キャナルシティ博多のコカコーラ屋上広告塔が一新されました!


(画像は新しくなった広告塔をみんなでお祝いしよう! キャナルシティ博多 コカ・コーラ屋上広告塔 リニューアルライティングセレモニー(PDF)からの引用です。)

キャナルシティ博多に設置されているコカコーラの屋上広告塔が、リニューアルされて一新したようです!!
6月9日にはリニューアルライティングセレモニーも開催されていたようです。

キャナルシティ博多のコカコーラ屋上広告塔といえば福岡・博多・中洲のランドマーク的な存在であり、中洲のネオン街には欠かせない存在でした。
見た目はかなりシンプルになった印象ですが、遠くからでも目につく赤となっている他、2つの画面で動画を流せるようになっており、より多くの情報を流せるようになりました。



(画像はコカ・コーラ ボトラーズジャパン 「キャナルシティ博多 屋上広告塔を 新デザインにリニューアル」(PDF)からの引用です。)

ちなみに以前のはネオンサインと一部天気予報を表示する画面でしたが、そのネオン独特の光や色、ボトルを横にしたデザインが特徴的でした。
個人的にはデザインの完全な一新ではなく、横向きのボトルの部分など一部は残して欲しかったですが、恐らくネオンの老朽化や電気代が課題になっていたものと思われます。

旧看板はコカコーラウエストが発足した1999年に設置されたものであり、この度コカコーラウエストとイーストの統合によって、コカコーラボトラーズジャパンになる節目でのリニューアルを決めたんだと思います。


といった感じで昼の風景だけ見ているとすごく地味なので、実際に夜の点灯風景を見に行きました!

COCA-COLA コカ・コーラ レトロ調 コカコーラ 自動販売機型冷蔵庫 レトロベンディングマシーン CVF18-G 10缶収納型 Vending Fridg【並行輸入品】

新品価格
¥23,969から
(2018/7/9 17:28時点)



・画面表示の自由度が高い!

春吉橋から見た様子です。昼だと見える赤の部分には照明がないため暗くなっており、2つの画面のみが光っていました。
このように左の画面には福岡の風景イラストと「LOVE HAKATA」と表示されており、かなり自由度が高くなっています。この時点では右の画面はコカコーラのロゴマークの状態のままでした。



少し待つとこの様に右の画面にもロゴマークの下に映像を流すことができることがわかりました!福岡の風景イラストやコーラの泡の映像などがありました。


左の画面の自由度はかなり高くなっており、コカコーラの商品広告も流れていました。


ネオン特有の華やかさや趣きはなくなりましたが、中洲の夜を賑わす映像広告が増えたと考えると良いかも知れません!
また、広告の自由度はかなり高いので、市内でのイベント開催時などに連動した映像を流したりして欲しいですね!


春吉橋から見たキャナルシティ博多の様子です。今回、コカコーラの屋上広告塔はパワーアップしましたが、まだまだ中洲のネオン街の賑わいは足りない様に感じます。
時代の流れもありますが、中洲の場合は南は春吉やキャナルシティの辺りから、北は水上公園の辺りまでネオン街が分散しているのも理由の1つに感じます。
市を代表する景観ですので、このまま消えていくのを見ているのではなく、ネオン街の地域を一箇所に限定してでも保存と集積を図って欲しいものです。


ちなみに大阪の道頓堀はこのように一箇所にネオンを始めとした広告が集積しており、視覚的にもかなり賑わっています。ここまでなると道頓堀で何かを食べるのも勿論ですが、道頓堀のここで写真を撮るというのが1つの観光として成り立つようになります。
歴史的遺産や大自然のない福岡が目指すべき観光都市のヒントになりますね。
福岡もこの様になれるように頑張ってほしいです!

Coca-Cola(コカ・コーラ) 缶型ミニスピーカー

新品価格
¥1,000から
(2018/7/9 17:30時点)


こころを動かすマーケティング―コカ・コーラのブランド価値はこうしてつくられる

新品価格
¥1,377から
(2018/7/9 17:31時点)

スポンサーサイト

(仮称)博多駅前二丁目複合ビル計画

◆計画概要


(画像は2018年02月28日 「博多駅前二丁目複合ビル(仮称)」開発概要及び安全祈願祭のお知らせ からの引用です。)

LINEが福岡社屋の建設を予定していた土地の再開発計画です。
土地を取得したJR九州によって、低層階に商業施設、中層階に地域コミュニティ施設、高層階にホテルが入る複合ビルが建設されます。

フロア構成は1~2階に商業施設、3階に地域コミュニティスペース、4階~14階にホテルが入る形になっており、低層階は周辺への賑わい創出を担います。

デザインコンセプトは、
“「博多」から「HAKATA」へ
~「上質なおもてなし」のしつらえ~”

となっており、外観が博多織をイメージしたデザインとなっている他、内装も博多織や博多祇園山笠を意識したデザインであり、ビル全体が和をモチーフにした博多のランドマーク的存在になっています。



(画像は2018年02月28日 「博多駅前二丁目複合ビル(仮称)」開発概要及び安全祈願祭のお知らせ からの引用です。)

博多駅とキャナルシティの間に立地しており、現在建設中の七隈線新駅にも近接している好立地です。
また、隣接地に博多区役所が移転予定であり、今後数年かけて賑わいが増しそうです。


◆ホテル:4~14階

名称:「ブラッサム」?
客室数:238室(内129室は30㎡以上の広さ)
延べ床面積:11,000㎡
運営会社:JR九州ホテルズ
付帯施設:レストラン、大浴場、フィットネスジム
コンセプト:「博多の粋 日本の文化を感じるハイグレードホテル」


(画像は2018年02月28日 「博多駅前二丁目複合ビル(仮称)」開発概要及び安全祈願祭のお知らせ からの引用です。)

複合ビルの核となるホテルはJR九州ホテルズの運営するハイグレードホテルになります。ブランドは既に展開している「ブラッサム」の予定ですが、従来よりワンランク上の施設になるようです。


(画像は2018年02月28日 「博多駅前二丁目複合ビル(仮称)」開発概要及び安全祈願祭のお知らせ からの引用です。)

部屋数238室の内、半数以上が30㎡超の広さがあるハイグレードホテルとなっており、容積率等が緩和される市の「ハイクオリティホテル建設促進制度」が適用されています。
部屋のデザインも和モダンのテイストになっており、日本文化を体感できるつくりになっています。


(画像は2018年02月28日 「博多駅前二丁目複合ビル(仮称)」開発概要及び安全祈願祭のお知らせ からの引用です。)

ゆとりある部屋以外にも福岡市の俯瞰図が描かれた大浴場やサウナ、フィットネス施設、ラウンジ等の豪華な付帯施設が設けられ、ハイグレードなサービスを受けられるようになっています。


◆商業施設:1~2階

名称:?
区画数:6区画(1階-2区画、2階-4区画)
店舗面積:700㎡(1階-330㎡、2階-370㎡)
テナント:?
コンセプト:
1階「賑わい」「高揚」
2階「こだわり」「おもてなし」


(画像は2018年02月28日 「博多駅前二丁目複合ビル(仮称)」開発概要及び安全祈願祭のお知らせ からの引用です。)

通りに面した1階にはカフェやバル、ビストロといった飲食店を誘致し、周辺の賑わいを創出します。


(画像は2018年02月28日 「博多駅前二丁目複合ビル(仮称)」開発概要及び安全祈願祭のお知らせ からの引用です。)

エスカレーターを上った先にある2階には、季節や九州・福岡を楽しむことができる地元店や銘店を誘致します。
壁面の緑化や天井には木材が使用されており、ぬくもりを感じるデザインになっていますね。


◆地域コミュニティ施設:3階

名称:?
床面積:80㎡

博多まちづくり推進協議会が運営するコミュニティスペースであり、会議や講演会等が可能なミーティングルームとライブラリースペースが併設されます。



●(仮称)博多駅前二丁目複合ビル計画

所在地: 福岡市博多区博多駅前2丁目172番
階数:地上14階、地下1階建て
高さ:?m(制限60m?)
部屋数:238室(ホテル)
用途:ホテル、店舗、業務施設
テナント:?
駐車場:?台
敷地面積:1,590㎡
延べ床面積:15,272㎡
建築面積:1,124㎡
着工:平成30年(2018年)3月
竣工:平成31年(2019年)9月(予定)
開業:平成31年(2019年)秋(予定)
建築主:九州旅客鉄道株式会社
公式サイト:?

新鉄客商売 本気になって何が悪い

新品価格
¥1,836から
(2018/2/10 21:00時点)





◆工事状況
再開発計画の工事状況を紹介します。

part1

part2





◆再開発ニュース
この再開発計画に関する最新のニュースを紹介します。
記事は一番下が古く一番上が最新です。


・詳細が判明しました!


(画像はCASBEE新築評価結果 (195kbyte)からの引用です。)

なかなか詳細がわかりませんでしたが、ようやく外観等のビルの概要がわかりました!
ビルの外観デザインは博多織をイメージしたデザインになっており、縦のラインが意識されているため、実際の高さよりも高く見えますね。とてもカッコいいです。
4階?付近にある中庭のような部分はフロントかレストランですかね?ラウンジや大浴場は近鉄博多ビルのように屋上付近に設けられるのかも知れません。
ハイグレードホテルとありますが、JR九州が以前から展開しているブラッサムであるため、いまいちハイグレード感が掴めませんね…ブランド名に何か付け足したりして、差別化を図って欲しいものです。
ホテルや商業施設、オフィスの詳細や内装はまだ公開されていないので、今後の続報を待ちたいと思います。

以前、一体開発の可能性があるかも知れないと言っていた隣接する三井生命福岡ビル跡地にもホテルが建設中であり、2棟が完成するとこのエリアの賑わいが増しそうですね。


(画像はCASBEE新築評価結果 (198kbyte)からの引用です。)
※写真右奥がJRによる複合ビルです。

三井生命福岡ビル跡地に建設中のホテルは規模の大きなホテルですが、低層階に商業施設等が入るのかは不明です。ここに商業施設が入るとキャナルシティー博多駅間の連続的な賑わい創出や回遊性向上に繋がりますね。
また、JRによる複合ビル建設予定地に隣接している藤田公園には、博多区役所が移転建て替え予定であり、数年後には一帯の風景が大きく変わっていそうです。

2018年2月15日




・隣接する三井生命福岡ビル跡地との一体的な再開発になるのか?

LINEが福岡社屋の建設を予定していた土地が、JR九州に売却されてから7ヶ月経ちましたが、未だに正式な発表や動きはありません。

情報によるとホテルとオフィス等からなる複合ビルになり、2017年に着工予定のようですが、具体的な計画は不明で土地も駐車場として活用されています。

個人的に気になるのが隣接している三井生命福岡ビル跡地です。


現在三井生命福岡ビルは解体工事が行われており、工事は5月31日に完了する予定となっています。
この土地をJR九州が取得、もしくは一体開発となれば、規模が拡大するだけでなくキャナルシティのイーストビルと向かい合う立地となります‼



イーストビルとの間には地下鉄七隈線が通る予定であり、イーストビルと直結する新駅も設置される為、一体的に開発したほうがアクセスもよくなります。

JRの再開発が来年度着工予定で解体工事も来年5月に完了するため、スケジュール的にも問題無いように思えます。むしろ土地を取得してから暫く寝かしていることを考えると、この時期に合わせているようにも思えてきます。

と勝手に色々予想していますが、単純に建設費の高騰の影響かも知れません、

早くJRからの発表があって欲しいものです。

2016年12月30日


豪華「ななつ星」は救世主か JR九州、上場への夢乗せ発進 (朝日新聞デジタルSELECT)

新品価格
¥398から
(2018/2/10 21:01時点)


追記…

2018年2月15日:記事の大幅なリニューアル。

2018年6月7日:記事の大幅なリニューアル。

博多駅前四丁目 市営駐車場跡地・深見ビル 再開発計画

◆計画概要



博多駅前四丁目にある市営駐車場跡地と隣接する深見ビルの再開発計画です。


(画像は第5委会(PDF)からの引用です。)

市営駐車場跡地にはバスターミナルと商業施設、UR住宅の入る複合ビルや立体駐車場が建設され、深見ビル跡地には商業施設とオフィスが入る複合ビルが建設されます。

バスターミナルの機能は、博多駅の筑紫口駅前広場周辺に分散している、高速乗合バスとクルーズバスの乗降所を統合移転するものであり、これによって筑紫口駅前広場の再整備を進める予定になっています。


(画像は第5委会(PDF)からの引用です。)

博多駅からKITTE博多とJRJP博多ビルを経由してペデストリアンデッキで接続される為、駅から直結で行き来ができるようになります。
デッキは外付けではなく、最初から建物の中に組み込まれるタイプです。


再開発の流れとしては、まず、市営駐車場跡地にURがバスターミナル機能のある住宅施設棟、住宅棟、立体駐車場棟の3棟を整備し、現在深見ビルにあるUR住居機能を移転させます。
その後、深見ビルを深見興産とURが解体し、跡地に新たな再開発ビルを整備する予定です。


●博多駅前四丁目第二地区 街区(全体)


(画像はGoogleマップからの引用です。)
※施設配置図はあくまでも予想です。

所在地: 福岡市博多区博多駅前四丁目16番他
敷地面積:4,335㎡(民間:1,775㎡、市:2,560)
延べ床面積:?㎡
建築面積:?㎡
建築主:独立行政法人都市再生機構九州支社、深見興産株式会社、福岡市(連絡通路)
総戸数: 216戸
総事業費:?億円
高さ制限:約60m
公式サイト:



赤色:(仮称)博多駅前四丁目第二地区 住宅施設棟

階数:地上14階建て
高さ:?m
戸数:137戸
テナント:4区画
用途:住居、店舗、バスターミナル施設
敷地面積:?㎡
延べ床面積:10,500㎡
建築面積:?㎡
着工:平成28年(2016年)10月
竣工:平成30年(2018年)8月(予定)
入居:平成30年(2018年)8月(予定)
公式サイト:?


・バスターミナル施設(住宅施設棟内)

機能:高速乗合バス、クルーズバス乗降所
受け入れ台数:200台(1日)
乗降バース:4台(待機バースは2台)
施設:待合所、飲食・物販店、案内カウンター等


青色:(仮称)博多駅前四丁目第二地区 住宅棟

階数:地上14階建て
高さ:?m
戸数:79戸
用途:住居
敷地面積:?㎡
延べ床面積:6,000㎡
建築面積:?㎡
着工:平成28年(2016年)10月
竣工:平成30年(2018年)8月(予定)
入居:平成30年(2018年)8月(予定)


紫色:(仮称)博多駅前四丁目第二地区 立体駐車場棟

階数:地上?階建て
高さ:?m
収用台数:80台
用途:駐車場
敷地面積:?㎡
延べ床面積:?㎡
建築面積:?㎡
着工:平成28年(2016年)10月
竣工:平成30年(2018年)8月(予定)


緑色:深見ビル跡地再開発ビル

階数:地上?階建て
高さ:?m
テナント:?
用途:業務、店舗
敷地面積:1,775㎡?
延べ床面積:?㎡
建築面積:?㎡
着工:平成30年(2018年)10月?
竣工:平成32年(2020年)?月
開業:平成32年(2020年)?月


黄色:延伸されるペデストリアンデッキ

長さ:?㍍
着工:平成?年(?年)?月
竣工:平成32年度(2020年度)?月
(※オレンジ色は既存のペデストリアンデッキ)

これならわかる再開発―そのしくみと問題点、低層・低容積再開発を考える

新品価格
¥1,543から
(2017/1/10 12:26時点)




◆再開発予定地


(画像はGoogleマップからの引用です。)


赤色…市営駐車場跡地(福岡市所有地)



敷地面積: 2500平方メートル
所有者:福岡市

2015年3月いっぱいで閉鎖され再開発が行われています。


青色…深見ビル(UR、深見興産 所有)

階数:地上10階?、地下?階建て
高さ:約50㍍(推定)
用途:住居(UR賃貸住宅)、業務施設、店舗等
所有者:UR、深見興産
敷地面積:1800平方㍍
延べ床面積:?平方㍍
解体時期:平成30年(2018年)10月以降

KATO Nゲージ 813系 200番台 3両セット 10-813 鉄道模型 電車

新品価格
¥9,106から
(2017/12/19 16:16時点)




◆工事状況
再開発計画の工事状況を紹介します。

part1

part2

part3





◆再開発ニュース
この再開発計画に関する最新のニュースを紹介します。
記事は一番下が古くて一番上が最新です。


・バスターミナルは8月に開業! 深見ビル跡地はオフィスビルに!

前略

隣接ビルは地場不動産会社の深見興産とURの所有。UR住宅の住民の移転が完了する10月以降、深見興産が商業施設とオフィスが入る複合ビルに建て替え、20年内に完成する計画という。

 博多駅を挟み、博多バスターミナルからJRJP博多ビルまでは2階部分が歩行者通路でつながっており、市はこの通路を延伸し、新バスターミナルビルと深見興産が建て替えたビルに接続する。市によると、他のビルへの 接続は今のところ計画していないという。通路の利用開始は20年度を予定している。

西日本新聞経済電子版qBiz(2018年1月12日)からの一部引用です。



ようやく続報が出ました!
URが建設中のバスターミナルが入る複合ビルは、予定通り2018年8月に開業します!
その後、深見ビルのUR住宅から新複合ビルのUR住宅への移転が行われ、移転が完了する10月から深見ビルの解体が始まるようです。
そこから急ピッチで工事を進め、2020年内には再開発ビルの完成を目指します。

深見ビルの再開発に関しては、長らく続報が無かったので、白紙撤回されたのかと思っていましたが、計画は動いていたようなので良かったです。

何よりも再開発ビルは商業施設とオフィスの入る複合ビルと書いてあることから、低層階に商業施設が入り、上層階にオフィスが入るビルであることが予想できますね!
現在、福岡市内は慢性的なオフィス不足になっていますが、2020年までに完成する予定の大規模なオフィスビル計画は、紙与不動産による博多駅中央街ビルしか無い為、博多地区に新たなオフィスビル計画が出るのは良いことです。
とにかく早期開業することを願います。

また、福岡市が整備するペデストリアンデッキにも言及されており、完成時期は2020年度となっています。デッキの構造上、深見ビル跡地の複合ビルと同時に建設されるため、バスターミナル開業には間に合わなくなっていますね。

西日本新聞の記事において、バスターミナルの入る複合ビルの完成予想図も載っています。黒と白を基調とした落ち着きのあるデザインになっていますね!深見ビル跡地の再開発ビルも楽しみです!

情報が非常に少ないので、早期に公式リリースされることを願います。

2018年1月21日




・市営駐車場跡地周辺再開発へ!


博多駅筑紫口再開発始動へ 福岡市がバスターミナル27年度着工

九州一のターミナル、博多駅の“裏口”といわれてきた筑紫口の再開発が、平成27年度に動き出す。福岡市が新たな街づくりの環境整備として、周辺道路の渋滞緩和を目指して、高速ツアーバスの乗降所(バスターミナル)を駅南西の市営駐車場跡地に建設する。27年度末に着工し、32年度までの完成を目指すという。合わせて市とJR九州などは、筑紫口駅前広場の再整備に向けた具体案を練る。(大森貴弘)

                  ◇

 市の構想によると、バスターミナル事業は都市再生機構(UR)が担う。博多駅南西にある市営駐車場跡地(2500平方メートル)と、隣接する私有地(1800平方メートル)を一体開発する。1階にバス乗降所のほか、待合所や飲食・物販店、案内カウンターなども設置する。建物の2階以上には賃貸住宅やオフィスビルを整備する。1日200台以上の受け入れ能力があるという。

中略

福岡市とURは、ターミナルと商業ビルを結ぶ空中回廊も新設し、観光客や買い物客の回遊性を高める。ターミナルと空中回廊は32年度の完成予定となっている。同年度には市営地下鉄七隈線が博多駅に延伸される。

後略

毎日新聞2014年12月27日からの一部引用です。



博多の再開発がちゃっかり拡大していますね!
なんだかんだで郵便局と博多ビルの建て替えだけなのかな?なんて思っていましたが、駅の南西側に再開発の波は広がっているようです。

しかも今回の再開発は筑紫口の再整備のための事業ということだそうです!

筑紫口の駅前広場を再整備するにあたり観光バス以外の高速乗合バス(旧 高速ツアーバス)とクルーズバスの乗降所を移転することになり、その移転先として市営駐車場があがりバスターミナルを併設したビルを建てることになったようです。

当初は市の単独事業だったようですが、隣接するビルの所有者も興味を示し今回の一体開発になったとのこと。

それにしても着工が年末とはなかなか早いですね。隣接するビルの解体を始めるのがその時期なのか、解体を完了して駐車場と同時に着工する時期なのか、まだ詳しいことが出ていないのでよくわかりません。

ターミナルの入る複合ビルは、大規模な商業施設は入らないようですが、低層階にバスターミナルと商業施設、中層階にオフィス、高層階に住居という配置になりそうで、駅からペデストリアンデッキが延長されますので、かなり立派で賑やかな施設になりそうです。

完成する時期はビルも延長されるペデストリアンデッキも筑紫口の再整備もみんな同じ平成32年度になっていますね!

平成32年度は七隈線の天神南~博多間が開通する年ですので、博多が大きく変わる年になりそうです!特に駅の南西地区は!

天神にとってはかなり脅威に…

博多周辺は郵便局の仮局舎の跡地や周辺の老朽化したビル、再整備後の筑紫口周辺などまだまだ再開発が続きそうですね!

天神もそれに対抗するかのように明治通り周辺の大規模再開発を控えていますし、福岡市はこれからまだまだ変わっていきそうです!

それにしてもこういった開発の話が来るたびに高さ制限が憎く感じます。

2015年4月1日
もちろんエイプリルフールネタではありません!

マイクロエース Nゲージ 811系-1500番台 4両セット A6731 鉄道模型 電車

新品価格
¥18,270から
(2017/12/19 16:20時点)




追記…

2017年1月13日:記事の大幅なリニューアル。

2017年12月19日:記事の大幅なリニューアル。

博多区役所建て替え計画

◆計画概要


(画像は博多区庁舎耐震対策(建替え)について ・上記報告資料 (1,270kbyte)からの引用です。)

老朽化した博多区役所を建て替える計画です。
隣接地の藤田公園に博多区役所と現在民間ビルに入居している博多区保険福祉センターが入る新区役所を建てます。


●新博多区役所

所在地:福岡市博多区博多駅前2丁目
階数:地上?階、地下?階建て
高さ:約?㍍(高さ制限は60㍍)
用途:事務所、駐車場等
駐車場:?台
敷地面積:約2,480㎡(公園約4,390㎡)?
延べ床面積:約?㎡
建築面積:約?㎡
建築主:福岡市
総事業費:約?億円
着工: 平成30年度(2018年度)?
竣工: 平成33年度(2021年度)以降
開業:平成33年度(2021年度)以降
公式サイト:?




(画像は博多区庁舎耐震対策(建替え)について ・上記報告資料 (1,270kbyte)からの引用です。)

建て替え予定地は現在の博多区役所に隣接している藤田公園です。
従来通り利便性が良いだけではなく、建て替え中に仮庁舎の必要が無く、周辺に警察署や消防署があり、災害時の連携が取りやすいために計画地として選ばれました。

区役所の移転建て替えに伴い、藤田公園の再整備も行われ、庁舎と一体的になった公園になります。

新区役所の1階部分はオープンスペースであるピロティ状の吹き抜け広場を設置し、 公園的な空間として一体的に活用できるようになる他、カフェ等も設置され魅力的な空間になります。

新建築2018年1月号/活躍する建築家たちー最新のプロジェクト

新品価格
¥2,057から
(2018/1/18 15:25時点)




◆再開発される建物


(画像はストリートビューからの引用です。)

階数:地上11階、地下1階建て
竣工:1971年

フロア構成は地下1階から3階までが区役所、4階以上はURの住宅(計152戸)となっており、今回の建て替えに伴いURの住宅は移転せず廃止されます。
建物は築47年が経過しており、耐震基準を満たしていないため建て替えられることになりました。



(画像はストリートビューからの引用です。)

新区役所が建てられる藤田公園です。

アイランド食品 箱入ラーメン博多だるま 3食

新品価格
¥1,080から
(2018/1/21 15:15時点)




◆再開発ニュース
この再開発計画に関する最新のニュースを紹介します。
記事は一番下が古く一番上が最新です。


・新区役所は公園と一体的に整備へ!

博多区役所の建て替え計画の概要が判明しました!

博多区庁舎耐震対策(建替え)について ・上記報告資料 (1,270kbyte)

役所の建て替えは今まで税金の無駄使いと言われることが多く、行政も積極的に進めてはいませんでしたが、熊本地震の際に老朽化した役所の倒壊があったことから、災害時の司令塔となる役所の耐震性について再検討されるようになりました。
今回の博多区役所建て替えもその流れに沿っています。

そのため、避難所である公園に隣接している他、消防署や警察署に近接している土地が選ばれました。

計画地である藤田公園は以前、LINEが隣接地に社屋を計画し、公園と一体的になったビルにする予定でした。今回の新区役所はそれと同じ様に公園と一体的な構造になっており、新たな憩いの広場になりそうです。
また、LINEの福岡社屋予定地だった土地には、JR九州がホテルとオフィス、商業施設の入る複合ビルを計画しており、数年後にはこのエリア一体が賑わっていそうです。

新区役所にはURの住宅機能は入らないため、上層階の利用が未定になっています。福岡は慢性的なオフィス不足のため、上層階にオフィス機能等を設けて、高度利用を図って欲しいですね。

2018年1月21日


博多 明太えびせんべい 42枚入り

新品価格
¥1,620から
(2018/1/21 15:15時点)

九州フィナンシャルグループ福岡ビル計画

◆計画概要


(画像はCASBEE新築評価結果 (205kbyte)からの引用です。)

所在地:福岡市博多区博多駅前2丁目220 番~222番
階数:地上11階、地下2階建て
高さ:50.90㍍ 用途:事務所
駐車場:?台
敷地面積:768.62㎡
建築面積:586.01㎡
延べ床面積:6797.76㎡
着工:平成29年(2017年)11月15日着工済
竣工:平成31年(2019年)5月15日(予定)
建築主:株式会社九州フィナンシャルグループ
公式サイト:九州フィナンシャルグループ福岡ビル(仮称)の建設計画について



(画像は九州フィナンシャルグループ公式サイトからの引用です。)

2015年に肥後銀行(熊本市)と鹿児島銀行(鹿児島市)が経営統合して誕生した「株式会社九州フィナンシャルグループ」(熊本市)は、九州において福岡市に本社のある福岡フィナンシャルグループと西日本フィナンシャルホールディングスに次いで3位の総資産を持つ金融グループです。

新ビルは福岡における営業・情報拠点強化のために建設される為、両行の福岡事務所と九州FGの福岡オフィス等が集約されます。


(画像はGoogleマップからの引用です。)

建設予定地は博多駅から真っ直ぐ伸びる大博通り沿いにある肥後銀行の所有地です。


(画像はGoogleマップからの引用です。)

敷地はあまり広くないですが、目の前には西日本シティ銀行本店(別館)、その隣の隣には広島銀行の福岡支店もあり、金融機関が集まる博多の一等地になっています。





◆工事状況
再開発計画の工事状況を紹介します。

工事状況part1





◆開発ニュース
この再開発計画に関する最新のニュースを紹介します。
記事は一番下が古く一番上が最新です。


・ざっくりとしたデザインが判明しました!

福岡市のホームページで公開されている建築物環境計画書に完成予想図が載っていました。画質が粗く詳細はわかりませんが、普通のガラス張りのデザインではなく、ガラスと茶色が基調となっています。また、ガラス貼り部分を覆うように白の壁があり、銀行らしく少し重厚感もあるデザインになっていますね。
これから、更なる詳細を待ちたいと思います。

2017年11月10日





・九州FGの福岡ビル計画が判明しました!

九州FGは熊本と鹿児島を基盤にしている金融グループなので熊本に本社が置かれていますが、地方における少子高齢化の進展や国の低金利政策による金融機関の苦境もあり、福岡への本格的な進出が近いという話がありましたが、思っていたよりも早く具体化しました。

九州FG設立準備期間から本社や第2本社、拠点といった機能をもったビルを福岡に建てる噂が出ていましたが、熊本や鹿児島等の地元の抵抗もあるでしょうし、何よりも地元あってこその地銀が地元から離れるような印象を持たれる行為をすることは現実的ではなく、いずれの話も具体化することなく終わりました。

しかしながら、九州最大の都市である福岡への進出を諦めた訳ではなく、地元からの抵抗が無いように拠点性を薄めた形での進出を考えたようです。
名称は「九州フィナンシャルグループ福岡ビル」とシンプルですが、地上10階 地下2階建てと規模は大きく、熊本駅前に建設を検討している九州FGの本社ビルよりも先に具体化していることから、かなり力を入れているように思えます。

福岡民としては大博通り沿いの空き地に10階建ての規模のビルが登場するのは嬉しいです。周辺と調和のとれた良いデザインのビルになると良いですね!
また、肥後銀行と鹿児島銀行の福岡営業拠点が集約されることに伴う、現在の福岡支店が入るビルの今後についても気になりますね。

2017年9月10日


世界建築設計図集24 黒川紀章:福岡銀行本店

中古価格
¥3,037から
(2017/9/10 01:08時点)

追記…

2017年11月10日:完成予想図の追加。

2018年3月17日:工事状況の追加とスペックの修正。

プロフィール

I Love地元

Author:I Love地元
福岡(福岡都市圏)の再開発や交通について書きます。
まだ学生なので更新が気まぐれですが、一週間以上は空けないようにします!
画像をしようする際は、引用元を明記してください。
当ブログのリンクはフリーです。
同分野の相互リンクは大歓迎です!コメント欄の管理人のみ閲覧の設定にして連絡下さい。

最新記事一覧
(仮称)近鉄博多ビル計画:工事状況part2 Jul 13, 2018
博多駅前四丁目 市営駐車場跡地・深見ビル再開発計画:工事状況part3 Jul 13, 2018
(仮称)博多駅前二丁目複合ビル計画:工事状況part2 Jul 12, 2018
コメント欄についてのお願い! Jul 12, 2018
「FUKUOKA超・ボールパーク宣言」計画 Jul 12, 2018
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
九州・沖縄地方
2位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Amazon

地域批評シリーズ9 これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥853から
(2017/1/7 13:05時点)

これでいいのか福岡県福岡市

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:06時点)

Nゲージ A7992 福岡市地下鉄1000系・ワンマン改造 6両セット

新品価格
¥28,480から
(2017/1/7 13:08時点)

Nゲージ A7995 福岡市地下鉄1000N系・後期更新車 6両セット

中古価格
¥22,800から
(2017/1/7 13:09時点)

徹底解析!!JR九州 (洋泉社MOOK)

新品価格
¥1,404から
(2017/1/7 13:11時点)

JR九州のひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:11時点)

Nゲージ 10-813 813系200番台 3両セット

新品価格
¥9,026から
(2017/1/7 13:12時点)

Nゲージ 30518 JR九州817系2000番台増結2両編成セット (動力無し)

新品価格
¥10,498から
(2017/1/7 13:13時点)

西鉄電車・バスのひみつ

新品価格
¥1,646から
(2017/1/7 13:14時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 3両セット

新品価格
¥4,000から
(2017/1/7 13:15時点)

鉄道コレクション 鉄コレ 西日本鉄道3000形 2両セット

新品価格
¥2,700から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ 西日本鉄道1300形 新塗装 アイスグリーン ディズプレイモデル

新品価格
¥6,000から
(2017/1/7 13:16時点)

Nゲージ A6650 西鉄5000形 第2編成・登場時 (黄帯) 3両セット

新品価格
¥14,500から
(2017/1/7 13:17時点)

Nゲージ A6652 西鉄5000形 旧社紋 4両セット

新品価格
¥27,240から
(2017/1/7 13:18時点)

Nゲージ 西鉄600形 宮地岳線 3両セット 黄色 赤帯 ディズプレイモデル

新品価格
¥4,500から
(2017/1/7 13:19時点)

トミーテック 全国バスコレクション JB004 西日本鉄道

新品価格
¥761から
(2017/1/7 13:19時点)

九州の空港 (日本のエアポート05)

新品価格
¥2,057から
(2017/1/7 13:21時点)

テクノブレイン ぼくは航空管制官4福岡

新品価格
¥8,423から
(2017/1/7 13:21時点)

るるぶ福岡 博多 天神'17 (国内シリーズ)

新品価格
¥907から
(2017/1/7 13:23時点)

広告