

(画像はグランドメゾン浄水ガーデンシティ フォレストゲートⅢ公式HPからの引用です。)


・フォレストゲートⅠ、Ⅱ
(画像はグランドメゾン浄水ガーデンシティ フォレストゲートⅡ公式HPからの引用です。)

階数:地上5階建て、地上17階建て
戸数:?戸、127戸
用途:住居、駐車場
駐車場:?台、121台
敷地面積:?㎡
延べ床面積:?㎡、1,122.89㎡
建築面積:?㎡、1,122.89㎡
建築主:積水ハウス株式会社
着工:平成?年(?年)?月
竣工:平成29年(2017年)12月(予定)
入居:平成30年(2018年)1月(予定)
公式サイト:グランドメゾン浄水ガーデンシティ フォレストゲートⅡ公式HP


・フォレストゲートⅢ

(画像はグランドメゾン浄水ガーデンシティ フォレストゲートⅢ公式HPからの引用です。)

階数:地上21階建て
高さ:約78m?
戸数:159戸
用途:住居、駐車場
駐車場:141台
敷地面積:?㎡
延べ床面積:18,267.39㎡
建築面積:1,160.38㎡
建築主:積水ハウス株式会社
着工:平成?年(?年)?月
竣工:平成30年(2018年)12月(予定)
入居:平成31年(2019年)1月、2月(予定)
公式サイト:グランドメゾン浄水ガーデンシティ フォレストゲートⅢ公式HP


赤色:グランドメゾン浄水ガーデンシティ セントラルフォレスト

階数:地上?階建て
高さ:?m
戸数:?戸
用途:住居
駐車場:?台
敷地面積:?㎡
延べ床面積:?㎡
建築面積:?㎡
建築主:積水ハウス株式会社
着工:未定
竣工:未定
入居:未定
公式サイト:未定


青色:グランドメゾン浄水ガーデンシティ サウスフォレスト

(画像はグランドメゾン浄水プロジェクト(仮称)からの引用です。)

階数:地上13階建て
戸数:129戸
用途:住居、駐車場
駐車場:?台
敷地面積:6,258.36㎡
延べ床面積:17,075.44㎡
建築面積:3,358.85㎡
建築主:積水ハウス株式会社、日本郵便株式会社
着工:平成?年(?年)?月
竣工:平成27年(2015年)8月
入居:平成27年(2015年)9月
公式サイト:?

チョロQ 七隈線開業記念 福岡市地下鉄 七隈ライン 3000系 タカラ

新品価格
¥4,980から
(2017/8/8 23:32時点)





◆再開発される建物


(画像はGoogleマップからの引用です。)

緑色:九州エネルギー館、あかりの館(解体済)

(画像はWikipediaからの引用です。)

1982年に開業した九州電力の科学館です。
原発停止に伴う九電の赤字経営のため2014年3月2日に閉館しました。 解体後積水ハウスに土地が売却されました。


赤色:九電記念体育館

(画像はWikipediaからの引用です。)

1964年に九電が建てた地上3階、地下1階建ての体育館です。
2003年に財政難で体育館を当分建てれない福岡市に、体育館の建物を無償譲渡されて市営の体育館になりましたが、敷地は有期の無償貸与となっています。
アイランドシティに建設中の新拠点体育館が開館する2018年まで運営されますが、それ以降は解体され土地は積水ハウスに売却されます。


青色:メルパルク福岡(解体済)

1979年に郵政省が整備したコンサートホールや結婚式場を備えた施設です。2007年に入場者数の低迷や郵政民営化などの影響で閉鎖された後に解体されました。





◆再開発ニュース
この再開発計画に関する最新のニュースを紹介します。
記事は一番上が古く一番下が最新です。


・積水ハウス土地の買い取り契約締結 合計3万7千平方㍍を再開発へ

日本郵便(東京)は、福岡市中央区薬院の旧メルパルク福岡(旧福岡郵便貯金会館)跡地で、積水ハウス(大阪市)と分譲マンションを共同開発する。
2015年9月の完成に向け、4月に着工した。日本郵便が自社の遊休地でマンション事業に乗り出すのは全国2例目、九州では初という。

中略

東側隣接地では、積水ハウスが8月末、市九電記念体育館と九州エネルギー館のそれぞれの土地を買い取る契約を所有者の九州電力と締結。21年までに、メルパルク跡地と合わせた3万7千平方㍍を再開発し、分譲マンション(最大1千戸)や店舗などを展開する。 積水ハウスは「都心部に近い地域でこれほど大規模な開発は珍しく、十分な需要が見込める」としている。

西日本新聞2013年9月5日朝刊からの引用です。



なんと日本郵便の全国2例目のマンション開発とはビックリです!!
ちなみに目黒です目黒の次に選ばれるなんて(^^)
博多郵便局の再開発の方もがんばって欲しいですね。
13階建てとは何とも言えないけど浄水通りだからちょうど良いのかもしれません。

いつの間に買い取る契約が締結されていたんですね。買い取りの時期によっては福岡市への土地貸与の金額が変わるかもしれません。増えるのか、そのままか、減るかどれでしょうね?

最大1千戸とはなかなかの規模の計画ですね!アイランドタワースカイクラブが409戸と考えると尚更です。
供給過多になるかもしれませんが…
1千戸もあればタワーマンションは建つのかな需要が見込めると言ってるし。浄水通りだからそれは厳しいかな?

どんな商業施設を誘致してくれるんでしょうね。浄水通りなので高級感のあるものが良いですね。

2013年9月8日




・体育館、エネルギー館 積水ハウスに売却へ

九州電力が、九電記念体育館(福岡市中央区) の敷地について、積水ハウスなどの企業グループへの売却を調整していることが6日、わかった。 体育館近くにある見学施設「九州エネルギー館」(同)も閉鎖し、売却する方針。 両施設の敷地面積は計約3万平方メートルで、 売却額は未定だが、4月中の売却を目指している。体育館は昭和39年 に開館し、福岡市の財政難で市民体育館建設が中止されたため、平成15年から建物を同市に無償譲渡し、敷地については貸与している。

後略

産経ニュース2013年4月7日からの引用です。



やはり九電は限界のようですね…
とうとうエネルギー館も売却するとは(>_<) しかし、体育館やエネルギー館が老朽化していることも事実だしいい節目だったのかな。
エネルギー館は大昔に行ったっきり行ってなかったので、これを期に行ってみようかな~
あの巨大なダムの模型ももう見れなくなるんだし…

原発停止の影響が出てきましたね。九電は電気を売る以外にも、ビルを建てたり、祭りの運営費を出したり、博物館を建てたり、今回のように体育館を建てたりして、市民の暮らしやら市の経済などに深く関わっているから収支悪化の影響はこれからも結構出てくると思います。
原発を再稼働して、九電の収支を改善してから、新エネルギーを導入していったほうが、個人的にはいいと思います。そうすれば、土地売却の必要もないし、電気代の値上げもなくなり、節電の必要が無くなって経済が活発になると思います。
今の収支の状態で原発に代わる新エネルギーの導入をするのは無理があると私は思います。

積水ハウスはマンションを建設する構想をたてているそうです。
駅には近いけど大通りに隣接していないのが残念です… 隣接していたら商業施設などを建てることができただろうに・・・(;´Д`)
薬院だから高さは恐らく80位が限界かな… できれば高さ制限ギリギリのマンションを建ててほしいですね~

2013年4月10日


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

新品価格
¥7,922から
(2017/8/8 23:37時点)


追記…

2017年8月9日:記事の大幅なリニューアル。

スポンサーサイト

ホークスタウンモール跡地複合再開発計画

◆計画概要


(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画 商業施設棟 着工 ~商業施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定~ (PDF 942KB) からの引用です。)

2015年1月にホークスタウンモールの土地と建物の信託受益権を取得した三菱地所が、大型商業施設のホークスタウンモールを解体し、商業施設と共同住宅に再開発する計画です。
再開発に伴いホークスタウンモールは2016年の3月いっぱいで閉店し、モールの建物は解体されました。


商業施設は静岡とみなとみらいに続く3施設目となる三菱地所の旗艦商業施設ブランド「MARK IS(マークイズ)」であり、上質な日常を実現するモノやサービスに加え、「Zepp福岡」と「ユナイテッド・シネマ福岡」などのエンターテイメント機能を盛り込んだ「MARK IS 福岡ももち」になります。
延べ床面積は12万5千㎡と天神以西で最大規模の商業施設となり、マリノアシティ福岡等にとってはかなりの驚異になりそうです。

「MARK IS 福岡ももち」の入る商業施設本棟、ホークスタウンモール時代の2倍近い約1300台の収容力を誇る立体駐車場の商業施設アネックス棟、高さ約106㍍を誇るファミリー向けの分譲マンション棟が2棟の計4棟からなる大規模な再開発計画であり、「MARK IS」が「Mark is here.」長く深く愛され続ける街と人のランドマークになっていきたいという願いを込めて誕生したブランドであることから、福岡のランドマーク的な存在になっていくものと思われます。



(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画 商業施設棟 着工 ~商業施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定~ (PDF 942KB) からの引用です。)

また、敷地内にペデストリアンデッキを整備することで、自動車動線と歩行者動線を完全に分離して歩行者の安全を確保し、バス乗り場の整備や駐車料金設定の工夫、周辺道路の交差点改良によって渋滞対策を行うとのことであり、「MARK IS(マークイズ)」オープン時やドームイベント開催時などの渋滞緩和に期待できそうです。

特に計画地は地下鉄唐人町駅から徒歩10分程の距離にあり、公共交通機関としてのバスの利用や自家用車の利用が多いものと思われるので、抜け目なくしっかり対策して欲しいですね。



●ホークスタウンモール跡地複合再開発計画(全体)

(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画 商業施設棟 着工 ~商業施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定~ (PDF 942KB) からの引用です。)

所在地:福岡市中央区地行浜2丁目2番1
敷地面積:約54,400㎡
延べ床面積:約197,300㎡
建築面積:?㎡
建築主:三菱地所株式会社、三菱地所レジデンス株式会社
総店舗数:約150~200店舗
総戸数: 578戸
総事業費:?億円
高さ制限:約139m
公式サイト:



●「MARK IS 福岡ももち」(商業施設棟)

(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画 商業施設棟 着工 ~商業施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定~ (PDF 942KB) からの引用です。)

階数:地上4階 塔屋1階建て(本体棟)、地上8階建て(アネックス棟)
用途:店舗、駐車場
店舗数:約150~200店舗
駐車場:約1,300台(アネックス棟)
敷地面積:約42,300㎡
延べ床面積:約125,000㎡
建築面積:?㎡
賃貸面積:約48,000㎡
建築主:三菱地所株式会社
着工:平成29年(2017年)6月1日
竣工:平成30年(2018年)?
開業:平成30年(2018年)秋(予定)
公式サイト:?


●共同住宅Ⅰ期棟

(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画 商業施設棟 着工 ~商業施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定~ (PDF 942KB) からの引用です。)

階数:地上28階 地下1階 塔屋2階建て
高さ:約106m
戸数:289戸
用途:住居、駐車場
駐車場:?台
敷地面積:約12,100㎡(2棟合計)
延べ床面積:約72,300㎡(2棟+駐車場棟合計)
建築面積:?㎡
建築主:三菱地所レジデンス株式会社
着工:平成29年度(2017年度)下期(予定)
竣工:平成31年度(2019年度)下期(予定)
入居:未定
公式サイト:?


●共同住宅Ⅱ期棟
(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画 商業施設棟 着工 ~商業施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定~ (PDF 942KB) からの引用です。)

階数:地上28階 地下1階 塔屋2階建て
高さ:約106m
戸数:289戸
用途:住居、駐車場
駐車場:?台
敷地面積:約12,100㎡(2棟合計)
延べ床面積:約72,300㎡(2棟+駐車場棟合計)
建築面積:?㎡
建築主:三菱地所レジデンス株式会社
着工:平成30年度(2018年度)下期(予定)
竣工:平成32年度(2020年度)下期(予定)
入居:未定
公式サイト:?




◆「MARK IS 福岡ももち」詳細

(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画 商業施設棟 着工 ~商業施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定~ (PDF 942KB) からの引用です。)

福岡の街とともに成長し、長く愛され続ける、地域のランドマークでありたいという願いを込めて、三菱地所の基幹商業施設ブランド「MARK IS」を冠した「MARK IS 福岡ももち」に決まりました。

「モモチゴコチ ~まいにちも、とっておきも~ 」

を開発コンセプトとし「シーサイドももち」という立地を生かして、周辺エリアと一体となった魅力的な街並みの形成と海辺の心地良い空気を感じられる内装計画になっています。

「ももち」という地名を全面に押し出す戦略になっていますね!みなとみらい地区と同じ様にシーサイドももち地区にもブランド価値があるということです!


また、歩行者ネットワークの充実も図られており、よかトピア通りを跨ぐ既存の歩道橋から直接2階に入店できるようになる他、ヤフオク!ドームに直結するペデストリアンデッキも整備されます。

なお、計画地内はペデストリアンデッキによって完全に歩行者と車が分けられるようになっています。


●施設構成

(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画 商業施設棟 着工 ~商業施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定~ (PDF 942KB) からの引用です。)

店舗構成では、ファッション・飲食・雑貨をはじめ、ホークスタウン時代に出店していたシネマコンプレックスの「ユナイテッド・シネマ福岡」やライブホールの「Zepp Fukuoka」等の多彩なテナントが約150~200店舗集結します。

ファミリー層を中心に、ヤング・シニア層まで幅広いお客様の上質な日常を実現する居心地の良い商業施設を目指します。


イオンモールと同じ様に集客力のある映画館は一番上に配置され、短時間で多くの人が出入りするZepp福岡は混乱を避けるために、ペデストリアンデッキのある2階に配置した感じですね。
ただ、まだまだ4階のエンターテイメント性・目的性は足りないと思うので、もっと魅力的なテナントを誘致して欲しいですね。このままではテナント的にホークスタウンモールの頃から一新されたイメージにはならないので…

フードコートはとても良いですね!多くの人数を捌けるのでドームやZepp福岡のイベント時に活躍しそうです。



(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画 商業施設棟 着工 ~商業施設名称を「MARK IS 福岡ももち」に決定~ (PDF 942KB) からの引用です。)
1階から4階にかけての吹き抜け空間と大階段が印象的です!木と白を基調にしている優しい空間になっていますね。

今後テナントがどんどん明らかになっていくものと思われますが、周辺に無いものを考えると大型書店やアミューズメント施設は外せないと思います。

君の名は。

新品価格
¥500から
(2017/7/30 12:43時点)





◆旧ホークスタウンモール1、2(解体済)

・モール1

(画像はストリートビューからの引用です)

・モール2

(画像はストリートビューからの引用です)

階数:地上4階建て
用途:店舗、駐車場
店舗数:約?店舗
駐車場:約700台
敷地面積:約42,300㎡
延べ床面積:約74,000㎡
建築面積:?㎡
賃貸面積:約?㎡
建築主:株式会社ホークスタウン(モール1建設時は株式会社福岡ドーム)
着工:?
竣工:?
開業:平成12年(2000年)4月26日(モール1)、平成17年(2005年)11月16日(モール2)
公式サイト:ホークスタウンモール(閉鎖済)


バブル期にダイエーが、開閉式のドーム球場、高層ホテル、アミューズメントドームの3つを整備する予定でしたが、バブルが崩壊しダイエーの経営の先行きも怪しくなってきたことから、開閉式のドーム球場と高層ホテルのみが実現しませんでした。これが今のヤフオクドームとヒルトン福岡シーホークホテルです。
その後、アミューズメントドームを建設予定だった土地に建設されたのが、今のホークスタウンモールです。

モール1とモール2が完成し、当初は賑わっていましたが、郊外へのイオンモールをはじめとする大型商業施設の進出、都心部の商業施設のリニューアルなどが続き、軌道系のアクセスがなく駐車場代も高いホークスタウンモールは次第に寂れていきました。
ドームでイベントがある時にしか人が集まらないため、最近は空きテナントだらけのゴーストタウンのようになっていました。

ちなみに閉店直前のメインテナントはZepp福岡、ユナイテッドシネマ福岡、HKT48劇場、ハードロックカフェ福岡、レッドキャベツホークスタウン店等がありましたが、最盛期にはトイザらスやナムコ、多くの専門店街の他にスーパー銭湯や屋内フットサル場などがあったため、かなり寂れていたことがわかります。

別冊新建築1992 日本現代建築家シリーズ15 三菱地所

中古価格
¥1,399から
(2017/7/30 12:49時点)




◆工事状況
ターミナル再編事業の工事状況を紹介します。
記事は一番下が古く一番上が最新です。

ホークスタウンモール跡地複合再開発事業:工事状況part1

ホークスタウンモール跡地複合再開発事業:工事状況part2





◆再開発ニュース
この再開発計画に関する最新のニュースを紹介します。
記事は一番下が古く一番上が最新です。


・Zeppや映画館の復活する商業モールはマークイズに!タワマン2棟も併設する大型再開発始動!

10月28日金曜日ついにホークスタウンモール再開発の続報がきました!

ホークスタウンモール跡地複合再開発計画について (PDF 533KB)


(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画について (PDF 533KB) からの引用です。)

商業施設は三菱地所の旗艦ブランドであるマークイズになり、高さ106㍍のタワーマンション2棟も建設され、マンションの総戸数は578戸という大規模な計画です!

イメージ図は前回とほぼ変わっていないように見えますが、後ろにちゃんとタワーマンションが2棟見えますね!まだデザインは決まっていないようですが、三菱地所ですし期待してもよさそうですね‼

他にもイメージ図にはマークイズのロゴが描かれている他、既存のペデストリアンデッキとの接続も描かれています。
右奥に描かれているのがアネックス棟で、恐らく低層階が商業施設で高層階が立体駐車場というふうになっていると思われます。ちなみにアネックスとは分館、別館という意味です。

テナントはホークスタウンモール時代にあったZepp福岡とユナイテッドシネマ福岡の復活が正式に決まったようですね!
Zeppの復活によって、市内のライブホール不足問題は緩和に向かうかと思われます。規模が前回とほぼ同じなのか、更に大規模になるのか気になります!
映画館も恐らく4DXやIMAX等の最新設備を完備した施設になるものと思われますので、一定の集客力は確保できそうですね!

ただ、これだけだとホークスタウンモール時代と変化があまりないので、もっとインパクトのある娯楽施設を入れてほしいですね…
ミニ水族館や美術館、キッザニア、ジョイポリスのような体験型施設やクライミングウォールなど施設全体が娯楽となるようなものを設置することによって、ただショッピングする場所ではなく、次も来たくなるような魅力的な施設にしてもらいたいです。


(画像はホークスタウンモール跡地複合再開発計画について (PDF 533KB) からの引用です。)

1番の問題であった渋滞緩和策や駐車場についても触れられていました。
まず駐車場に関してはアネックス棟の立体駐車場が約1300台であり、ホークスタウンモール時代の約700台からほぼ2倍近い規模になっています!
また、駐車場料金設定の工夫にも言及していることから、ドームイベント開催時の値段やモールでの買い物金額に応じて時間無料等様々な料金プランが設定されそうです。

モールを使わないイベント客に対しては高く、買い物をしたお客様には二時間無料のように、しっかり分けて混雑を緩和してほしいですね。

バス乗り場の整備についても言及していますが、今バス停が整備されている場所に完成イメージ図ではバス停が見当たらないことから、もしかしたら商業施設棟とアネックス棟の間か、共同住宅棟の間にバス停が整備されるかもしれません。そうすれば、大部混雑の緩和になりそうです。

各棟の間を通る道が公共交通と住民専用道路なのか、駐車場利用者も含め皆通れるのか色々と気になります。ある程度分離されていないと、ドーム渋滞やモール駐車場渋滞に住民が常に巻き込まれることになりますし…
市と協力して周辺の道路の交差点の改良も行うようなので詳細が気になります。

自動車動線と歩行者動線を分離することも書いてあるので、既存のよかトピア通りを跨ぐ2つのペデストリアンデッキの他に、各棟間やドームとの間にも整備されるものと思われます。


テナントの詳細やマンションのデザイン、渋滞対策など色々気になることがあるので今後の続報に期待します!


2016年10月30日



・計画の概要とイメージ図が発表されました!


(画像はホークスタウンモール再開発計画について (PDF 300KB) からの引用です。)
詳細は出ていませんが、大まかな情報は発表されました!
イメージ図は正直がっかりしました…
交通の便もよくなくドーム利用客に左右されやすい土地なので、キャナルシティのようにもっとインパクトのある計画を期待していましたが、普通の大型商業施設っぽい感じになりましたね。
エキスポシティのように観覧車や水族館など娯楽施設を充実させた体験型の施設の方が集客できると思うんですがね…

延べ床面積は三菱地所として最大の商業施設になるようですが、中身に特色がないと数年後にはホークスタウンモールのようになってそうで心配です。
ユナイテッドシネマ福岡とZepp福岡とは再出店に向けて交渉中のようですが、HKT劇場は天神に移転することが決まったので、恐らく再出店はないものと思われますし、どのような魅力のあるテナントが入るのか気になりますね。
何はともあれZepp福岡との交渉が行われているということは、Zepp福岡の完全撤退は避けられそうなので良かったです‼

イメージ図を見る限り、奥に大型の立体駐車場のようなものが見えますので、新たな交通機関は整備せず、駐車場の大型化によって郊外型店舗に対抗していくものと思われます。

また、一部報道ではマンションも建設するとされていましたが、イメージ図には描かれていないため、どうなるかは不明です。個人的にはタワーマンションを建てて欲しいですけどね。


2016年4月19日



・ホークスタウンモール再開発へ 2018年に開業!

前略

新商業施設の具体的な計画は未定だが、施設名には三菱地所の商業施設の旗艦ブランド「MARK IS(マークイズ) 」 を採用する案が有力。順調に進めば、18年にも開業する見込みだ。服飾雑貨や飲食など多彩なテナントを入れ、市内外からの買い物客の取り込みに加え、急増するアジアなどからの訪日観光客の需要にも対応する。

中略

マンション建設については、三菱地所側が計画の可否について行政当局と協議しているもよう。地場大手を含む他社との共同開発も選択肢で、数百戸規模となる可能性もあるという。

後略

西日本新聞12月23日水曜日朝刊からの一部引用です。




やはり予想があたっていましたね!
とりあえず、今のホークスタウンモールとは3月でお別れとなります…
築年数が浅いため、大規模なリニューアルかと思っていましたが、建て替えのようなので良かったです!流石は天下の三菱地所です。

どんな施設になるのか詳細は一切出ていませんが、MARK ISになる可能性が高いようですね。プレミアムアウトレットは鳥栖にあるため無理ですし…

テナントは現在の映画館やZepp福岡、HKT48劇場などの娯楽施設を再び入れてもらいたいところですが、ホークスタウンモール閉店後にZepp福岡とHKT48劇場は場所は決まっていませんが、他の場所に移転するようなので、その移転が恒久的な移転なのか、一時的な移転なのかにもよりますね。

報道で触れられていないので、無いのでしょうが、オフィスフロアや不足しているホテルなどを併設して貰いたいものです。

ただの商業施設にしてもホークスタウンモールの二の舞になると思うので、ジョイポリスやキッザニアのように遊べる屋内の施設を期待したいところです。
いっそ水族館や遊園地とか

マンションの建設についても触れてありますね!
低層階は商業施設で高層階は住居という形なのか、別棟なのかわかりませんが、タワーマンションを期待したいですね。
高さ制限は約130㍍ですし!

ただ、ドームに近いので騒音とか、イベント時の渋滞など様々な問題を抱える立地になるので、問題点は山積みです。

何よりもホークスタウンモールが寂れた理由である、駐車場の問題とアクセスの問題が大きいかと…
三菱地所はそこに関してどのように考えているんでしょうかね…

現状はバスが便利なので、市と協力してバス専用レーンを設置するのか、何らかの新しいアクセスを整備するのか、地下鉄の駅まで動く歩道的なのを整備するのか。
考え始めたらきりがありませんが、これに関しては三菱地所単独ではなく、市などの協力がないと何もできない気がします。

地下鉄やモノレールを整備するのは非現実的ですし、単に駐車場を安くしても周辺の渋滞が悪化しますし…

個人的には都市高速経由のバスが、一般道に降りずに直接ドーム付近に来れるバス専用道を整備するのが良いかと。
これも非現実的ですけどね…


いったいどんな施設になるのか、アクセスは何らかの形で改良されるのか、今後の発表を待つのみですね!



2016年1月20日






・ Zepp福岡閉鎖へ ホークスタウンモール再開発か?

福岡市中央区地行浜のホークスタウンモールにある大型ライブハウス「Zep Fukuoka」(ゼップフクオカ)が2016年5月8日で営業を終了することが10日、分かった。
運営するソニー・ミュージックエンタテイメイント子会社の関係者は「運営に問題はなかったが、モールが改装するため」と説明している。

中略

モールの土地と建物は今年1月、三菱地所が信託受益権を取得。現在は映画館や飲食店などが入っているが、半分程度が空きテナントになっている。三菱地所は「当面は現状のまま営業する。改装は検討中」としている。

西日本新聞2015年4月11日朝刊からの一部引用です。




ニュースやネットでは話題になっていたのですが、なかなか新聞で報道されず本当なのか?なんて思っていましたが、本当でした!

Zepp福岡が来年閉鎖されるそうです!

移転構想のあるサンパレス、建て替えられる福岡市民会館と同時期に福岡市からライブ会場が消えることになりそうです😵

最新設備があるZepp福岡、移転になった場合の音響効果が素晴らしいサンパレスとこの2つが一時的であれ無くなるのは、福岡にとってはかなり痛手ですね。

Zepp福岡でライブを開催していたミュージシャンは再来年からどこでライブを行うのでしょうかね?

1月に三菱地所が取得してから何らかの動きがあると思っていましたが、思っていたより早かったです!

今のホークスタウンモールはゴーストタウンに近い状態になっているので、大幅なリニューアル、欲を言えば再開発してもらいたいですね!
今のモールは築年数は若いけれども構造がややこしいですし……
トイザらスの位置とか特に(笑)

再開発して低層の商業施設と高層マンションとかになったら良いですね!


今のままリニューアルする場合も駐車場代をどうにかしないといけませんね。
他の商業施設に比べて高すぎます‼


まぁ色々と妄想を膨らませていますが、記事をよく読んでみると引っ掛かる部分があります。

Zepp福岡が閉鎖する理由は、経営状態ではなくホークスタウンの改装のためとZeppの運営会社は言っているのに対して、モールを所有する三菱地所は当面今のままで営業し改装は検討中と言っているところです。

改装が理由の閉鎖なのに改装を検討中とはおかしな話です。
改装を検討中なのに集客力のあるZepp福岡を追い出すとは思えないので、大幅な改装の計画が動き出している可能性も有り得ますね。

今後の動きが気になります!


2015年4月23日


福岡ドーム

中古価格
¥749から
(2015/4/14 22:44時点)


子供病院跡地の現状とこれから

撮影日:2017年1月4日


こども病院がアイランドシティに移転して以降、2年間そのまま放置されていましたが、2016年に解体工事が行われ2017年1月の時点では解体が完了していました。
今は囲いも無くなり完全な更地になっています。

こども病院の建設費用は跡地の売却費用でも賄うので、跡地は民間企業への売却となります。当初は跡地及びその周辺に代替となる医療施設(小児科)を新設する予定でしたが、小児科医不足や採算性の問題、周辺医療施設に余裕があることから断念されました。


立地は地下鉄唐人町駅から徒歩圏内、都市高速百道ICと西公園ICに近接、よかトピア通りに面しているためアクセスはかなり良いところにあります。
また、ヤフオク!ドームや2019年に開業予定のマークイズ福岡も川を挟んで目の前にあるため、娯楽施設や商業施設にも困らなさそうです。

敷地も約1,700㎡と広大であるため、恐らく地場か大手のディベロッパーが落札して、タワーマンション等の大型マンションを建設するものと思われますが、少し気になる点もあります。

水色:こども病院跡地


敷地の目の前を通るホークスとうじん通りは、ヤフオク!ドームでの野球やイベント開催時に地下鉄へのアクセスルートとして多くの人が通ります。
マンションを建てるとなった場合、夜に大勢の人が通ったりするので、閑静な住宅街とは言えないかも知れません。また、イベント開催時にはよかトピア通りを始めとする周辺の通りは渋滞となるため、車での移動がしづらい点等があります。

もう1つ気になるのは土地の由来です。ネットで調べると幾つかヒットするのですが、元々このあたりは福岡藩の時代に処刑場があったらしいです。更に周辺にはお寺や墓地が多く、跡地もそもそも病院跡地なので気になる人にとってはあまり良い土地とは思えないかも知れません。自分は幽霊は信じていないので問題はないと思っています。


個人的にはマンションだけにこだわらず飲食店街とかでもいいのでは?と思っています。
商業施設はマークイズ福岡ができるので、この敷地で対抗する商業施設を建てるのは厳しいですが、ヤフオク!ドームやマークイズ福岡の利用客が多く利用するホークスとうじん通り沿いに、福岡らしさのある屋台・ラーメン街や唐人町という名前にちなんでプチ中華街みたいな飲食店街でも良いと思います。

現状のホークスとうじん通りは多くの通行人がいるにも関わらず、暗く何もないただの道になっているので、ここに新たな賑わいを創出すると、単なる通過点ではなく唐人町商店街等周辺に賑わいを波及する観光スポットになるのではないかと思います。

実際どこに売却されるのか何ができるのか、今の時点では何もわかりませんが、ホークスとうじん通りに賑わいをもたらす観光スポットのようなものができると面白いかもしれません。

九大六本松キャンパス跡地「青陵の街」 再開発事業

・計画概要


(画像はUR 九大六本松跡地再開発について(HP)からの引用です。)

九州大学の伊都キャンパスへの移転・統合に伴う、六本松キャンパス跡地の再開発事業です。

地下鉄六本松駅に直結しているため非常に利便性高いところです。

裁判所、弁護士会館、検察庁などの司法関係の施設と複合施設(市青少年科学館、九大法科大学院、商業施設など)を2020年完成を目指して整備する計画です。

(画像はJR九州 ニュースリリース 2015年3月23日 六本松に新しい まち をつくります(PDF)からの引用です。)

複合施設には、現在の長浜にある少年化学文化会館を名称を市少年科学館に変えて移転(巨大なプラネタリウムも整備予定)し、百道浜のTNC放送会館にあるロボスクエアも移転し科学館に併設予定。
九州大学法科大学院も移転予定。

司法関係の施設と文化及び科学系の施設と大学院が出来るので文教地区になりそうですね。

六本松は航空法による高さ制限100㍍弱位ですが、都市計画のルールでは周辺住民の提案により高さ制限が60㍍に定められていますが、再開発地域の北側の商業地区では計画の内容によっては、最大90㍍まで緩和出来ます。
まぁ民間が建てるんだし80㍍は越えてほしかったんですけどね………
まぁJRは上場を控えていますし…

詳細はUR 九大六本松跡地再開発について(HP)







・地区別計画概要


・ 福岡高地家簡裁庁舎



(画像は150320_CASBEE_福岡高裁.xlsx(PDF)からの引用です。)


階数…

地上12階、地下2階建て


入居施設…

福岡高裁・地裁・簡裁・家裁


移転理由…

福岡高裁・地裁・簡裁
(現庁舎の老朽化と城内にあり、文化財保護によって2021年3月までの立ち退きが義務付けられているため。)

福岡家裁
(現庁舎の老朽化と耐震問題のため。)


延べ床面積…

56,903㎡


敷地面積…

20,000㎡


所在地…

福岡市中央区六本松4丁目300番22


高さ…

約60㍍


着工時期…

平成27年(着工済み)


竣工時期…

平成30年7月


総工費…

約191億円


その他…

市内の4裁判所が1つの庁舎内に集約される計画であり、4裁判所が集約されるのは国内初の事例である。


跡地…

福岡城復元事業によって公園に整備予定。





・福岡県弁護士会館

階数…

地上?階、地下?階建て


入居施設…

福岡県弁護士会


移転理由…

老朽化と六本松への司法集約のため?


延べ床面積…




敷地面積…




所在地…

福岡市中央区六本松4丁目300番


高さ…

約40㍍


着工時期…

平成?年


竣工時期…

平成?年


総工費…

約?億円


跡地…

福岡城復元事業によって公園に整備予定。





・検察庁舎

階数…

地上?階、地下?階建て


入居施設…

福岡地方検察庁


移転理由…

老朽化と六本松への司法集約のため?


延べ床面積…




敷地面積…




所在地…

福岡市中央区六本松4丁目300番


高さ…

約45㍍


着工時期…

平成?年


竣工時期…

平成?年


総工費…

約?億円


跡地…

道路を挟んで隣接している舞鶴小中学校の小学校グラウンドを整備予定。

青春群像さようなら六本松―一九二一福高ー九大二〇〇九

中古価格
¥4,392から
(2015/5/24 01:01時点)






・JR九州が開発する東西の複合施設

「人と人がつながり響きあう“まち”』
住む人、働く人、学ぶ人、訪れる人が つながり、交流する“まち”をつくります

(画像は2017年01月30日 リリース 新しい“まち”六本松にバラエティ豊かなお店が登場!-六本松地区開発 出店店舗のお知らせ- (PDF)からの引用です。)

(画像はJR九州 ニュースリリース 2015年3月23日 六本松に新しい まち をつくります(PDF)からの引用です。)



・東側複合施設

●六本松421


(画像はJR九州 ニュースリリース 2015年3月23日 六本松に新しい まち をつくります(PDF)からの引用です。)

●SJR六本松

(画像は2017年01月30日 リリース 有料老人ホーム「SJR六本松」平成29年9月1日開業。3月4日から入居募集を開始します! (PDF) からの引用です。)


名称…

六本松421、SJR六本松


階数…

地上13階、地下1階建て


入居施設…

●六本松421
地上1階:商業ゾーン(六本松マルシェ)

地上2階:商業ゾーン(TSUTAYA書店、クリニックゾーン等)

地上3階:九州大学法科大学院

地上3~6階:福岡市科学館

●SJR六本松
地上1~13階:住宅型有料老人ホーム(SJR)

地上2~5階:駐車場(200台)、駐輪場(400台)


延床面積…

約37,000㎡


敷地面積…

約9,950㎡


所在地…

福岡市中央区六本松四丁目300番15


高さ…




着工時期…

平成27年 秋(着工済み)


開業時期…

平成29年 秋


テナント…

1階:「六本松マルシェ」

(画像は2017年01月30日 リリース 新しい“まち”六本松にバラエティ豊かなお店が登場!-六本松地区開発 出店店舗のお知らせ- (PDF)からの引用です。)

核テナントはボンラパスとなっており、他にドラッグイレブンや花屋、パン屋など「食」を中心に計10店舗が出店予定です。


2階:商業ゾーン

(画像は2017年01月30日 リリース 新しい“まち”六本松にバラエティ豊かなお店が登場!-六本松地区開発 出店店舗のお知らせ- (PDF)からの引用です。)

ツタヤとしては九州最大の規模でシニア層を狙った業態の蔦屋書店と学童保育のKids JR六本松、4つのクリニックが集まったクリニックゾーンが出店予定です。



福岡市科学館…

ロゴマークは科学に不可欠な「着眼点」を表現しています。

福岡市科学館公式サイト

(※福岡市科学館のロゴマークや完成イメージ図は全て公式サイトからの引用です。)

1階から3階のエントランスまで直通エスカレーターで行けます。ドームを囲むように屋上庭園も設置されるようです。


東側複合ビル「六本松421」の3~6階に入居し、基本展示室(2500㎡)や企画展示室(700㎡)、プラネタリウム室(700㎡)などを設置し2017年秋に開館予定です。



:ドームシアター

ドーム径は日本最大級の25mの大きさを誇り、220席のシートがゆったりと配置されます。
設備は最新光学式投影機と高解像度デジタル式投影機、3Dデジタルサラウンドシステムが導入され、驚異の立体感と臨場感を目と耳で体感できます。


:基本展示室

「宇宙」「環境」「生活」「生命」の4つの分野をワンフロアで体験できる展示構成となっています。

「宇宙」

宇宙や地球について大型の体験型展示で学ぶことができます。
惑星や人工衛星が天井に吊るされており、何の展示がされているのかわかりやすいですね。

「環境」

地球の環境や福岡市の環境を巨大なジオラマで学ぶことができます。
大きな木や鳥からテーマである環境をイメージしやすくなっていますね。

「生活」

身近なところに潜む技術や生活を支えている技術を学ぶことができます。
ドローンやロボットが多く見えるので、かなりロボット色の強い構成になりそうですね。

シーサイドももちにあった「ロボスクエア」はここに移転してきます‼

「生命」

人体の仕組みや医療、生命について学ぶことができます。
血液や細胞をイメージさせる展示になっていますね。

4つの分野とは別に「フューチャーゾーン」という未来について学べる参加体験型の展示ゾーンもできます。

他に大規模な実験をライブ体験できる「サイエンスショーステージ」も設置されます。

:諸室

科学の本が揃う「情報ライブラリー」です。興味を拡げる秘密のシステムがあるそうです。

あらゆる分野のものづくりを体験できる「オープンラボ」です。

座席数300席のホールは、舞台機構や音響性能、4K映像システムを備えており、講演会だけでなく演劇等多目的に対応しています。地域の方々も利用する六本松の重要なホールになりそうですね。

その他にも「実験室」や「クリエイティブラボ」、「キッズコーナー」等があります。



旧福岡市少年科学文化会館の跡地利用…

検察庁跡地と同じように、道路を挟んで隣接している舞鶴小中学校の小学校グラウンドを整備予定。

世界から集客! JR九州・唐池恒二のお客さまをわくわくさせる発想術

新品価格
¥1,620から
(2015/5/24 01:05時点)






・西側複合施設


(画像はJR九州 ニュースリリース 2015年3月23日 六本松に新しい まち をつくります(PDF)からの引用です。)


名称…

MJR六本松


階数…

地上14階建て


入居施設…

地上1階:商業施設

地上2~14階:分譲マンション(MJR)( 総戸数、351戸)


延床面積…

約43,590㎡


敷地面積…

約11,200㎡


所在地…

福岡市中央区六本松四丁目300番12


高さ…




着工時期…

平成27年3月 (着工済み)


開業時期…

平成29年3月下旬(マンションの販売開始は平成27年5月下旬)


テナント…

1階:商業ゾーン

(画像は2017年01月30日 リリース 新しい“まち”六本松にバラエティ豊かなお店が登場!-六本松地区開発 出店店舗のお知らせ- (PDF)からの引用です。)

居酒屋やレストラン、カフェ、コンビニ、携帯ショップなど多様な種類の店舗が13店舗出店予定です。

JR九州のひみつ

新品価格
¥1,646から
(2015/5/24 01:03時点)





・初期の複合施設のデザイン



(画像は平成26年3月議会 第2委員会報告資料からの引用です。)

初期のイメージ画像は全体的に暗い感じですね。良く言えば落ち着いているんですが。

東側は断然新しいイメージ画像のほうが良いですね!西側はあまり変わってませんが…





◆工事状況
ターミナル再編事業の工事状況を紹介します。
記事は一番下が古く一番上が最新です。

九大六本松キャンパス跡地再開発:工事状況part1




◆再開発ニュース
この再開発計画に関する最新のニュースを紹介します。
記事は一番下が古くて一番上が最新です。


・九州最大級のTSUTAYA出店へ!

レンタル大手TSUTAYA(ツタヤ)が、福岡市中心部にシニア層を狙った大型書店を来年秋に出店することが分かった。売り場面積は約3千平方メートル。ツタヤとして九州で最大規模、初業態という。関係者によると、同市中央区六本松の九州大キャンパス跡地で最終調整している。出店に合わせ、同区今泉1丁目の「ツタヤブックストア天神」を来年秋に閉店する。

後略

西日本新聞2016年7月1日朝刊からの一部引用です。



青少年科学館などが入る東側複合ビルに入居するようですね。九州最大級の規模となっているので、商業エリアである1階と2階の2フロアを全て占めることになりそうです。
西側複合ビルにはスーパーが入って六本松再開発のテナントは全部決まりそうですね!

よくわかんないお店やコンビニが入るよりブランド力のあるTSUTAYAの九州最大級の店舗が入るほうが、六本松の魅力アップに繋がるので良いと思います!

シニア向けTSUTAYAとはいったいどんなものなのか、まったく想像できません…が、子供やその家族が訪れる科学館と学生が通う大学院、裁判所で働く大人、シニアが集まるTSUTAYAと様々な世代を集める魅力ある街になれるのか気になりますね!
完全にシニアのみをターゲットにした店だと他の世代からすると若干辛いものはありますが…


何よりも驚きなのは、それに伴い国体通り沿いにあるTSUTAYAブックストア天神が来年の秋に閉店するということです…!
ここは普通の本屋としての機能以外に、店内の本を持ち込めるスタバや雑貨、企画展、DVDやCDの取り扱い、福岡市のスタートアップカフェなどがあり、ターゲットである若者だけでなく多くの世代が訪れている印象がありました。
TSUTAYAブックストア天神と向かい側のアップルストア、隣にできたばかりのソニーストアとちょっとした賑わい創出拠点になっていただけにとても残念です…

採算はとれていたようですが、福ビルにあるTSUTAYAとターゲットが被るため、福ビルのTSUTAYAに一本化するようです。しかし、数年後には福ビルの建て替えが動き出しますし、建て替え中はどうするんでしょうかね…
個人的には福ビル建て替えまで2店舗体制で、建て替え中はTSUTAYAブックストア天神に集約、建て替え後は福ビルに一本化のほうが良いように思うのですが…

TSUTAYAはスタートアップカフェを継続する意向のようなので、恐らくスタートアップカフェも福ビルに移転するものと思われます。
それにしても、TSUTAYA移転後のあのビルに何が入るのでしょうね… まだ来年の話ですがかなり不安です。


2016年8月29日




・どうなる?青少年科学館の移転

 福岡市は13日、「市青少年科学館(仮称)」の九州大六本松キャンパス跡地(中央区)への移転計画について、JR九州が建設する複合施設への賃料として、30年契約で計94億5880万円(税抜き)を同社に支払う方針を明らかにした。翌年度以降に必要な予算を前もって確保する債務負担行為として、市議会6月定例会に議案を提出する。

中略

 市は当初、JR九州に30年間の賃料として上限約100億円(年間3億3188万円)を提示。その後、同社と交渉して全体で5%減額した。最初の10年間の年間賃料は上限額を支払うが、11~20年目は5%減の3億1530万円、21~30年目は10%減の2億9870万円とする。
 市は「土地購入費など財政負担が減り、複合施設の一部を借りた方がワンフロアの面積を広く確保でき、展示の自由度が増す」などと主張しているが、市議の中には「賃料が高額」「市が土地を購入して整備した方が財産になる」など賃貸方式に慎重な意見もある。

西日本新聞2014年6月14日朝刊からの引用です。



やはり問題になっているようですね。

私も賃貸ではなく単独整備が良いと思います。新聞の図を見る限る単独整備では土地が狭くなるため、8階建てになっており基本展示室が数フロアに分散し、プラネタリウムが少し小さくなっていますが、展示室の面積は賃貸の場合と変わりはありません。

水戸岡さんがデザインする外観に興味もあるんですが、科学館は公共施設であり将来的に閉館することもない施設なので、30年賃貸で約95億円というのはちょっとどうかと。将来的にどっかに移転するなら別ですが・・・

いくら初期投資が抑えられるといっても、税金で95億円払ったのに30年後には何も残らないのは市の損に繋がるかと。
しかも賃料が周辺の相場より高いというのも引っ掛かります。

30年後どうするんでしょうね?更に契約を結べば単独整備の方が得になる。
新たに移転整備しても30年前に単独整備をしておいた方が得になる。・・・(´д`|||)

そもそもそこまでして六本松にこだわる必要もないように思えてきます。
アクセスの良さを求めるなら箱崎九大跡地、そこまで求めないのならアイランドシティでも。市の土地は沢山ありますし。
千早駅前に建設予定の市民センターに併設したりするのも良いと思います。市民センターは低層で広大な土地を使う予定なので、土地代はかからずに副都心の新たな魅力を整備出来るかと。

議会での議論で単独整備や賃料の大幅な値下げなどになると良いんですけど。

2014年6月29日




・JR九州の提案内容が判明・・・

(画像と情報源は平成26年3月議会 第2委員会報告資料からの引用です。)
イメージ画像を見たらわかるように・・・高層ビルは建たないようです(´д`|||)
一部ではJR九州による鉄道博物館建設の噂もあり、個人的に色々と楽しみにしていたのですが、正直何とも言えない内容です。

東側複合施設に科学館と老人ホーム、西側は低層階にちょっと商業施設と高層階に分譲マンション。
東側は建物のデザイン的には、プラネタリウムのドームがあったりして良いんですが、老人ホームを入れる必要があったのかと疑問に思います。
西側はせめてマンションをスリムなタワー型のデザインにしてもらいたかったかです・・・・
六本松は駅に直結していて、都心に近接しているので、タワマンでも需要はあると思うんですけどね。商業施設の面積ももう少し広くとっていいものかと。地元の商店街がスーパーを核に出店したいと言っているし。

JR九州は上場を目指して経営を安定化させているので、このように安全志向になるのでしょうかね?JR九州は鉄道部門で思いきったことをして成功しているので、都市開発の部門でも思い切った開発をしてほしかったんですけどね。
う~んまだ構想段階だから変更があるでしょうが、その際にはもう少し六本松が賑わうような内容になることを願います。

2014年4月9日




・東西複合ビルの土地をJR九州が落札


(画像と情報源は「青陵の街・六本松地区」における土地の落札についてからの引用です。)
JR九州によると東西複合ビル用地の入札で落札者に決定したとのことです。
最近は大型事業を大手が落札して、地元がなかなか落札できない状態が続いていたので良かったです!
土地は平成26年7月末に引き渡されるそうなので、それまでに詳細が発表されると思います。
個人的には90㍍のビルを建ててほしいです。テナントも「あるあるCITY」のようにサブカルの店を集めるなど、天神や博多とは違うタイプになった方が競合せずに済み、新しい魅力になるので良いと思います。
JR九州は駅ビルやマンションの開発でノウハウを積んでいますから期待できそうですね!

2014年2月20日




・地元16社の共同体参画へ


福岡市中央区の九州 大六本松キャンパス跡 地(約6・5ヘクター ル)の再開発事業につ いて、九州住宅建設産 業協会(福岡市、17 2社)加盟の16社が 共同企業体を組み、参 画する方針であること が17日、分かった。跡地を所有する都市再生機構(UR)が実施する入札で落札できれば、地域に密着した施設を目指して、病院や福祉施設なども入居する19階程度の複合ビル2棟を建設する方針。

中略

16社のうち15社が福岡市に本社を持つ中小デベロッパー。複合施設はマンションや商業施設のほか、テナントとして学習塾など地域のニーズが高い業種の入居も計画している。諸藤敏一理事長(コーセーアールイー社長)は「地元の大規模な再開発であり、天神にあるオフィスビルとは異なる施設を造りたい」と話している。

西日本新聞2013年12月18日からの引用です。



19階建ての複合ビルを2棟と書いてありますね。今回は複合ビルなので19階建てでどれぐらいの高さになるのか正解に予想できませんが、ざっくり予想してみました。
マンションでいう19階建ては、60㍍以上になると厳しくなる規制を避けるためにだいたい高さ60㍍弱になります。
オフィスでいう19階建ては、久留米市庁舎20階建て91.3㍍を参考にすると90㍍になります。
このように同じ階数でもオフィスとマンションは階高が違うので高さがかなり変わってきます。

六本松は高さ制限は110㍍位ですが、周辺住民の意見によって原則60㍍特例90㍍に制限されています。
建設される予定の複合ビルは低層階が商業施設、中層階がその他の施設など、高層階がマンションと予想するとざっくり80㍍位になります。80㍍を越えるとなかなかの迫力になるので越えてほしいですね。
低層階が商業施設やその他の施設、中高層階がマンションと予想するとざっくり70㍍位になります。
どんな規模であろうとビル内に商業施設や少年科学文化会館、大学院などが入ることが想定されているので、19階建てを建てるのなら高さは60㍍を越えるものと思われます。

病院や福祉施設、塾などの入居も想定するとはかなりの規模の複合ビルになりそうですね。
地域のニーズが高い施設の入居が実現すれば、気軽によることが出来る便利な地域に密着したビルになるかもしれません。

2013年12月28日




・六本松商店連合会が商業モール建設か?

九州大六本松キャンパス跡地(福岡市中央区、約6.5㌶)の再開発計画で、学生や教職員の流失に危機感を強める地元の六本松商店連合会(75店舗)の有志が、再開発ビル内での商業モール建設を目指し、協同組合を設立した。跡地を所有する都市再生機構(UR)は来年2月に入札を行い、開発業者を決める予定。
組合は「業者と交渉して一部を買い取り、スーパーを核とした商業モールを造りたい」としている。
組合は、11月中旬に六本松で飲食店や薬局などを営む7人で結成。名称は「青陵モール共同組合」で、六本松キャンパスにあった旧制福岡高等学校の同窓会名「青陵」から取った。今後、20人程度まで増える見込みという。
後略

西日本新聞2013年12月10日からの引用です。



個人的には凄く良いニュースだと思います。再開発などで商業施設ができるとき必ずといっても良いほど起きるのが、地元の商店街などの懸念や反対運動などです。これによって商業施設の規模を縮小する場合もあり、結果として再開発による賑わいの創出が出来ず失敗することもあります。

六本松の再開発も商業施設の規模によっては反対運動が起きるのかと心配していました…が!今回は地元の商店連合会が反対するどころか、商業施設部分にモールを建設するという驚きのニュースでした!ただ懸念したり反対するよりも断然良い方法だと思います(*´∇`*)
危機をチャンスに変えるといった感じですね!
初期投資は結構かかるだろうけど、駅に接続しておりある程度の集客も見込めると思うので、長期的に見ると良いと思います!

ただ参加者が75店舗中7人、今後20人程度までしか増える見込みがないのが問題ですね…
もう少し増やさないと魅力のあるモールがつくれないかも知れません。
もしうまくいったら名前は「青陵モール」になるんでしょうか?なんとも言えませんね…

2013年12月18日




JR九州が開発参画検討へ


前略
URが事業者を募集しているのは、跡地北側の二つの街区(計約2万1千平方メートル)。福岡市の青少年科学館(仮称)と九大法科大学院が賃貸で入る二つの複合施設を整備することなどが条件となる。
URは24日から、土地購入を希望する事業者に募集要領を配布しており、JR九州は同日、資料を入手し、社内で本格的に検討を始めた。各地の駅ビル開発でノウハウを蓄積した商業施設と「MJR」などの分譲マンション建設を想定しているという。
後略

西日本新聞2013年9月27日朝刊からの引用です。



JR九州ですか本格的な駅以外の開発にも乗り出してきたようですね。
駅ビル開発のノウハウを蓄積した商業施設というのは、アミュプラザでしょうか?まぁ規模を考えるとデイトスかな?
それとも新しいタイプの商業施設かな?

この地区は内容によっては高さ90㍍のビルを建設可能なので、高層ツイン複合ビルの建設もあり得ますが、JR九州は上場を控えているので、リスクを伴う大型開発はしないかも知れません…

西鉄とかはこの開発に参加しないんでしょうかね?

個人的には森ビルによって六本木ヒルズならぬ六本松ヒルズ的なものをつくってほしいです。
美術館とか展望室も併設して。

2013年11月3日




・少年科学文化会館は賃貸入居方針へ

福岡市は土地や建物を所有せず、民間事業者が整備する施設に賃貸入居する考えを、市議会条例予算特別委員会の分科会に報告した。
市の案によると、同会館は跡地北東側に整備。
跡地を所有する都市再生機構(UR)が民間事業者を募り、選ばれた業者が土地を購入して複合施設を建設。このうち約1万平方㍍に賃貸入居する。
中略
URは今夏にも事業者の公募を開始。市は来年12月に、開館時期などを定めた基本計画を策定する予定。

西日本新聞2013年3月13日朝刊からの引用です。



賃貸なら初期投資がかからないのはいいけど、少年科学文化会館は何十年もそこにあり続けるものだからね…

初期投資を抑えたとしても将来的には、賃貸金が初期投資を上回るだろうしね(-_-;)
将来またどっかに移転するのなら話は別だけど、移転するつもりも無いのならこの方式はあまり支持出来ませんね。

2013年3月14日





追記…

2015年5月24日:記事の大幅なリニューアル。

2017年2月25日:入居テナントと福岡市科学館の情報を追加。

これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥1,365から
(2013/5/7 22:48時点)


プレミスト天神赤坂タワー プロジェクト

・計画概要

(上の2枚の画像はプレミスト天神赤坂タワー 公式HPからの引用です。)


正式名称…
(仮称)JT福岡ビル跡地計画




所在地…

福岡市中央区大名2丁目249番1




階数…

地上24階建て




高さ…

約85㍍?(高さ制限は約85㍍)




テナント…





総戸数…

220戸




駐車場、駐輪場…

駐車場:タワーパーキング126台

駐輪場:平面式20台、ラック式200台




敷地面積…

3,135.91㎡




延床面積…

?㎡




用途…

集合住宅




建築主…

大和ハウス工業株式会社




総事業費…

約?億円




着工時期…

平成28年9月頃(2016年) 着工済




竣工時期…

平成30年10月下旬(2018年)




入居時期…

平成31年2月下旬(2019年)




公式サイト…

プレミスト天神赤坂タワー 公式HP

日本のビルベスト100

新品価格
¥1,944から
(2017/1/9 22:55時点)




・完成イメージ図

(画像はプレミスト天神赤坂タワー 公式HPからの引用です。)

新たな完成イメージ図が公開されていました!

普通のマンションのようなデザインではなく、ガラスを多用しつつも落ち着きのあるデザインとなっており、オフィスビルに近い感じになっています。
ベランダの柵もガラスっぽくなっていて、ベランダ以外の部分との統一感があります。

(画像はプレミスト天神赤坂タワー 公式HPからの引用です。)

プレミスト天神赤坂タワーは天神赤坂地区で最高層の建物となるので、周辺の建物より圧倒的に高いですね‼

(画像はプレミスト天神赤坂タワー 公式HPからの引用です。)

大濠公園側の部屋からの眺望です!凄すぎます!
夜は福岡タワーなどのあるシーサイドももちの夜景を楽しめそうです。
実際には大濠公園方向にMJR赤坂タワーが建つので少し変わりそうですが、圧倒的な高さから見る景色はかなり良さそうです!天神側からの眺望も見てみたいものです。





◆工事状況
ターミナル再編事業の工事状況を紹介します。
記事は一番下が古く一番上が最新です。


プレミスト天神赤坂タワー プロジェクト:工事状況part1




・建設予定地


現在はこのように解体され、マンションの本体工事が始まっていますが、ここにはJT福岡ビルというオフィスビルがありました。


(画像はストリートビューからの引用です。)
これがJT福岡ビルです。

地下鉄赤坂駅まで徒歩数分であり、天神地区も徒歩圏内という立地なので、マンションとしての需要は充分にありそうです。
個人的にはオフィスとの複合ビルにしてもらいたかったのですが、今後天神地区で大型オフィスビルの建て替えが行われるなか、都心部から少し離れたここでのオフィス需要は微妙でしょう…

また、敷地内には福岡市の保存樹に指定されている飯田屋敷の大銀杏という木があり、今まではJTによって維持管理がされていましたが、以前の報道で大銀杏維持を条件に売却という話がありましたので、今後の維持管理は大和ハウスが引き継ぐものと思われます。

大銀杏は樹齢400年の大木であり、幹の内部が腐るなどしていたため、JTによって大銀杏の幹に銀杏の苗を植えて再生するという再生法が行われており、将来的には1つの木となってかつての大銀杏が復活するようです。

この大銀杏を生かしたマンションのデザインにしてもらいたいですね!大銀杏の辺りを公開広場にするなどして。




追記…

2017年1月31日:完成イメージ図の追加。

2017年1月11日:記事の大幅なリニューアル。

プロフィール

I Love地元

Author:I Love地元
福岡(福岡都市圏)の再開発や交通について書きます。
まだ学生なので更新が気まぐれですが、一週間以上は空けないようにします!
画像をしようする際は、引用元を明記してください。
当ブログのリンクはフリーです。
同分野の相互リンクは大歓迎です!コメント欄の管理人のみ閲覧の設定にして連絡下さい。

最新記事一覧
WF地区のアクセス向上に「新たな交通システム」の導入検討へ Aug 11, 2017
西鉄 太宰府観光列車「旅人」8000形 Aug 10, 2017
グランドメゾン浄水ガーデンシティ計画 Aug 09, 2017
西新エルモールプラリバ再開発計画:工事状況part2 Aug 08, 2017
西鉄 柳川観光列車「水都」3000形 Aug 07, 2017
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
九州・沖縄地方
3位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Amazon

地域批評シリーズ9 これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥853から
(2017/1/7 13:05時点)

これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:06時点)

Nゲージ A7992 福岡市地下鉄1000系・ワンマン改造 6両セット

新品価格
¥28,480から
(2017/1/7 13:08時点)

Nゲージ A7995 福岡市地下鉄1000N系・後期更新車 6両セット

中古価格
¥22,800から
(2017/1/7 13:09時点)

徹底解析!!JR九州 (洋泉社MOOK)

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:11時点)

JR九州のひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:11時点)

Nゲージ 10-813 813系200番台 3両セット

新品価格
¥9,026から
(2017/1/7 13:12時点)

Nゲージ 30518 JR九州817系2000番台増結2両編成セット (動力無し)

新品価格
¥10,498から
(2017/1/7 13:13時点)

西鉄電車・バスのひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:14時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 3両セット

新品価格
¥4,000から
(2017/1/7 13:15時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 2両セット

新品価格
¥2,700から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ 西日本鉄道1300形 新塗装 アイスグリーン ディズプレイモデル

新品価格
¥6,000から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ A6650 西鉄5000形 第2編成・登場時 (黄帯) 3両セット

新品価格
¥14,500から
(2017/1/7 13:17時点)

Nゲージ A6652 西鉄5000形 旧社紋 4両セット

新品価格
¥27,240から
(2017/1/7 13:18時点)

Nゲージ 西鉄600形 宮地岳線 3両セット 黄色 赤帯 ディズプレイモデル

新品価格
¥4,500から
(2017/1/7 13:19時点)

トミーテック 全国バスコレクション JB004 西日本鉄道

新品価格
¥761から
(2017/1/7 13:19時点)

九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,057から
(2017/1/7 13:21時点)

テクノブレイン ぼくは航空管制官4福岡

新品価格
¥8,423から
(2017/1/7 13:21時点)

るるぶ福岡 博多 天神'17 (国内シリーズ)

新品価格
¥907から
(2017/1/7 13:23時点)

広告